2015年05月30日

「誰か」はどこにもいないのです。

よくSNSとかで
「誰かおしゃべりできる人いませんか」とか
「誰か暇な人ー」という書き込みを見ることがあるが、
いつもこんな書き込みを見るたび、
これを書いた人は本気で「誰か」と出会いたいと思っているのだろうか。と思う。

書き込みを読む側からすれば、どこの世界に知らない人の「誰か」に自分がなりたいと
思う人がいるのだろう。と思うのだが。

しかも、「ヒマです」とか書いてあったら更にそれは自分の首を絞めていることに
気づかないのだから救いようがない。

よく考えてみてよ。

自ら「ヒマです」なんて言ってる人に会いたいと、話したいと思うか?って
ことですよ。

本気で「ヒマ」で、「誰か」と出会いたいと思うなら
自分ならこういうことが話せて、こういうことに興味があって、共通点がある人に
きちんとメッセージを投げかけた方がいいと思うんだけどなあ。

じゃなければ、「誰か」は「誰でもいい」ということで、その誰かになる人なんて
ほぼ皆無だろうということ。
そしてきっと、呼びかけている人もあわよくば「誰か」がこの書き込みを「見てくれて」
「メッセージくれないか」と思っているのだ。

そしてその期待感は崩れ落ち(想定内でもあるけど)ずっとこういう思いを抱えていくんだなあと
思ったりする。

私が、「誰か」なんてどこにもいないと気づいたのは、もうずいぶん前のことだ。

当時、私は某アーティストの公式支部ファンクラブ的なものをやってたことがあり、
彼らが売れない時はそれをバックアップして広報するとかそういう役目もあったのだが、
彼らがブレイクした後、その役目も不要となりこの会の存続が問題になったことがある。
私はもう、彼らが売れた時点で解散したいと思っていたのだが(←マイナー好き)
既にその頃で会員さんが150名ほどいたため、私の意志ではやめられない状態であった。

なので、会員さんに向けてアンケートを募ったのだが、その回答に唖然としたのだ。

「誰か代表でやってくれれば」
「誰かが代表になってもらって」

ほぼ大半の回答がこれだった。

思わず呟く。

誰かって誰よ。
どこにもいないよ。
てか、あなたたちが言っている誰かは自分自身も含まれるのに、
それはきっとこの人たちの中には含まれていないのだ。

ということに気づいた。

一気に脱力したので、結局解散となったのだが・・・。

それ以来、私は「誰か」と言う言葉には結構敏感だ。
「誰かいない?」

自分が発言することもある。

そして自己分析する。
「この誰かは誰でもいいけど実は誰でもいいわけではないなあ」とか
「この誰かはマジで誰でもいい」

と言う場合もあるけど、大体が前者。

きっと、
冒頭の「誰かいませんか?」と呼びかける人も
誰でもいいけど実は誰でもよくないはずだ。
誰でも、と言って間口を広げておいて、実はそこから選択したいのだ。

そうなんだよね?
誰でもよくなんかないんだよね?

そこをもっと自覚した方がいいと思うよ。
私はそんな悶々とした気持ちを抱えたまま生きていきたくはないからな。





posted by うり at 10:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

iphoneからipad間でパソコンなしで音楽を入れるには?

先日、こんな質問をもらったので覚書として
書いておく。

要するに、パソコンを持っていない場合、
どうやってiphoneからipad間でパソコンなしで音楽を入れられるのか?
ということだ。

基本、iphoneに音楽を入れようと思ったらパソコンを使うのだが
そのパソコンがないなら、ネットを介するしかあるまい。

例えば、共通のクラウドサービスを使ってそこに音楽ファイルを入れておいて、
共有するしかないだろう。

と思ったが、人にそういうなら自分でやってみておこう。と思ったので
一応やってみた。

私がすぐに使えるクラウドと言えば、Google Drive、one driveの2つ。
操作的にはone driveが楽なのでこっちにPCに入っている音楽を
入れて、iphoneに入っているone driveアプリを立ち上げてみた。

おお、入ってる!

ところが、ここで問題。
クラウドに入っている音楽はそのままの状態では聞きにくいのだ。
なので、調べたらクラウド用の音楽アプリがある模様。
しかも、DLできるのでオフラインでも聴けるというものだ。

うんうん、これでいいじゃん。

と思って自分のiphoneで試してみたら全く問題なく
音楽が聴けた。
これで私もPCの中の音楽をiphoneで聴けるわけだ。

てか、PCがある場合はこんなまだるっこしいことはせず、
ipodに入れてしまえばその方がずっと楽なので
私はipodにごっそりと音楽を入れておいた。

しかし、PCなくてHP見たりするのって面倒じゃないんだろうか。
入力もしづらいし、検索もしづらい。
探しにくい。

私は仕事もあり、報告したりいろいろ作るものがあるからPCは
なくてはならないものだけど、仕事で関係なければ
スマホやタブレットがあればきっと十分なのかもしれないなあ。

などと思った次第である。

この方法が誰かの役に立つかもなので残しておきます。
タグ:iPhone iPAD

posted by うり at 01:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

愛は勝つの呪縛。(KAN)

KANと聞くと、あー愛は勝つの人ね。
一発屋ね。

と言う感想を残念ながら持っている人が多いと思う。

まあ、それは仕方がない。
実際、KANはそれで売れてしまったし、売れたからそう言う認識を
持たれているのだ。
一発屋と言われても、一発も花火を上げられない人の方が多いので
まあそれはそれで良しとしよう。

私がKANを初めて聴いたのは、多分20才前くらいだったと思う。
この「GIRL TO LOVE」だ。


てか、そもそもなんでこのアルバムを聴くことになったのか全く覚えていないが
とにかくこのアルバムをものすごく気に入った私は
既に発売されていたアルバムを追いかけて聴き始める。

当時、大江千里のファンでもあった私は、KANの書く詞の世界観やPOPS性に
大江千里的なものを感じていた。
このアルバムは時代背景もあってかもしれないが曲は打ち込み中心、KANの声も
デジタルっぽかったため『大江千里のデジタル版』とも思っていた。

KANの場合、歌詞も面白くて、ふざけてるのかと思いきや
真面目なのもあったりとその緩急がとてもユニークだ。

このアルバムは1988年6月に発売されている。
この年は、8cmCDシングルが発売され、音楽シーンではRCサクセション『COVERS』が発売中止
になったり、サザンが「みんなのうた」で活動を再開していたりした時期。
J-POPでは、光GENJIに並んでBOOWYが人気があった年だ。

私はあまのじゃくなので、BOOWYのような売れたバンドは興味なかったりした。
私にとってのBOOWYは、山下久美子と結婚した時に布袋さんが号泣してて、
こんな号泣する奴は信用ならんとTVの前で腕組みをしながら思ったことや
「NO NEWYORK」のPVが面白かった、「わがままジュリエット」の曲のPVに
少女が出てたことくらいのイメージしかない。

話を戻そう。そうそう、KANね。

そもそも、KANが売れてしまったのはとあるバラエティーで「愛は勝つ」という
曲がさんざん繰り返し使われたためだ。

嫌な予感はしていた。

ファンからすれば、「愛は勝つ」という曲はただのシングル曲でしかない。
KANには、アルバムの中のもっともっと繊細でユニークで可愛くていとおしい曲が
たくさんある。

だが、このままでは「愛は勝つ」=KANになってしまい、他の曲は見向きもされないのではないか。

結果、この曲は大ヒットとなり、「愛は勝つ」が収録されたアルバム
「野球選手が夢だった」も売れた。

そしてまた、皮肉なことにこのアルバムの他の曲がものすごくいいのだ。

でも、大体において、その時売れただけのアーティストのアルバムは、
ちょっと興味を持った人も買い、そしてすぐに手放されていくので
そのうち絶対にだぶついてくる。
そうに決まっている。

私は、KANのこのアルバムがブッコフとか中古ショップで
ずらっと並んでいる様子を想像し、ため息さえついたほどだ。

そして現在、KANは相変わらず、ひょうひょうとして音楽活動を続けている。
先日、妹に誘われて高松のライブに出かけてきたが、
私はこんなにもまだ「愛は勝つ」にこだわっているのに、
当のKANにとってはそんなこと忘れた記憶のようになっているんだなと
思った。

惜しむらくは、最後に「愛は勝つ」を歌ったこと。
私はこのライブでよくわかったのだ。
今でも、KANの固定客はたくさんいて、KANの曲を愛している人が
こんなにもいること。

男性ファンが意外と多く、中には子供を連れてきている人もいた。

「もう、大丈夫なんだな、KANは・・・」

と、私は誰にも求められてもいない安心感を勝手に感じていたりした。

だからこそ、「愛は勝つ」は不要だったのではないかと思う。
「愛は勝つ」がなくても、きっとKANのファンはがっかりしたりなんかしない。

と、妹に誘われるまでKANのことは特に頭になかった私が
ゲンキンにもこんなことを考えたりもした。

ここまで書いて気づいた。

そうか、愛は勝つにとらわれているのは、他でもない私なんだということを。
ごめんね、KAN。

でも、まだKANが好きというと、最初に書いたことを言われると思うのね。
なので、その時はやっぱり

「愛は勝つ」だけじゃない!
「リグレット」を聴け!
「けやき通り〜」を聴け!

と声を大にして言おう。


posted by うり at 08:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | JPOPコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。