2008年12月27日

驚いたニュース

夕方、ネットの掲示板で話題になっていたが、夕方の報道でそれが本当だと言うことがわかったニュース。

飯島愛さん急死。

驚きのあまり、普段はしないのにダンナにメールを送ったくらいだ。

突然の引退後、たまに話題になるブログネタでは、自分の進路を決めかねているのかなという気はしていたけど・・・。
まさか、亡くなってしまうとは。

しかも、死後1週間経過していたという。
1週間誰にも発見されないということは、それまでも誰とも関わりがないのが普通だったということになる。
最近は、直接電話とかで相手の声を聞いたり姿を見たりしなくても、ブログがあったり、メールがあるので相手に会わなくても存在を感じることができる時代だ。
だけどその分、どれだけ生身の人間同士が触れ合う機会が少なくなったのだろうと思う。

その代わりに、私たちが手に入れたものは一体なんなんだろう?とふと、考えた。

確かに、うつ状態によっては人と会うのも苦痛な時期があることは聞いたことがある。
ニュース通り、飯島愛さんがうつ状態であり、人と会うことを拒んだとしても、誰か彼女のことをもっと気にしたりする人はいなかったのだろうかと、寂しく思った。

私が彼女の友人ならば、きっと自分を責めるだろうなとも。

そしてまた、彼女が芸能界から引退をする理由もあったのだろうか?とも思う。
ハッキリ言って、表舞台に出なくなっても芸能人だと名乗るタレントなんていくらでもいる。
彼女は、自分の体調不良を理由に芸能界から去ったが、もっとずうずうしく居座ることができる人なら、こんなことにはならなかったかもしれない。

自分の悩みや苦しみは、あまり表に出さず、気配りの人だったという。
私は彼女のように気配りはできないがあせあせ(飛び散る汗)悩みを表に出さないと言う点では同じだ。

それは、私なりの美学で、これはどうやっても譲れないんだけど。
同情されるくらいなら死んだ方がまし。

なんて、そんな風に思うこともある。
だからこそ、虚勢を張って頑張れる面もあるんだけどね。

全く違う世界に住み、私だけが一方に知っている彼女について、ほぼ同世代としていろいろと考えてしまった。

前にも書いたことがあるが、亡くなったからといってすぐに「ご冥福を祈ります」なーんてあまり言いたくはないんだけど・・・。
もし、しんどかったのなら、誰の目も気にせず休んでほしいと、心から願いたい。

タグ:飯島愛

スポンサーリンク



posted by うり at 07:31 | Comment(5) | TrackBack(0) | 運転免許事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>同情されるくらいなら死んだ方がまし

・・・彼女もそう思って、本当にそうなっちゃったんじゃないかな・・・

腎臓病ってことだったでしょ?
人工透析が、この先必要になるほど、悪化していたのかもしれない。
あれは一日おきに、半日寝たきりでやるでしょ。。
腕2箇所に針刺して、血液を全部フィルターに通して戻す。
その生活が、この先ずっとずっと何年も続く。
やってる方を知ってますが、腕の肉が何カ所も、
ぼっこり盛り上がってこぶになってくるんです。点滴のせいで。

もしそうだとしたら、厳しい芸能界では、ちょっと活動は無理だね。
精神的におかしくもなるでしょうし、そこで体調が急変しても、
芸能人仲間は、一種ライバル。商売敵ってとこがあるから
泣き言も言えない。ましてや、そんな同業者に同情されるくらいなら、
いっそお医者にもいかないで、死んだ方が、まし・・・。

・・・でもね。この考えはダメよ。
残された者のことを何も考えていない。潔く見えるけど、勝手なだけ。
人間、生は全うしなくちゃ。

・・・浜崎あゆみが、貧血で転んで、手首(?)折って手術とか。
手首の複雑骨折だと、治りが悪いよ〜〜へたすりゃ3〜4ヶ月リハビリだ。
うりさんもお気をつけて。
Posted by テリー横田 at 2008年12月27日 12:29
テリーさん、どうも^^

>同情されるくらいなら死んだ方がまし

すみません、勢いで書いてしまいました(^_^;)
私としては生は全うするものだと思っているし、そもそも自殺する勇気(というのもヘンですが)ありません。

そうですね、芸能界なんて友人といっても所詮はライバルなんだろうし、スキを見せられないというところもあったのだろうと思います。

本当に、チャンスを生かせる人だっただけに残念です。

そうそう、昨日はちょっと値段の高めの座椅子を買いました。
やっぱり、こういう経費は必要ですねっ!

Posted by うり at 2008年12月29日 07:54
同情というと抽象的というか、どうなんでしょう…。悩み、苦しいとか常に人に話している人は周りにいるけど、そういう人の悩みは皆余り深刻に受け止めていないような…。同情というのも、たとえば困っている人がいて手を差し伸べるのはただの善意かもしれないし。

かわいそうだから…という哀れみで、「何かをやってやる」という人自体が私は嫌な感じだけど、かといってそういうのを言い訳に、人の力になれる時に何もしないというのも具合が悪い…。

いけないのは、人の助けを期待して自身は何もしない、という姿勢かもしれませんね。人生はどんな事で崩れてしまうかわからない。ある日突然事件に巻き込まれるかもしれないし、病気になる、災害で大怪我をしてしまうかもしれない…それでも生きていく為には何が必要なのか。自分1人だけでは乗り越える事ができないものも必ずあります。それに、もしこの世に1人だけだったら、色々な事を頑張ろうという気持ちも失われるはず。

座椅子ですか。椅子は体に合ったものを使うのが本当に良いといいますね。買う時はよくなじむのかわかりにくいけど、いかがですか?あとは毎日の姿勢…。私はPCに向かっている時、つい猫背になってしまうので気をつけたいです(^_^;)。
Posted by みけ at 2008年12月30日 22:00
ネットで色々と噂が飛び交っていますよね・・・。噂を鵜呑みにするつもりはないけれど、たとえ噂でも見なければよかったと思ってしまいました。
Posted by クレア at 2008年12月31日 02:19
みけさん

私が人に悩みをあまり話さないのは、後々までそれを相手に気にされるのが悪い気がするんですよね。
とっくにその悩みは解決しているのに、次に会った時に「あれどうなったの?大丈夫?」って言われるとね。
ずっと心配されてたのかなあと思うと、なんかねー、ダメなの。
変ですよね。

座椅子は硬い感じがとってもいいです^^
枕にもなるしね(ここ重要)
やっぱり、安けりゃいいってわけじゃないんだなと痛感してます。

クレアさん

お久しぶりです^^

いろいろなウワサ、ありますねー。といっても、あまり知らないんですけど・・・。
別の意味で、デヴィ夫人のブログがなかなか面白くてちょっと気に入ってます。
あまり好きじゃない人ですけど、話題の幅が広く、しかも書きたいように書いてて、
暴露ってるんですけど、泰葉のように人を責めても不快感は感じないんですよね。
文章のせいなのかなあ?
未読ならば、ぜひ^^
Posted by うり at 2008年12月31日 07:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111774300

この記事へのトラックバック