ぶつくさブログ

2017年03月29日

松本隆さんがTMの歌詞を書いたら・・・

どうも。
夜が更けるほど目が冴える困ったわたくしです。

またまた調子に乗りまして、今度は、もし!あの、あの松本隆さんが
TMに歌詞を書いたらこんな感じになるんじゃないかと、
勝手に考えて書いてみました。

TMと松本隆さんってちょっと想像しにくい組み合わせなんですが、
私にとってはどちらも大好きなので勝手に作ってみました。

ポイントは、やはりキーワードがロマンティックかつドラマティックであること。
例えば、TMだったら「アスファルト」と表現しがちなんですが
松本隆さんなら「舗道」だったり
とは言え、やりすぎるとTMっぽさがなくなるので
ハードな部分も意識しつつですけど。

前にも書いたけど男性目線ならとにかく誰もが憧れるような
綺麗な、そして儚く無邪気な女性をイメージする。
今回はストレートのロングヘアで華奢な女性をイメージしました。
(その割には歌詞には出てないな)

英文はすみません適当です。
ウツさんが歌いやすい簡単な英文にしました。

では、聴いてください笑

【paradiso moon】

月夜の中 暗闇のループで
君が振り向いた
世界が変わった

僕の心 あと少しでKnock Down
いたずらに笑う君の笑顔がはねた

舗道の上 落ちる雨が鍵盤のようだね
それが君の答え
一瞬だけ微笑んで突き放すように僕から離れた

とまどいはjealousy
絶望はNothing

I’ll be right here,
Follow your heart

浮遊しながら
心は君のもとへ

どうでしょうかー!
しかしこのシリーズ楽しすぎるな。




posted by うり at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 運転免許事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

勝手に桜ソング(TM NETWORK編)

さあ、調子に乗ってやってみましたよ。
TMが桜ソングを出したらどうなる?と妄想する勝手に桜ソングです。

正直、TMと桜ってイメージないんですよね。
じゃあ、それをどうやってすり合わせるのか・・・。
ここが悩みドコロでしたが
桜はそのまま表現せず、フランス語のfleurs de cerisier(フルール・ド・スリジエ)を
使いました。
なんか小室さん好きそうでしょ(たぶん)

後は、TMらしくちょっとハードででもロマンチックなワードを
入れつつ
「君」「僕」は必須、
〜なのさ
〜してゆく
〜●●ない

とかを入れるとなんとなくそれっぽくなった・・・かな?

桜っぽさを出すために桜ワードを意識して入れてみましたが
ココはちょい難しかったです。

では、TM NETWORKで
fleurs de cerisier(フルール・ド・スリジエ)
 〜4月の憂鬱と女神の嫉妬〜

世界中を駆け抜けるSecret Rhythm
いつか会える君のために
僕が今できることを考えているのさ

もうすぐこの景色はロゼに変わる
モノクロの現実から金色の未来へと
君のDancing&Swinging
どんな季節もかなわない
花ひらくfleurs de cerisier(フルール・ド・スリジエ)
ヒートした気持ちはもう戻れない

hirahiraと(hira・hira)
僕の心をかわすのさ
あのロゼの花びらのように


これはぜひバナナマン日村さんで再生してほしい(;^ω^)
posted by うり at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

勝手に桜ソング

おはようございます。
前に、back namberとゲスの極み乙女の歌詞は
こんな感じ、って私が勝手にそれっぽい歌詞を書いた
記事があって

これが好評だったので、今回はあのアーティストが
桜ソング書いたらこうなるのでは、って言うのを
勝手に書いてみます。
 
SEKAI NO OWARI

『サクラカーニバル』
さあ出かけよう
今日は世界中がピンクに染まる日さ
そんな眠そうな顔をしないで
あの宙に幸福と願いの戦いを挑もう
 
Weeping Cherry,willow cherry,
pink blossoms filled the air.

もしも君と君の未来にイノチの終わりが来たら
僕が君のために桜の雨を散らそう
 
永遠に
 
※ポイントは、ファンタジー色を出しつつちょい毒を入れる感じ。
戦い、戦争、終わり、命、この辺りを入れるだけでセカオワっぽくなる

aiko
『桜咲くころ』
小さな花がたくさん集まって1つの花になる
あれはあたし
 
大きな木にあなたが触れる
それはあたし
 
桜咲くころ
あなたとあたしの二人の距離が少しでも
近づいていたのなら
 
あたしは
ああ
泣くでしょう
 
※とにかく「あたし」と「あなた」表記があればなんとなく
aikoっぽくなる。
 
以上終わり。楽しんでいただければ幸いです。
前も書いたけどマキタスポーツにそれっぽく歌ってほしいなー。

ってこれをFacebookで書いたら
浜省でやってとリクエストあったので
追加で書きました。
これはいかに80年代っぽくするかがポイント。


「桜レディー」
夕焼けの中待ち合わせたお前は
高層ビルの中1人輝いて見えたのさ

今夜はグラスに桜の花びら乗せて
ふたり一緒に朝焼けに旅立とう

oh,桜レディー
一目見たときから
お前に決めたのさ

とかどうですかね?笑
posted by うり at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

WEBラジオ始めまーす!

お知らせします!
Webラジオ局、GN放送局にてしゃちマルさんと番組やります!

番組名
やっぱそれってアッチ系だよね
1月29日より隔週 日曜日
24:10 〜24:40

GN放送局→こちら

番組内容は・・・
オカルト、アニメ、80年代J-POPやアイドル、
18Rネタから知られざるネットビジネスの世界など
好奇心旺盛なパーソナリティーが
自身の経験や見聞きしてきたことを元に好き勝手に喋る番組を放送します。

とゆーわけで、夜中になりますが
今時こんな話してる人いる?
この会話に入りたーい!

という番組目指して頑張りますのでよろしく〜^^

あ、1回目の放送内容のテーマはなぜか
『大江千里』
です。

今時大江千里?そう思う人もいるかもですが
その理由は・・・・
放送聴いてくださいねー!
タグ:Webラジオ
posted by うり at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | WEBラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

80年代J-POP黄金期を語る

ちょっと今、新たに始めようと思っていることが
ありまして。
(また発表いたします!)

その準備で私が高校時代を過ごしたあのJ-POP黄金期を
調べてみました。

今まで、私がぼんやりと分かっていたことが
彼らのデビュー時期を調べると見えてきました。

1983年デビュー 大江千里、大沢誉志幸、尾崎豊、ストリートスライダース、
1984年 TM NETWORK、バービーボーイズ、爆風スランプ、レベッカ
1985年 LOOK、渡辺美里、米米クラブ、小比類巻かほる、PSY-S、エコーズ、聖飢魔II
1986年 岡村靖幸 プリプリ、久保田利伸

私が最初にJ-POPにハッキリと触れたのは、高1の夏、1983年の大江千里さんのアルバムから。
ここでこんな素敵な音楽があるんだと、ライブに行ったり、当時プロモーションとして
行われていたビデオコンサートに足しげく通い、これらのアーティストを
それこそどわっと受け止めてきました。

中でもTMにはどっぷり漬かってしまうんですが、でも並行してたくさんの好きな
音楽やアーティストには触れられましたし、
今でも好きな方たちです。

恵まれた時代だったなあ、と、
改めて思うのでした。




posted by うり at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | JPOPコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

私が愚痴を言わない理由

これ、よく言われるんです。

うりさんって本当に愚痴を言わないよね。
前向きだよね。

とかなんとか。

別に私、前向きでもポジティブでもありません。
むしろ、前向き、ポジティブって言葉はなんかこそばゆくて苦手。

というよりはただの現実主義者だからなのかもしれません。
 
愚痴を言ったところで何にも変わらない⇒ムダ⇒言わない
愚痴の内容は何?⇒じゃあそれを解消しよう
解消できない場合⇒じゃあ言っても仕方ないじゃない?

という超シンプルな考えのためだと思います。
 
もし、愚痴とか不満をいう時があっても、それは私はあまり知ってる人には
言わないんだよね。
それともう一つ、不思議なことに不満や愚痴を言っていると、
あ、実は私は本当はこういうことに引っかかってるんだなとか
根っこにあるのはコレなんだなとかそういうことに気づいてくるんだよね。

それが私が愚痴を言わない理由です。
posted by うり at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

私がアラフィフで転職を決断した理由

突然ですが、これまでのPCインストラクターを9月末で
退職し、1ケ月の就活の末、12月より新たな職場が決まりました。
 
50代を目前にした転職だったのですが、
だからこそ転職を決意したとも言えます。
 
PCインストラクターで6年間やってきて、ちょっと限界を感じていたところ、
自分も気づけば50代目前。
会社員だとしたら、あとラスト10年くらいしか働けません。
 
それに気づいた私は、最後にもう一度だけ自分の可能性に賭けてみたいと思いました。
私は今、会社で必要とされるスキルなのか?
社会で通用するレベルなのか?
もちろん、安定した立場、お金も欲しいと思ったことも事実です。
 
特に我が家はダンナさんも個人事業主なので、
(ホントに今さらですが)私は安定した仕事をしてほしいと思っていたようです。
 
そこで就活を始めましたが・・・。
 
いや、想像以上に需要がありませんでした(笑)
 
え、ゆりさんってPCできるよね。
いろんなスキルあるよね。
 
周りからもそう言ってもらいましたが、実は就活では、最初に見られるのは悲しいかな「年齢」
それをクリアしないと、自分のスキルさえスルーされてしまう現状です(;^ω^)
 
そんな中、ようやく就職先も決まり(奇跡に近いです(;^ω^))
今は12月入社を待つのみ。
 
会社員の枠に収まるのは実に20年ぶり。
これまで、私は複数の収入源を得ながらいろいろやってきましたが、
ここでちょっとお仕事に集中したいと思います。

ですが、私が1ケ月で就職を決めたポイントは書いておいた方がいいかも?
と思うので順次書いていきますねー^^
タグ:就活
posted by うり at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 40代の就活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

夜中のヲタ談義

夜中に出せていない年賀状の準備をしていると、中途半端に目が覚めて
しまったらしい息子がリビングに降りてきた。

私が見ていたお笑い番組を見ながらいつの間にか会話は
ヲタ話に・・・。

私は男性声優、アニヲタ。
息子はゲーヲタ、友達にアニヲタがいるらしく
ラブライブのライブに行った話やグラロデのライブ、ゲームショーに
行った話をしながら
時間は3時半(;^ω^)

なんか面白いゲームはないかと聞いた私に、息子が勧めてくれたダンガンロンパの
ROMを落としてゲームを始めかけたところで解散。
あ、これはPSPのエミュなんでPCでプレイするタイプです。

USBコントローラーがないのでキーボードでのプレイなので
ちょいやりにくいけどいいヒマつぶしになりそう笑

とゆーわけでヲタワードばかりですみません。
タグ:エミュ
posted by うり at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ヲタ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

2017年のごあいさつ

またまた久々です。
近況報告をしておきます。

私は長年勤務してましたPCインストラクターを辞めて
超お堅い職種につきました。
正直、50前の転職で周りには無謀だと思われながらも
自分で決めた1ケ月という期限で転職できたことは
奇跡だと思ってます。

高2の娘は現在進路に悩みつつ
部活にオシャレにダンスに全力で楽しんでいる様子。
ほんまに私の子か?というくらい
体を動かすのが大好きな子です。

息子は大学二年。
大阪に行ってしばらく会っていない状態で
今日帰ってくるのですが相変わらずの長い思春期真っ最中な
感じなのかもですけど、可愛い息子でもあります。

ダンナは相変らず太鼓だバレーボールだバイクだと
私と1ミリも重ならない分野に夢中になっています。

とまあこんな感じですがたまに更新できればと思いつつ。

今年はまたやりたいことがあるので
それについてなんか書ければいいかな?と。

ずっと書いてた時は常連さんの読者さんとかいてくれたんだけど
またそういう方たちに読んでもらえればと思ってます。
がんばろ!
posted by うり at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

和希になりたかったのを思い出したホットロード

【和希になりたかったのを思い出したホットロード】
今、能年ちゃんと臣くんで実写化された「ホットロード」を見ているわけだが、
原作マンガ連載中にがっつり読んでいたのは
遠い昔。
 
なのだが、そのあまりの強烈なインパクトとそれに相反する物語のつかみどころのない儚さで
ストーリーはなんとなくしか頭に入ってなかった。
 
当時はもう高校生だったので、原作者の紡木たくの描くカッコイイ
ヤンキー像を見せられたところで『ウーン・・・』ってな感じだったのだが
それでも憧れたのは主人公、和希の儚くつかみどころのないキャラクターだった。
 
下級生に「きれーい」とか憧れられて
暴走族のアタマのカッコイイ男の子が彼氏で
でもプラトニックで
和希本人はそれに溺れることなく葛藤しながら生きている。
そんな和希が私には憧れで、こんな風になりたい・・・
なんて思ったことを思い出した。
今の私が見ると、どうしても親目線で見てしまうホットロード。
てか、今見てもなんで和希とハルヤマが惹かれあうようになったのかという部分がちょっと弱いんだよねー。
 

紡木たくは、他にもいろいろな名作を残しているけど
私の一番は
「ホットロード」ではなく
「瞬きもせず」なんだけどなあ。
 

あ、でもくれぐれももう実写化とかしなくていいから。
大きなお世話だから(;^ω^)


ホットロード [ 能年玲奈 ] - 楽天ブックス
ホットロード [ 能年玲奈 ] - 楽天ブックス瞬きもせず 1【電子書籍】[ 紡木たく ] - 楽天Kobo電子書籍ストア
瞬きもせず 1【電子書籍】[ 紡木たく ] - 楽天Kobo電子書籍ストア
posted by うり at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ぶつくさブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート