織田裕二の名言 - ぶつくさブログ

2008年07月13日

織田裕二の名言

最近、山本高弘さんというモノマネ芸人のおかげで、一躍脚光を浴びている織田裕二の名言。

私も先日、とうとう聞いてしまった。

湘南を舞台にしたドラマで、織田裕二が教師役を演じるらしいのだけど、これについてのインタビューで、彼はココが地元の海だったらしく、学生時代はしょっちゅう学校をサボって海に来ていたとか。

それについて、織田裕二が一言。




「夏よりも早く黒くなりたかったので」




なかなか言えないぜ・・・。織田裕二。
posted by うり at 09:02| Comment(14) | TrackBack(0) | ミーハーネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「誰よりも早く」じゃなくて「夏よりも早く」ですか…。面白いなあ。関連なさそうですがとワザワザ書きますが、松崎しげるとかみのもんたあたりも気になります(何が)。特にこの2人見ると、真夏に売ってる天津甘栗を思い出してしまう。冬を感じない2人。

Posted by みけ at 2008年07月13日 21:03
でしょ!
普通そこは「誰よりも」ですよね(^_^;)
てか、夏は黒くないし!とすかさずツッコンでしまいました^^

松崎しげる、みのもんた・・・。
濃いですね。濃すぎです。
文字にするだけで濃い感じです(笑)
真夏に売ってる天津甘栗を油で揚げた感じ(^_^;)
Posted by うり at 2008年07月14日 08:36
スマスマで観たけど、確かに黒かった。
でも松崎シーゲルよりはまだまだ。

別件。
鉄分補給が出来るドリンク剤が新発売ですと。
http://www.taisho.co.jp/company/release/2008/2008071401.html
Posted by テリー横田 at 2008年07月16日 14:40
あの黒さレベルまで達するのは難しいでしょうねー。
なにせ「松崎しげる色」が存在するんですから・・・。

鉄分系ドリンクの情報、ありがとうございます^^
先日の血液検査の結果がまだなんですが、やっぱ暑い日はクラクラしてるので、貧血再発かもしれないです・・・。
これは味もおいしそうですね〜^^
Posted by うり at 2008年07月18日 03:09
「松崎しげる色」って何ww と思い検索したら、トリビアの泉とかカラーセラピーとか出てきたw 【朱色が45%、黄色が25%、白が16%、緑が14%=松崎しげる色】だって。朱色と黄色多すぎ(^_^;)。

高橋克典さん、けっこう好きなのですがこの方も濃いですね。ここらへんは夏っぽいのか暑苦しいのかよくわかんなかったりする。
織田裕二さんはタイヤCMに出てるけど、冬のCMも何か寒く見えなかった。
Posted by みけ at 2008年07月19日 13:06
そうなんですよ^^
以前、ここでも取り上げたことがあるんですが、元はトリビアの泉から生まれた色だとか・・・。
想像するのはこげ茶色ですけど^^

高橋克典は、今ほど俳優に力を入れてなかった頃、CDを出してたんですけどその頃が結構好きでしたね〜。
短髪で、爽やかな感じだったんですよー。
全てはサラリーマン金太郎から始まった感じですけど(泣)

織田裕二、確かに冬バージョンのCMもありますけど寒い感じはしませんね(笑)
雪も溶けそうなオーラを感じます(^_^;)
Posted by うり at 2008年07月20日 07:04
モノマネの方が印象的で
本人出てきてもモノマネ芸人さんを思い出してしまって
なんだかおかしくて!
本人はモノマネにかなり怒っているらしいです〜。
オレは笑えないって。
ははは!
Posted by howdy at 2008年07月21日 22:48
だよね。

ホリの木村拓哉もそうだけど、微妙に顔も似てて、違和感がなくなってるところもスゴイ。

今日は月9で久々に短髪の織田裕二を見ましたが・・・。
またこれでネタを提供するようなもん?(笑)
本人さんは冗談とか通じなさそうだからなあ〜(^_^;)
Posted by うり at 2008年07月22日 00:10
>うりさん
 健さんコーナー(ほとんどタミ様コーナーにしちゃっててごめんなさあい)にゴキブリが
”出たあー!!”

 織田裕二には”きたー!”の目薬CMを別バージョンで復活して欲しいなと。
 ところで彼は本名なんでしょうか、芸名なんでしょうか? 織田裕二って。
Posted by ブーブブ at 2008年07月26日 23:33
了解です。
削除しておきます^^
遅くなってすみません!

織田裕二は本名だったんじゃないかなあ〜?
多分ですが・・・。
Posted by うり at 2008年07月28日 08:00
新しいドラマ、好評みたいですね。ヒロインは周囲では不評です(なぜってそれは私の口からは言えない)。織田さんは普通ならクサい事やっても、この人だからいいかとなぜか思います。キャラのせいなのか。
松崎しげるのような濃さは感じないです。でも「愛のメモリー」はとても好きです。

ところで週刊文春の8月7日号の70ページ、「ホリイのずんずん調査」が『男女7人夏物語』について書いていました。20代の人達に見せて感想を聞くというものですが、「なぜ<夏物語>なのか」、「仕事中に相手の会社に私用で電話かけるとか信じられない」、「なんで皆コインランドリーを使うの。洗濯機が家にないのか」、「大竹しのぶの演じる役が頭おかしい人にしか見えない」 などなどと面白かったです。
Posted by みけ at 2008年07月31日 19:48
新しいドラマ、見てないんですけど、ヒロイン役の彼女が確かに不評ですね(^_^;)
可愛い子なんだけどなあ〜。

織田裕二は、濃いというより、「アツイ」感じじゃない?
だから、クサイセリフでも違和感がないというか。

ドラマのコラム、面白いですね。
確かに、20代の人からすればすごく謎の多いドラマかも。
ちなみに三つ目の意見は同感です(^_^;)
Posted by うり at 2008年08月01日 08:24
 織田裕二ってキャラがまず立ってる、立ちすぎてるwと思います。新ドラマの宣伝ポスターで織田さんが海坊主みたいに海から出てきてるんだけど、別におかしくないというか「普通」に見えるんですよね…。でも他の俳優さんがやってたら変だって思うはず。

 ヒロインは…。何というか大手芸能事務所枠って、他のベテラン俳優達はどう思ってるんだろうか。歌なら本人だけの問題なのかもしれないけど…。織田さんが演技指導したりもしているとか何とか。

 織田さんはたしかに濃いというより熱い、アツイですよね。みのもんたとか松崎しげるは特濃ソースを煮詰め続けてるような濃さがあるんだけど。高橋克典は、昔もさわやかでかっこいいですよね。今も素敵だけど何であんなに濃くなったんだろう。

P.S. ゲームのサイト、教えてくださってありがとうございますv これからやってみます。たくさんあってどれからやっていいやら(^0^)。
Posted by みけ at 2008年08月07日 20:37
私もそのポスター見たけど、ホントあんなに奇妙なのに、違和感を感じないことに驚きました(^_^;)

新人の俳優さんのヘタさは、今に始まったことでもないので、もう何となく慣れてくしかないんじゃないかなあ〜(^_^;)
その昔、稲森いずみや戸田菜穂がデビューしたての頃のドラマを見てて、あまりのヘタさに驚いた記憶がありますが・・・。
そんな彼女たちも中堅ですからねー。
さすがだなあと。

高橋克典が濃くなってしまったのは、元々本人にその素質があったことと(実は彼の歌は結構アツイの)間違いなく『サラリーマン金太郎』の出演から頭角を現してきましたね。
私はその前の高橋克典が好きだったのにぃ〜。
Posted by うり at 2008年08月09日 17:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102767567

この記事へのトラックバック
Copyright © ぶつくさブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート