2009年11月20日

今さらながら

自分のケータイの写真の画像が悪い悪いと思っていたが、
そうではなかったことが今頃判明。

どうも、設定が悪かったようだ。

愛猫・ダイちゃんの気持ちよさそうな寝姿をちゃんと撮影したくて
ケータイをいじっていたら設定方法に気付いた。

最近、デジカメの授業ですっかり扱い方を覚えてしまったので・・・。
ホワイトバランスやら画質、サイズを変更して撮影してみる。

CAB9V4FF.jpg

ホントは、足もぴーんと伸びていてめっちゃ面白かったのだが、そこまで入れると何がなんやらわからないので断念。

ちなみにこちら
設定前の画像。

娘のランドセルに潜んでいて、誰かが前を通ると飛び出すと言うビックリ箱状態たらーっ(汗)

CAZLTOB0.jpgCAJBZEIF.jpg

というわけで、今日も1人で暴れては眠り、とっても元気なダイちゃんなのでした。

スポンサーリンク



posted by うり at 08:36 | Comment(10) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ダイちゃん、可愛い、愛くるしいですねえ…。写真、ありがとうございます。ほんとかわいいです。のびてて全身を入れると何やらわからなくなりますね。猫ってほんと、気持ちよさそうな顔して寝てるので嬉しくなります。ランドセルビックリ箱も可愛すぎてたまりません。
Posted by みけ at 2009年11月22日 16:24
写真が大きすぎてしまいましたが・・・。

あまりにも可愛いので撮ってしまいました。
最近はキジトラの柄もくっきりしてきて
よくこんな柄になるよなあと妙なところで感心してみたり・・・。
Posted by うり at 2009年11月24日 08:46
トラ柄、かわいいし綺麗ですよね。おなかのへんがまた何ともいえない模様になってたりとか。来年は寅年だし、写真を年賀状に使えるのでは?

マイケルの映画、『THIS IS IT』観てきました。観終わった人が泣きながら出てきた…。私は最初あたりで泣いてしまいました。こんな人が亡くなってしまったなんて…。しかも不慮の、突然の死。「スリラー」の新Verの映像、「アースソング」のメッセージ、「ブラック・オア・ホワイト」、「バッド」などなどの名曲ライヴ…。ジャクソン5の頃の映像や歌などもありました。彼の言葉の数々、ラストも素晴らしい…。ほんとよかったです。スクリーンで観るべきものだと思いました。27日までですが、お時間ありましたら、うりさんもどうぞです…。もう二度と彼の新曲は聴けないんですね。未発表曲とかはあっても…。

★おまけ ≪You're not alone≫★ 映画には出てない作品ですが映像も曲も美しいので…。共演はエルビスの娘さんのリサ・マリー・プレスリーです。おおまかな歌詞は、

 「君は独りじゃないよ 僕がそばにいる 君が遠くにいても僕はここで待っている…。どんなに離れていても、いつも心の中に……君は独りじゃない、君と僕、一緒だ、僕達は共にある、共に…」 です。

http://www.youtube.com/watch?v=1s9EAZa3aIQ
Posted by みけ at 2009年11月24日 21:40
本当ですね^^
年賀状に使えるかも・・・。
写真を加工してコスプレさせてもいいですね(^_^;)

『THIS IS IT』
とても評判がいい映画みたいですね。
私はラジオを道中聞いているのですが、DJの方々が
こぞって絶賛しています。
ただ、疑問だったのがこの人たちはマイケルの
ファンだったから評価しているのか、それとも
ファンでなくても楽しめるのか、そういうことを
言ってくれなかったので分からなくて。

残念ながら時間がなくて見られそうにないですが、
この映画を観た知人(マイケルファンではないです)
がマイケルの人間性について語っておりました。
どんなに売れても、人気が出ても腰が低く、
意見の相違があっても相手の意見もきちんと聞いてから
相手と意見を合わせていくというタイプの人だったようですね。
彼の人間性については、彼のことを週刊誌の影響で
「ちょっと変わった人」だという認識しかなかった
彼女はずいぶん評価を変えていました。

映像、美しいですね〜。
ありがとうございました。


Posted by うり at 2009年11月26日 22:15
このPV(マイケルはショートフィルムと言ってたけど)、綺麗で好きなんですよね…映像最後のマイケルの姿もドキッとした。 声も本当に美しくて…。映画は特にファンでなくても彼の凄さとか繊細さ、メッセージなどあって考えさせたり、舞台構成の凄さやダンサー達のセリフとか楽しめると思いました。私の友達もTVで流れてる程度のしか曲を知らないし、バッシング報道での井メージ持っていただけだったけど、映画、本当に良かったと言っていました。あれだけ動員したのだし、ファンだけが観たのではないと思います〜。つかずっと興行1位だったんだし、さらに延長しても人は来たんだろうなあ。最初は全世界で2週間だけの公開だったからそれが倍に延びただけでも良かったけど・・・。

>どんなに売れても、人気が出ても腰が低く

そうだったといいますね。強引なファンにたいしてもいつも優しかったと…。世界で最もマスコミにバッシングされた、といわれる彼ですが、それはマイケルの名前をつければ世界中の人がその記事を読みたがる=お金になるからだったんですよね。今もだけど…。酷いメディアの人達にも「反論は音楽の中でだけする」として絶対にののしったりしなかった彼は、どれだけ傷ついて怖い思いをしていたかと思ったりもします。幼い頃からスターで、外の世界を知らないまま亡くなった事とかも。

あとは演出上、威嚇的なポーズを取ったりした時も、そのカメラマンらに後から、「あれは演出でやったけど、ひどい態度を取ってごめんね」と謝ったりしていたそうです。彼を中傷していたマスコミ人は、少しでもいいから後ろめたい気持ちを持ってほしいです。でもマスコミというのは変わらない、むしろネットの普及でますます悪くなっている気がします。

ダイちゃんコスプレ、いいですねv トラのかぶりものとかw 子猫でいる時は短いのでたくさん遊んであげてくださいね〜
Posted by みけ at 2009年11月27日 21:56
このコメントがエラーになってたんでしょうか?
なんだろうなあ〜。
変な言葉はないし・・・。

>彼を中傷していたマスコミ人は、少しでもいいから後ろめたい気持ちを持ってほしいです。

マイケルが実際にそれだけの紳士ならば、マスコミ
はそれを目の当たりにしていたと思います。
書く側もやはり生活がありますからねえ・・・。
実際には心を痛めていた、痛めている人もいると思います。そう思いたいしね。

ネットの普及でよくないのは、国民全員(とまでは言いませんが)がマスコミ化してしまったことなのではないでしょうか。
誰もが携帯電話で気軽に映像を撮り、好きなように発言を公開できる(私も例外ではありませんけど(^_^;))

まだまだネットに振り回されているよなあ、と思わざるを得ないことも多くありますね。




Posted by うり at 2009年11月29日 07:53
エラーになったのは、PVのラストシーン、マイケルの「らたい」を英語→カタカナで書いたからだと思います…そこ削除したらコメントできたので^o^

マイケルが亡くなった時の写真や、埋葬される時の写真が取れれば、日本円で4億円近い価値があるとして世界中から記者がLAに集まったといいます。結局お金なのかな。痛む良心があったとしても…それで大金を手にしても、何に使うのでしょうね。誰かもわからない人が書いた「暴露本」とか「暴露インタビュー」なんかでも何を言ってるのかと。なさけないです。

映画、『THIS IS IT』でもそんなのがあって、映画に出ているのはマイケルではなく影武者とか、楽曲「THIS IS IT」は盗作であるとか。前者は見ればマイケルでしかない事がわかるし、あのように踊れるのはマイケルしかいない、後者は、このライヴの為に作られたものではなく、同タイトルではあるけど昔にポール・アンカと共作したもので未発表になっていたもの。どっちもたいした事のない話だけど、ヘッドラインなって全世界に流れた。

ネットの普及でこういうものがますます過剰に消費され、消費される側の人は…本当におそろしいです。
Posted by みけ at 2009年12月04日 19:32
>それで大金を手にしても、何に使うのでしょうね。

それは私も同感です。
マイケルに限らず、誰かを陥れて手に入れたお金やちょっと違うけど万引きとかで手に入れたものとか・・・。
持ってて空しくないかなあとおもいます・・・
ダイちゃんの襲撃にあいました(^_^;)↓
k89ASSSrrrrtfffffffffd
Posted by うり at 2009年12月05日 07:48
花泥棒とかね。人が丹精込めて育てたものをサッと盗んで自分の家で育てるとか…。そういう人は大切にしないだろうなと思うけど。それとも人にあげるとか?最悪です。

ダイちゃんのメッセージは何! もっと遊んで〜☆かもね。子猫の時はずっと遊んでいたいから…こっちが疲れるくらいw 無邪気でかわいいです。
Posted by みけ at 2009年12月06日 12:33
ダイちゃんはPCの上が好きなのでわざわざ通り抜けていきます・・・。
この際、いろいろなキーボードが踏まれ、PCの設定が変わってることもあり結構困ります↓
Posted by at 2009年12月08日 20:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133412924

この記事へのトラックバック