2018年03月24日

子供を独立させたい親御さんに言いたいお話 前編

3月半ば、高校を卒業したばかりの娘が自分で部屋を借り
家を出た。
息子ももう3年前に大学進学のために岡山を出たので、
これで家には私たち夫婦+猫2匹の生活となった。

このことを書こうと思ったのは、私の周りでは割と子供を自立させられないで
それに悩んでいる(いや、悩んでないかも)人が多いのでちょっとした
ヒントになるのかなと思ったからだ。
少数ながら私の想いに賛同してくれる人もいるし。

息子の時もそうだったけど娘が家を出るにあたって、周りのママ友や
友人たちはなぜか自分のことでもないのにやたらと寂しがった。

逆に、私にはそういう感情はなかった。
なぜなら、以前から言ってはいるが親の役目は子供を独立させて
社会人にすることだからだ。

今回の娘の一人暮らしも、就職先は割と家から近いのに
わざわざ一人暮らしをしたがった。
私はそれには反対する理由はなかった。
まあ、まだ一銭もお給料もらってないうちから早々に
出ていくのはあまりにも簡単に考えすぎるのではと
思ったが、本人曰くバイトの給料もあるしやっていけるとのことで
特に反対はしなかった。

もっとも、長い長い春休みに彼女は遊びすぎてお金を使い果たし、
揃えるはずの洗濯機も冷蔵庫も買えずに家を出た。
この時、立て替えてやってもよかったのだが新生活を始めたときから
既に借金があるのはどうかと思ったし、そもそも最初からその出費は
わかっていたはずなのにそれを残しておかなかったことが問題だと
私もダンナ(特にダンナ)は出してやることをよしとしなかった。

それでも彼女は出ていき、コインランドリーで洗濯をし、季節的に
冷蔵庫はなくても大丈夫なのでケロッとして生活している。

では、そんなに出ていきたい環境だったのか、そんな劣悪だったのかと
思われるかもしれないがけしてそうではない。
高校3年間はほぼ毎日駅まで送り迎えをし、必要なものがあれば出してやり
服は季節ごとに二人で一緒に買い物に行っていた。
家族で出かけることが好きで特にダンナとは仲良く、2人で出かけたりしていた。

私もダンナも干渉するタイプではないので、そんなに口うるさくなかったと思うが
多分、早く一人になりたい私がいつまでもリビングでゴロゴロしている娘に
「早く風呂にはいれ」とか「早く寝ろ」とかそういう声かけがうざかったのかも
しれない(;^ω^)

あとは、理由があるとすれば私が根っこに持っている思いのせいだろう。

それについては次回書きたいと思う。
posted by うり at 09:26 | Comment(0) | 子育て論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

KinKi Kids沼は深かった

ツイッターにて、ぱんこさんがキンキキッズに落ちた話を書いておられて、そのお話に感銘を受けまして私もそのひとりとして書き残しておきたいと思い、久々にブログを更新しております。
これが長年放置していたブログでやることかってな感じですがいいんです。

私がキンキにはまったのは、実はこのブログでもちょっと触れておりまして、それはたまたまHアルバムというアルバムを何気に聴いたのが最初なんですね。
http://urisanblog.seesaa.net/article/9799817.html
これが2005年のことで、私は30代半ば。ジャニーズは嫌いじゃなかったしもちろん彼らのことも好きだったのですがそれはただ数いるジャニーズの中のいちグループというくらいでした。
それに、当時すでに彼らはジャニーズの中では中堅。周りに言っても「へ?今?」「前から好きだったっけ?」って反応をいただきました。ですよね。

しかし、このアルバムで生歌が聞きたくなった私は単身京セラドームへ乗り込みます。そのレポがこちら。
http://urisanblog.seesaa.net/article/11045817.html
どっちかというと光一派(あくまでもルックスの面で)だった私が、二人を好きになった瞬間でした。
(この頃は二人を呼び捨てで書いてます。それが徐々にくんづけになっていきますが)

これをきっかけに、とにかく二人のことを知りたくなった私はネットで調べまくります。私がこれまでなんとなく聞き流していたニュースがところどころでリンクしました。

デビュー時、彼らの楽曲をマイナーなメロディーなものにした山下達郎氏が彼らの目には哀愁があるといったこと。
当時から歌もダンスもうまくこなしていたという剛くん。
それについていくべく努力したのであろう光一くん。彼の現在を見るとどれだけ努力したのか想像を絶するものがあります。
そんな中、剛くんの過呼吸症候群。この時のことはうっすら覚えてますが、二人しかいないグループでのこの状況は存続も難しかったでしょう。それでも、剛くんが出られない間光一くんが一人でキンキを背負っていたこと。

剛くんのソロアルバムも聴きました。彼の悲鳴が聴こえるようで痛かったのを覚えています。
ギターに触れた彼は、これに触ってたら誰からも話しかけられない、と思ったというエピソードも忘れられません。
一見、男っぽく頑丈に見える剛くんこそ繊細で、線が細く見える光一くんこそ骨太で頑丈な人だというのもこの頃知りました。

そしてYoutubeができてからはひたすらキンキ動画を見まくってました。昔の番組などもアップされていたのでそれこそ片っ端からです。
見れば見るほど二人の関係性が大好きになっていきました。
誤解を恐れず言いますと、この二人はきっと、別々に生きていたら全く相いれない二人だったと思います。
だけど、そんな二人が出会い、一緒にキンキキッズとして活動することによってキンキキッズという一つのかたまりになった感じ。

ほかのグループがよく言うような、見てわかるようなべったりとした関係ではないのでしょう。でもそれは、そんなことをいちいちしなくてもお互いをわかっているから、必要以上にくっついておくこともないというか。

という割に、私は忘れられないのですが、堂本兄弟の時にきくちPがボソッと明かしてたエピソード。
この番組の時は二人の楽屋は別々で壁(のようなもの)で仕切っていたそうなのですがすぐにそれを二人が取っ払ってしまうというのはもうなんというかかわいらしすぎてにまにまするしかなかったです。
このきくちP、堂本兄弟放送時にはキンキ関連の裏話をいろいろアップしてくれていて毎回読むのが楽しみでした。

というわけでこのように私はキンキ沼にずぶずぶと入り込み、もう15年が過ぎようとしています。




posted by うり at 01:05 | Comment(0) | ミーハーネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

岡村靖幸倉敷芸文館ライブ録

岡村ちゃんの初となるライブですが行ってまいりました。
このライブは、いろんな意味で私の斜め上をいくライブだったなと。
それをちょっと書いておこうと思います。

@MCがない
いや、別にMCがないライブはすでにTMさんで経験済みなんで
それに関してはそれほどの驚きでもないんだけど
岡村ちゃんもなのか、と思った次第。
ただ、岡村ちゃんに関しては
「倉敷ベイベー」を連呼していて
あまりにも何度も言うので言い続けなければ倉敷だと忘れるんかい?
と思ったくらいだ。

あとは、ベイベーと言われるとどうしてもね、
ミッチーを思い浮かべてしまうわけだけども。

MCというか呼びかけも謎と言うからしい呼びかけ。
「君は本当に倉敷ベイベーなの?」
とかね。

その代わりにMCを務めてくれたのはマツコを小ぶりにしたような
バンドメンバーのお1人。
(ごめんなさい名前忘れた)
いやでもあのMCのおかげで構成にすごくメリハリがあったと思うのです。

A驚きの3時間ライブ
3時間ってあーた。
6時開演で、会場を出て時計を見たのが9時過ぎ。
途中休憩が入るとはいえ、3時間のライブなんて
キンキさん以来のことだわ。

B掟破りの斜め上カバー
いや、イントロ始まったときにね。
千ちゃんっぽいなあとは思ったのよ。
千ちゃんは定期的に聴いてるからそれが耳に残ってるかな?と。

でも、歌い始めた時。
「Bed Time Stories」ではないですかーーーー!!
同じく千ちゃんファンの友人と行ってたので私らは
わーきゃーと盛り上がったけど、果たしてあの会場で
これが大江千里の曲だと気づいた方はどれだけいるのか。

正直、千ちゃんと岡村ちゃんって全く相容れないタイプだと思うのよ。
だけど岡村ちゃんが歌うと、それはもう岡村ちゃんの楽曲として
成り立ってしまうというね。
さすがだわ。
てか他の曲も聴きたい。
美里さんに提供した曲とか
「虹を見たかい」とかめっちゃ聞きたいんですけど。

思ったより昔の曲とか結構やってくれて、おかげですごく楽しめたライブでした。
特に大好きな「Out of Blue」をやってくれるとは思わなかったし。
あ、ただ「Young Oh,Oh!」が聴きたかったなと。

「だいすき」で
ねこたいやー!ができたのも嬉しかったよん。

あともほーじゅうごびょおでこのままじゃはー
さんじゅうごれんぱい
ぼくのほーむねえのじゅらむがへびめちゃほーねつえんしている

と歌ってしまうんだよねえ。

みんなそうだよね笑


posted by うり at 01:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

格安SIMに変えて1週間の使用感想

とうとう、長年使ってきたiphone6のありがたい割引期間が
終わることになり(実質、3000円台で使用していた)
新たにお得な契約で使える携帯の契約はないかとあれこれ探していた。
条件は3つ。

@音声通話は必要(できれば5分〜10分は使い放題で使いたい)
Aデータ通信は5−6GBは使いたい
B2500円以内に抑えたい

ということで、ありとあらゆる会社をチェックして、最終的に
絞ったのはココ。
FREETEL

SIMカードだけじゃなくてスマホも必要(ソフトバンクのiphone6は
なんと別の会社のSIMが使えないのだ・・・)だったので
長年のiphone生活を終わりにしてアンドロイドを使うことに決めた。
FREETELのSIMで一緒に契約できるスマホがいくつかあったのだが、これが
月額1,500円プラスでできるらしい。
ただ、ちょっと待て。
使いたい機種があるなら、先にそれを楽天なりamazonなりで買っておいた方が
得ではないか?
と思い、月々分割で払い続けるのと機種を先に買ってしまうのと比べてみたら
当然ながら圧倒的に先に買う方が安いことが分かったので
それはヤフーショップで購入しておいた。
(まだソフトバンクユーザーなのでこっちのがポイント率が高いからだ)

選んだ機種はコレ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FTJ162D-PRIORI4【税込】 フリーテル SIMフリースマートフォン ...
価格:14550円(税込、送料無料) (2017/5/7時点)




で、スマホも届いたのでソフトバンクへMNPを申し込むために電話をしたのだが・・・。
どういうわけか、現在キャンペーン中ということで当初のFREETELより安いYモバイルを
勧められてYモバイルのSIMカードを契約することとなった(;^ω^)

まあ、Yモバイルの方が店舗はあるしソフトバンクの会員の恩恵も受けられるし
結果的には良かったかなと。

で、実際にFREETELのPriori4という機種にYモバイルのSIMカードを差して使っているが

あの、特に問題ないです。

問題があるとしたら初のアンドロイドなのでその操作に慣れないというところでしょうか。
ただ、このPrioriという機種、ホーム画面をiphoneみたいにシンプルにできるので
それが助かる。
後はキー動作がiphoneと違ってちょっとつかいにくい。
そのままじゃ使えなかったのでしめじのアプリを入れてなんとか対応。

後は、今まで25GBをダンナと分け合って11GB使っていたがさすがにそれを
格安SIMでやると格安ではなくなるのでそこは我慢して6GBで制限。
それでも月の使用料が2400円(ソフトバンク光使用のため-700円割引有)なので
今までより少し安くなるからアリでしょう。

これ、娘のiphone7にも使いたいけど違約金と機種代が発生したら意味ないかな・・・。

ま、そゆわけで格安SIM雑感でした。
タグ:格安SIM

posted by うり at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

松本隆さんがTMの歌詞を書いたら・・・

どうも。
夜が更けるほど目が冴える困ったわたくしです。

またまた調子に乗りまして、今度は、もし!あの、あの松本隆さんが
TMに歌詞を書いたらこんな感じになるんじゃないかと、
勝手に考えて書いてみました。

TMと松本隆さんってちょっと想像しにくい組み合わせなんですが、
私にとってはどちらも大好きなので勝手に作ってみました。

ポイントは、やはりキーワードがロマンティックかつドラマティックであること。
例えば、TMだったら「アスファルト」と表現しがちなんですが
松本隆さんなら「舗道」だったり
とは言え、やりすぎるとTMっぽさがなくなるので
ハードな部分も意識しつつですけど。

前にも書いたけど男性目線ならとにかく誰もが憧れるような
綺麗な、そして儚く無邪気な女性をイメージする。
今回はストレートのロングヘアで華奢な女性をイメージしました。
(その割には歌詞には出てないな)

英文はすみません適当です。
ウツさんが歌いやすい簡単な英文にしました。

では、聴いてください笑

【paradiso moon】

月夜の中 暗闇のループで
君が振り向いた
世界が変わった

僕の心 あと少しでKnock Down
いたずらに笑う君の笑顔がはねた

舗道の上 落ちる雨が鍵盤のようだね
それが君の答え
一瞬だけ微笑んで突き放すように僕から離れた

とまどいはjealousy
絶望はNothing

I’ll be right here,
Follow your heart

浮遊しながら
心は君のもとへ

どうでしょうかー!
しかしこのシリーズ楽しすぎるな。





posted by うり at 01:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする