2009年10月03日

引退ソングを考える

昨日、ラジオを聴いていたら懐かしいイントロが流れてきた。

それは、キャンディーズの「微笑みがえし」。

子供心にも感じていたことなのだが、この曲の歌詞、本当によく出来ているとまたもや感心してしまった。
突然引退を発表したキャンディーズだったが、このラストソングでは
彼女たちのこれまでのヒット曲のタイトルがところどころにうま〜く
散りばめられているのだ。
そして、つくづく彼女たちのハーモニーの美しさに聞き惚れてしまった。




そこで、引退ソングというものをふと考えてみた。

歌謡曲2大引退ソングというものがあるのなら、私の中では
1つはこの「微笑みがえし」、もうひとつは間違いなく
山口百恵の「さよならの向こう側」だ。
この曲も歌詞もよくできているが、メロディーの盛り上がりっぷりもいい。
まさにフィナーレにふさわしいというしかない。



で、他に引退ソングはといえば、思い出すのは

シブがき隊「君を忘れない」
引退と言うよりは解散か。
(つか私的には『恋するような友情を』の方がインパクトが強い。ウソ臭くて(笑)

堀ちえみ「愛を今信じていたい」
これ、小室哲哉が作曲なんだけど、何も最後の最後にこんな難解な曲を持ってこなくても・・・と同情したもんです。
彼女も現在は復帰してるけど。



最後に。
引退はしていないけど、結婚のために休業に入る前に松田聖子が出したシングル「ボーイの季節」。
私の中では、この曲を区切りに前期、後期と分かれる感じなのだ。
(後期の方が長いんだけど(^_^;)
「皮のかばん一つだけなの」
と、かばん一つでファンの前から姿を消していく彼女の姿が重なり、
事実上の引退・休業ソングにはぴったりであった。



他にも引退ソングはあると思うけど、私が思い浮かぶのはコレだけ。

そうそう、大好きだったTMネットワーク(TMN)が終了するときに出したシングル「Nights of The Knife」もあるけど、この時彼らから気持ちが離れてしまっていたため、何の思い入れもない。
というか、私の中では「TMN」になった時に終了してしまったし、その前に「Come'onLet's dance」で突然ダンサブルになってしまった彼らについていけなくなっているので・・・。
私的TM NETWORKの終了ソングは
「TWINKLE NIGHT」かもしれない。



と言いつつ、彼らのライブはやっぱりまだ、行きたいけれど。


スポンサーリンク



posted by うり at 08:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | 今日の一曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129381568

この記事へのトラックバック

山口百恵
Excerpt: 大推薦の一冊!!タレント大百科/志穂 引退ソングを考える DAYBREAK LOVE COLLECTION(ぷろろーぐ?) 2009.10.02 落選そして!!
Weblog: 木村沙織 赤外線 画像
Tracked: 2009-10-04 11:26