2008年12月16日

派遣切りとは言うけれど

リーマンショック以降、あれよあれよという間になんもかんもが落ち込んで・・・ニュースでは連日、派遣切りだとか解雇だとかの話題を取り上げている。

特に、大手の自動車メーカーでは、住み込みの派遣社員を雇っていただけに、その人たちの困惑は想像できる。
他の派遣社員の人も、突然の派遣切りに抗議のデモを行っているみたいだし。

しかし、こう言ってはなんなんだけど、そもそも派遣というのはそういうことを見越しての派遣ではないんだろーか?
特に、社員として雇ってもらえる年代の人は、正規雇用を望まずに派遣というあとくされのない働き方を選ぶ場合だってあるだろう。

そういう働き方を今まで選んでおいて、こういう状況になって途端に批判するのはちょっと違うのではないかと・・・そう思うのだ。

わざわざ都会の家賃が高いところに住み、家賃が払えないからネカフェで寝泊り。その日暮らしで一向にお金も貯まらない。なので、日雇いの派遣に頼るしかない。

そういう悪循環を感じるんだけど。

人手が足りない仕事場はまだたくさんある。
本当に生活しようと思うのなら、地方に移動したっていいじゃないかと思うのだ。

そんな私も某社では契約社員。一応半年ごとの契約書に印鑑を押すけど、これを信用しきっているわけではない。
ただ、ウチの職場周りでは基本的に年中人手不足なのが事実だったり。

でまた、仕事がキツイといって辞める派遣社員の人も多いんだよね。
でも、もともといる社員からすれば、これをキツイと言われたら・・・というレベルの話。
そして、年を取って、気がつくと仕事も選びにくい状況になっているのだ。そしてそれは、自分で思っているよりもかなり早い段階で。
若いときは確かに仕事も選び放題だけど、それも一瞬のこと。
あちこち職を変えるより、1つの仕事をやりぬくと、必ずそこでの何かのエキスパートになれると思うんだけどなあ・・・。

スポンサーリンク



posted by うり at 09:03 | Comment(4) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■派遣切りは大変革前の序曲に過ぎない−本当の大変革の時は天皇家が動く?
こんにちは。今回の金融危機による実体経済への影響は、おそらく来年3月から4月にはっきりしてくると思います。今の危機は金融危機直後の信用保証の問題と、それに付随した問題による危機にすぎません。そうなると、派遣切りなどとは比較にならない規模の大リストラが起こる可能性も大です。日本にとって、第二次世界大戦以来の国難になる可能性も大きいと思います。日本では、本格的な困難になると、必ず浮上してくるのが、天皇家です。そういった意味では、今後の天皇家の動向は重要なメルクマール(目印)となる可能性が大です。私は、今後の日本の動向を占う上でも天皇家の動向には注意を払っていきたいと思っています。詳細は是非私のブログをご覧になってください。
Posted by yutakarlson at 2008年12月16日 15:09
yutakarlsonさん

コメントありがとうございました。
早速、ブログ拝見させて頂きました。
正直、恐る恐るだったんですけど(すみません)書かれている内容はごもっともだと思います。
私が言いたいことの数倍も濃い内容で書かれているので、「そうそう!」と同感しながら読みました。

天皇のことは私もよくわからないのですが・・・。ただ、ピンチはチャンスと言いますし、何かいい意味での変革が起きることを望みます。
そしてまた、その変革に1枚でも噛むことができたら、今後の成功者になれるんだろうなあと思いながら、何もアイデアが浮かばない私なのですが・・・。
きっと既存の考えではダメなんでしょうけどねー・・・。
Posted by うり at 2008年12月17日 08:56
うーん。学卒以外の中途採用者は、すべて派遣バイトとして
スタートしてもらいます。っていうところが、多いんじゃないかな。
で、正社員登用は、すごくハードルが高くしてあって、事実上不可能と。
そういう状況下で、やむなく派遣として働かざるをえない人も、
たくさん居ると思うんですよ。東北地方から出稼ぎのお父さんとか。

地方に移動、って、福島に限って言えば、厳しいですよ。
仕事もろくにない。3K危険な土方仕事で、年収200万いかなくて、
それで家族を養えというんです。地元土着民でも無理です。

若い人で、仕事を選んで派遣になっている人は、確かにいます。
でもそれだけじゃありませんよ。
Posted by テリー横田 at 2008年12月19日 11:21
そうですね、私の弟もそのパターンで就職し、なんとか正社員になったクチです。

でも、まだ人手が足りない職種があるのは確かですよね。
そういうところに人手が回るといいなあと単純に考えています。

それと、やはりあまり人が余るようだとワークシェアリングをしなければいけない時代にもなるかなあと思ったりしています・・・。

来年が怖いですよね(^_^;)
Posted by うり at 2008年12月21日 07:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111303557

この記事へのトラックバック