2015年07月25日

ペンフレンドは滅びんよ、何度でも甦るさ!

今、iphoneのミュージックアプリでいろんな曲を
探してはいろいろ聴いているのだが、
その中に及川光博ことミッチーのとある名曲を見つけた。

「ペンフレンド」



と言う曲で(残念ながらようつべにはなかった)
これは、ミッチーがファンの女の子とのやり取りで生まれた
歌詞らしいのだが、これが素晴らしくいいのだ。

この曲を初めて聞いたのはもうずいぶん前のことだが、
それでも「今時ペンフレンドって・・・プッ」と思ったことは確か。

アプリの中でこの曲を見つけた時に、久々に思い出したわけだが、
やはり
「今時ないよなあ。ペンフレンドとか」
と思っていた。

だけど、よく考えると、今はメールだけでなくラインとかのアプリで
簡単に誰かと繋がり、やり取りが始まる現在。

わざわざレターセットを用意して、ペンで紙に書いて、切手を書いて貼って
投函して、しかも数日経たないと相手には届かず、
更に相手からの返事を待つとなると相当日数が必要なのだ。

私が最近感じているのは、簡単に手に入ったりできたりするものって
大切にしないのでは?ということ。

なので、メールで始まった関係とかは簡単にも始まれるが
簡単に終われる。
相手のことはメアド、もしくはIDとか限られた情報しか分からないわけだから
始まりも終わりも簡単なのだ。

だけど、ペンフレンドは相手に伝わるまでが長くかかるので、
それだけ相手のことを長く考えることになる。
その時間が長ければ長いほど相手のことをより思うことに
なるのでは?と思ったりした。

そして、返事が来るであろうその時期になると、何度も
ポスト覗いたりしてね。
学校からも飛んで帰ったりしてね。
ああ、いいなあ。ああいうの。

で、もしかしたら今でもペンフレンドや文通相手募集なんて
サイトがあるのでは?
と思い探したら・・・・あった。

http://buntsu.net/
http://o.z-z.jp/?buntsu

すごい、現役だこれ。
新鮮な驚きだ。

私自身、実際文字をあまり書くことがなくなっている。
あまりにも書かないため、文字を書いてると腕がすぐにだるくなる。

自分でやろうとはやっぱり思わないが(;^ω^)、こういうサイトがあることは
発見だった。
どんな人がどんな思いでペンフレンドを探しているのか、凄く興味はある。

ちなみに、冒頭のミッチーの「ペンフレンド」の歌詞の中で
大好きなフレーズがある。
できればメロディーと一緒に聴いてもらえるとより伝わるのだが
仕方ない、書いておくことにする。

相手はまだ15歳の女の子。
年上のミッチーに対して、いろいろな悩みや思いをぶつけているのだろう。
そんな彼女に対して、ミッチーは自分の時はどうだったかなと回顧する。
そして、彼女に対してのメッセージはこうだ。

「十代の君に言えることは
「大丈夫、時間は過ぎて行く。」
人生の意味など探すより
最後の笑顔でいて欲しい
そろそろ眠るよ…
それじゃ返事まってる」



いや、ホントそうなんだよね。
私も遥か昔、ぐっちゃぐちゃに悩んでいたりしたけど
今思えばそんなことよりその時を楽しく生きて行ければ
よかったのかなと。

ちょうど、うちの娘も同じ世代。
悩んでいる風もないけど、きっといろいろ思うこともあるんだろう。
私の娘なので、親にはそんな悩みなどきっと打ち明けない。

だけど、

大丈夫、時間は過ぎて行く。
人生の意味など探すより。
起こってない未来をあれこれ不安に思うより。

二度とない日々をどうか大切にしてください。


と言いたい。かな。


タグ:及川光博

posted by うり at 10:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

「だるい」「疲れた」そんな人のための自律神経

ちょっと最近、気になることがありまして。
最近、自律神経の話を周囲の人から耳にするので、
私なりに調べたことを書いておこうと思う。

例えば、体の調子が悪くて、病院に通っているけどなかなかよくならない、
原因が分からない体の不調があるなど、
原因不明の体調不良で悩んでいる人が意外に多い。

なので、なんでなのかな?と思いちょっと調べてみたら、
まずこういった場合、自律神経の乱れも疑う必要があるとのこと。
そこでいろいろ調べていたら、ちょっと興味深い記事を見つけたので
紹介しておこう。

これは、自律神経失調症の施術を行っている
「てぴあん整体院」の中の記事なのだが、
こちらの先生曰く
「自律神経失調症、パニック障害、うつ病になるような方の身体は
全く健康な人の身体と明確な違いがある」とのことなのだ。

え。明確な違いって?どゆこと?

そしてまた、前述の症状を感じている方はもちろん、こういった病気に
悩んでいる方がその状態に見合った改善方法を行っていないという
ことなのだ。

ってことは、その改善方法を行えば
改善できるってことなのかな。

と、がぜん興味が出てきたので読み進めてみた。

先生曰く、
原因となっているのが、
「首から背中までの筋肉が異常に硬くなってしまっている」のだそうなのだが
これにより、

酷い硬直が脳へ至るまでの血流障害となり十分な量の血流量が供給できない

ということなのだそうだ。

実際に、自律神経失調症、うつ病、パニック障害の発作的な症状を起こす時には
必ず首筋や肩の凝り感を感じると実感されている方もいるとか。

ちなみに、ここの病院では、通常の整体やマッサージ、カイロプラティックなどとは
全く違った療法で、身体の奥を徹底的に緩める手法で血流を改善し、
深層筋肉を柔らかくすることで多くの患者さんを改善に導いてきたのだとか・・・。

ほお、それはスゴイ!

ここのHPには、その他日常に思い当たるような
身体の不調についての解説など
とても詳しく書いてあるので参考までに。
http://www.jiritsukaizen.net/

もし頭痛やめまい、不眠症や胃の不快感など
気になる症状がある方はぜひ参考にしてみてほしい。
何かしらの解決策やヒントに繋がるかも。

と、今回はちょっと珍しく体調不良、自律神経について
書いてみた。

病は気からというけど、気ではどうにもならないこともあるしね。
そんな時は専門医を訪ねて相談した方がいいかも。

ただし、専門医選びはくれぐれも慎重に。
タグ:自律神経

posted by うり at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

私もかつてそうだったっけ。OLDCODEX LIVE 岡山

久々に行ってきましたよ、ライブ。
場所は私にとっては最近よく行く
「CRAZY MAMA KINGDAM」

ここのライブでは、とにかく「激しい」と言うイメージなので
前に隙間があれば入ってく
人が人の上を転がる
基本、男性多め

という思い込みのまま出かけたのは
友人に誘われた「OLDCODEX」(オールドコーデックス・通称オルデコ)
これは、声優でもある鈴木達央のユニットで、
彼らの曲としては私の認識は黒子のバスケのEDくらいしかないまま出かけてみた。
ちなみに鈴木達央(たっつん)は声優としてもキャラソンを何曲も歌っていて歌も上手い。
なのでまあたっつんの声が聴ければいっかーと思い行ってみた。

ホールの中に入ると、思いのほか女の子が多いことに気づく。
いや、女の子ばっかじゃん!
しかも、何この微妙な隙間。
人と人の間になんつーかちゃんと隙間がある。
まあこれも、ライブ始まったら前に寄るからかなり空きそうだなーと
思っていたら

ライブが始まっても皆さん、立ち位置そのまんま。
そっか、女の子ばかりだからなのか?みんな行儀いいんだなあ

といろいろ番狂わせを感じながらもライブ観戦。

思った通りたっつんはカッコイイし、曲はほぼほぼ知らんが声がいいから無問題だし
ルックスは怖そうに見えたたっつんじゃない方(ヨークさん)は
喋ったら頭のネジが1つか2つ飛んじゃってるようなほんわかなお喋りを
する人で、よくわからんがとても楽しませてもらった。

ライブ中も、私たちの前にいた一見可愛らしい感じの女の子達が
いきなりヘドバンするわでちょっとビビったりしたが
そんなこんなでライブ終わりで、興奮冷めやらぬ女の子たちの様子を
ぼうっと見ていた。

○○と目が合った、と大はしゃぎの子たち
ライブの感想をワーキャー言いながら言い合っている女の子たち
火照った顔をタオルで押さえている子たち

ああなんか、懐かしいなあ。

残念ながら、もう何かに夢中になって
必死になって
追っかけて
追っかけて

なんてことはなくなってしまったけど

私にもこういう時代は確実にあったなあと
ここにいる子たちとは確実に違う意味で
きゅんとなっている自分を感じていた。

それにしても、ライブ中のたっつんのMC・・・クサかったわー。
いろんな人のライブに行ったけど、大体みんなそんなに上手に話せない。
それが当たり前だと思ってたんだけど
「お前らの抱えてるもん、つらかったりしんどかったり、そんなものを全部
俺らにぶつけろ。それを俺らは全力で受け止めて、形にして
またお前らに返してやる」

何のキャラ?
うたプリのロック版?幕末Rockとかで言いそう。
やっぱ、普段からこんなセリフばっか言ってるから
身に染みてるんかなーとそんな風に考えておりました。すみません。

てか、そもそも若いころからだけど「お前」とか言われるの苦手なんだよね。
なので、「お前」と言われると無意識に身構える癖がある。

と、これは余談。

タグ:oldcodex

posted by うり at 15:04 | Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。