2010年01月31日

サカナクションライブ当選

最近お気に入りのサカナクション。

こういうマイナーなバンドに詳しい友人にメールをしてみた。
「最近、サカナクションってバンドが好きなんだけど○ちゃん
知ってる?」

この返事に、

「娘が好きで去年はライブも行ったよー。今年も行くつもり」

とのこと。
さすがあたらーっ(汗)

そうなってくると、急にライブに興味が湧いてきた。
そのことを彼女に聞くと

「去年は全ライブソールドアウトだったらしいから早めに取った
方がいいかも。シングルの初回限定で早期予約が出来るよ〜」

とのこと・・・。

そそそそそんなに人気があったのね(^_^;)

ネットで調べると、予約の締め切りがなんと明日の昼ふらふら
てことは午前中にシングルをゲットしておかなければいけない・・・。

TSUTAYAにあるかなあ?と思い、結局午前11時にTSUTAYAに行ってみる(ギリギリあせあせ(飛び散る汗)
すると、TSUTAYAには見事に名前が知られているアーティストのみで、
サカナクションのかけらもないバッド(下向き矢印)

時計を見ると11時20分。

仕方ない。タワレコまで行くかあ。

と急遽タワレコへGO!
岡山のタワレコはオーパの4Fにあるので、自宅からなら15分くらいで
行けたはずなのに、ヘタにTSUTAYAを選んだおかげで無駄なタイムロスになってしまった・・・あせあせ(飛び散る汗)

そして、超魅力的なバーゲンの誘惑を振り切りながらまっすぐにタワレコへ。
すると、なんと、タワレコでかかっているのはまさにサカナクション!!
これこれるんるん
さすがあ。

そーか、やはり、思ったより人気があるらしい・・・。

なんとかシングルを探し、購入。
やっぱり、頼みの綱はタワレコだ^^

パッケージを破りながら車に戻り、後は中に入っている案内を読みながら携帯で応募作業。
そして、なんとか終わったのが・・・11時55分!!!

締め切りが11時59分だったのでギリギリあせあせ(飛び散る汗)


そして待つこと数日・・・・。

当選メール到着わーい(嬉しい顔)
やったーハートたち(複数ハート)

そうすると、サカナクションファンの友人からメールが。

「サカナクション当たった?うち外れたーバッド(下向き矢印)
ありゃ・・・。
きっと、私は予約をしたのが1枚だけだったので当選しやすかったんだろう。
申し訳ない気持ちで当選報告メールをした。

久々に一緒にライブに行きたいなーと思ったんだけど・・・。
一般販売で取れるといいなあ〜。


ライブでぜひ聴きたいるんるん

スポンサーリンク



posted by うり at 07:53 | Comment(23) | TrackBack(0) | 今日の一曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サカナクション、いい音してますねえ。魚+アクションってのもまたセンスいいですwしかしギリギリで当選、おめでとうございます。よくハガキだと、締め切りギリギリに送ると当たりやすい、と聞くのですがこれは本当なのか、気になります…。ハガキの場合は人が抜き出して選んでるわけですよね。どうなんだろうなあ(^_^;)。

関係ないけど、中山美穂ってやっぱり綺麗ですね!美STORYの今月号の表紙、ほんと良いです。この人は雰囲気が良いというか、「女優」って感じ。画的にも何か、いるだけで映えるというか。
Posted by みけくしょん at 2010年02月03日 20:51
みけくしょん(笑)
いいですね。これ、使っちゃいます^^
うりくしょん。

多分、1枚だから当たりやすかったのではと
思います。
ハガキの場合って、TVで見たことありますけど、
何箱もある段ボール箱の中から、まずは何枚か
選んで、そこからまた選ぶという作業を行って
ました。
私、基本的にくじ率ゼロなんですけどね(^_^;)

中山美穂、華やかですねー。
化粧次第でかなり顔立ちも雰囲気も変わる人だなあと思います。
サヨナライツカは酷評気味ですけど、話題になってるってことだからアリなのかな〜と。
西島秀俊もいい役者さんになったなあと思います^^
Posted by うりくしょん at 2010年02月04日 08:56
うりくしょん、吹きましたw 響きがみけくしょんより良いです。昔気になった人達の名前はスネオヘアーでした。サカナクションには、さかなクンとの共演を望みます(どんなのなの)。

ハガキって、他の応募方式より書き手によって選ばれる事があるのではないかという幻想を持ちますw 段ボールだと底にたまってるのはもうダメですね…。それでギリギリに出すとという都市伝説(?)が生まれたのかも。

中山美穂、佇まいが女優って感じなんですよね。そういうのは雰囲気だから、なりたいと思ってもできないものだろうし。「サヨナライツカ」、酷評ですか?興行収入は良いらしいと聞きました。12年振りでしたっけ。いい女優さんです。撮影のし甲斐があるような人という感じ。

アイドル歌手だった頃も好きだったなあ。しかし人によってはあの声が嫌いとか言うんですよね。歌謡曲は萌え要素が要る事がわからんのか(誰に言ってるのか)。私はJ−POPはそんな好きじゃないんです。歌謡曲の哀愁や萌え要素が好きで…。

今懐かしく思い出すのは、中山美穂の『生意気』。このタイトルの歌詞のはずなんだけど、まだ15になったばかりだったかなあという彼女が、異国で男の写真か手紙かどっちかを破り、「♪優雅に泣くわ〜 アアアー♪」というやつ。この年でこれかいみたいな(^_^;)。
Posted by みけクッションw at 2010年02月05日 19:34
スネオヘアー、いましたね^^
音楽の雰囲気的には似てなくもないんですけど。
サカナクションの由来とか、そういうのまだ知らないんですよね(^_^;)
ただ、ジャケに魚の絵が書いてあったりするので、サカナは魚なんだなあという認識くらいで。

中山美穂は歌手としては声質がちょっと厳しい感じはしましたねー。
ただ、曲調にもよりますけど。
いつだったか小室哲哉の曲を歌っていた時はさすがに気の毒でした(^_^;)
(彼女に限りませんけど)

そっか、みけさんは歌謡曲嗜好なのね^^
何となくわかります。
中でも私はポップス要素が強ければマルです。

この年でこれかい(笑)とつっこむとすれば、柏原よしえですねー。文句なしに。
彼女は中学生の頃から尋常じゃない色気がありましたから・・・。
あの若さで中島みゆき作の曲を歌いこなすのはただものじゃないですよね。
Posted by うり at 2010年02月09日 16:26
中島みゆきの歌、歌ってましたね。中島みゆきのセルフカバーアルバム『回帰熱』なんかに色々入ってました(黄砂に吹かれて、春なのにetc)。中山美穂は…彼女に限らないけど日本の場合は歌唱力はない方がいいようなのがあって…。下手な人が一生懸命歌ってるプロっぽくない要素に萌えるわけです(たぶん)。日本は、圧倒的にすごい人というのはダメなんだと思う。

中森明菜なんかは上手いし、情感があって艶があるんですよね。小室哲哉の歌も見事なものでしたし…でも小室サウンドと明菜の組み合わせは微妙といえば微妙(^_^;)。明菜の歌はバラードが特にいいのがたくさんある感じ。「セカンドラヴ」、「トワイライト」とか綺麗ですね。

柏原芳恵は「アリエスの乙女達」の歌がよかった。これぞ歌謡曲なのさみたいな。ドラマの南野陽子もかわいかったし。南野は後半、脱アイドル?みたいな事をやりだして、曲は良かったけど、『正統派アイドル』でいてほしかったので残念でした。
Posted by ミケオヘアー at 2010年02月13日 12:49
>下手な人が一生懸命歌ってるプロっぽくない要素に萌えるわけです

なんとなくわかります。
宮崎駿がプロの声優を使いたがらないところに
通じるのかなあと・・・。
だからと言って西村知美レベルの歌唱力では
聞くに堪えない・・・(^_^;)のでその辺は
ほどほどの方がいいですよね。

>「アリエスの乙女達」
懐かしいなあ。アリエッス〜♪ってやつね。
これは私は原作の漫画を読んでいたのでこっちの方が思い入れがあるかも。
ナンノは本当に可愛かったけど、途中で脱線したくなってしまった・・・だけど、キョンキョンのようにうまく脱出できなかったというところかな。

このドラマを思い出すと同時に、いつも顔色が悪かった佐倉しおりを思い出します^^



Posted by ウリマスイッチ at 2010年02月15日 08:17
「へんなの」の時、「パンドラの恋人」や「楽園のDoor」のナンノはどこへ行ったのーとか思った。この曲かアルバムかで、『ナンノの本気、見せてあげる。』というコピーがあったと思います。見せてくれない方が良かったです…。でもこの後の「KISSしてロンリネス」とか良い曲でした。

佐倉しおり、 美人ですが顔色悪かったですね。無駄におじゃる丸の、うすいさちよを思い出しました
Posted by at 2010年02月19日 19:12
名前入れ忘れましたすみませんw
Posted by HOME MIKE 家族 at 2010年02月19日 19:13
やっぱり「へんなの!」の時のことですね。
あの頃、本人も低迷していたんじゃないかなーと
思うんです。
実際に、ちょっと変わった人だったみたいだしね(^_^;)

おじゃる丸のうすいさちよ(笑)
似てるかも。
てか、みけさんって守備範囲広いわ(苦笑)
Posted by ウリノグラフィティ at 2010年02月21日 07:20
『へんなの!』PVをつべで見たら、コメントに当時事務所の借金を背負ったとか、移籍がスムースにいかなくて…とか書いてあって、そういえばそんな事聞いたなあと思い出しました。このPVはおそらく当時の日本のCG技術を駆使したもので(注:同年にマイケルのBlack or Whiteがある)、確かに黒歴史なんだろう…。楽曲そのものは悪くないんだけど、それまでのナンノのイメージがありますからね…。南野陽子は衣装もかわいかったですね。
Posted by みけものがかり at 2010年02月25日 20:19
みけものがかり(笑)
なんか字になじんでます。

そっかー、そういう背景もあったのね・・・。
芸能人も大変だなー。
そういえば、カールスモーキー石井とも付き合ってなかったっけ?
当時、てっぺいちゃんは彼女に対して誠実そうなことを言ってたけどその割に長続きしなかったなーという印象が。

このPV見ましたが「ご乱心」というしかないですね(^_^;)
イメチェンは絶対に逆効果だと思うわ〜・・・
Posted by ウリオロメン at 2010年02月26日 08:19
この「へんなの!!」を当時ファン(特に男性)がどう思ったのか知りたくなる…。完全に出来上がったイメージを壊すというのはやってはいけない気がします。この後、シングル2枚出して終わった感じだと思う。でも私はアルバムも含めて全部聴きました。楽曲は良いんだけど、これまでも彼女のイメージではないし、ファンは「えっ」と思い、がっかりしたのでは…わからないけど。

80年代アメリカで、大人気のティファニーという女性アイドルがいました。歌唱力があってバラードを中心に人気を博していましたが、3rdアルバムでいきなりR&Bをやって人気が凋落。楽曲はすごくいいし、歌もすごく上手いから、ほんと良いんだけど、可愛いアイドルのイメージではなくなってしまってファンが離れた。ナンノと比べるのもアレですが、どちらも、これでデビューという新人だったら良かったのでは…と思ったものです。

カールスモーキー石井は、やたら格好つけたり見栄っ張りでそういうのがナンノは嫌だったそうです。おいしいレストランで余った食事をナンノが、持って帰りたいとお店の人に言ったら石井に激怒され怒鳴られたとかで、「アホか」と思ったそうです。

ところでこないだの委員会の映像探しましたが、わかりませんでした↓2chに、放送後にはあったそうです。婚活詐欺女の事を推理する際に、これまで抑圧されていた女性の怨念がDNAに…と推理する北様に、田嶋先生が喜んでいましたw 
Posted by Mikeeeen at 2010年03月06日 16:36
へんなの!についてのコメントは、つべでもあったので興味深く読んでました。
中には「可愛い」という感想もあったりでありなのか〜・・と。

当時の司会の加賀まりこの戸惑いを隠せない感じがなんともリアルでしたね〜。

委員会、こっちでたまに放送してない時があるんですよね。
今度は北野誠がここで復帰するそうで、ぜひ見たいんだけどなー。

>これまで抑圧されていた女性の怨念がDNAに・・・

いいなあ・・・。相変わらずで^^
妙に説得力があるんですけどね(^_^;)
Posted by 瓜瓜クラブ at 2010年03月07日 07:34
司会の加賀まりこで覚えてるのは、渡辺美奈代が「ピチカートプリンセス」を歌い、次に中森明菜が歌う時に、美奈代が歌い終わり怖い顔で白けてて、明菜がステージに行く時に笑顔で、『待ってました、今度は実力派!!』って言った事でしょうか…(^_^;)。

しかし昔のアイドルは存在感があったなあ。南野陽子は21枚、渡辺美奈代は17枚くらいしかシングル出してないけど、今の40枚目記念!とかいってるのが将来、記憶に残ってるかといえば多分ないし。

あとは昔より内向きになってて、○万枚売れたとか言っても、そのファンしか知らないのが多くなったと思います。娯楽が多くなったといえばそれまでだけど、それ以上に多くの人にアピールできる才能のある人がいなくなったのではないかなあと思ったりします。
Posted by ラルク・アン・ミケル at 2010年03月14日 11:30
加賀さん(笑)
言いそうで怖い。
失言って、結局その人の本音が混ざってますからねー。ごまかせません。

>多くの人にアピールできる才能のある人がいなくなったのではないかなあと思ったりします。

これ、最近私が感じていたことの答えがでてます!
人気のあるアーティストやバンドが多様化してきて、今の人は自由に選べていいなあと思ってたんですが、確かに、万人に受けるアーティストがいないんですね↓
そう思えば、これからそういうアーティストは望めないかもですねー。

それと、この間知人と話をしてて、そのお店に雑誌があってマーティさんが載ってたんです。
とたん、寡黙だった彼が急に饒舌にマーティさんについて熱く語り始めたのにはちょっと笑っちゃいました^^
みけさんもそうなりそうな気がする・・・。
Posted by ウリダラパー at 2010年03月16日 08:29
マーティ、曙、高見沢さんなどなどが出ている、ファンタのCM,見ました。前任は、「ほんとはいいやつファン太郎=朝青龍」でしたが…。しかしその彼、マーティをどの視点で語っておられたのか…。メガデスファンの人は現在のマーティを嘆かわしく思っているようですw あるいは、マーティは遠い世界に行ってしまった事にして、あえて触れないとか。世界的バンドにいた人が、日本で芸能人みたいになっているのは確かに複雑なもんがありますが、本人が幸せならいいんでない、と思います(^_^;)。

南野陽子、私は「パンドラの恋人」、「接近〜アプローチ〜」、「あなたを愛したい」、「秋からも、そばにいて」なんかが特に好きですね。でも「へんなの!」も楽曲としてはかなり好き。耳にこびりついてるw これの入ってるアルバム、『ギャザー』は、ASKA、種ともこ、木根尚人、上田知華、柿原朱美、パッパラー河合なんかが参加してましたね。ASKAは「フィルムの向こう側」も。このCDシングルが写真集みたいになっててかわいかったです。

しかし「ウリダラパー」ってなんかいいですね。はまるw

 >万人に受けるアーティストがいない

ほんとそうなんですよね。タコツボみたいになってて、誰も知らないけど第一位とかレコ大とか。宣伝手法だけが大きくなって、中身はどうでもよくなってないかと思ってしまったり…。
Posted by MIKE48 at 2010年03月20日 20:46
マーティさん、出てますね〜。
ちなみにその知人は、「ホントはこの人、スゴイ人なんだ、神なんだ!!」ということを言ってました。
『ホントは』って力説しているのが彼の心の叫びを表しているなと・・・。

南野陽子の「フィルムの向こう側」は私も大好きな歌です。
今でも全部歌えるかも〜。
個人的に木根さんがどんな曲を提供したのか気になる^^

Posted by URIVER WORLD at 2010年03月22日 18:56
木根さんのは、【うつむきかげん】という曲ですねー。つべで探したけどありませんでした。アルバム『ギャザー』はブッコフで高くても250円なので、よろしければ。良い曲多いですよ。「お願いプライベートムーン」、「MARIA」などなど今もよく覚えています。しかし定価3000円のが(もっと前は3500円だった)、「3枚で100円」なんかになってるのを見ると複雑な気持ちに…。これ定価で買ったのにこれかい、とか思ってしまうw 本もそうだけどCDは特に…。昔はCDシングル(縦のケースのあれです)も1000円で買ってたんだよなあと心がひりひりする。

ファンタHP見たら、FANTAメンバーの紹介などあって笑えた。あのマーティがこんな風になるとは、おシャカ様でも…まあいいや。ほんとにすごい人なんです…。メガデス時代の彼のギターソロでも貼りたいけど、URL貼ると書き込みできないようなのでやめますw

ナンノは、アルバム『グローバル』の「どうやって愛したらいいの?」とかもすごくいいんですよね。あれシングルにしてほしかったです。これぞ歌謡曲なのさ、という切ない感じで…。
Posted by ミケログフィッシュ at 2010年03月26日 20:44
そうですねー。
特に売れたアルバムは後でかなり安く、しかも大量に出てます。
売れてる・売れていないに関わらずそのアルバムを好きで
長く聴いている場合、ちょっと悲しくなりますねー(^_^;)

ギャザー、ですね。
ちょっと探してみよう^^
ブックオフに行くと無駄に長居しちゃうんだけどね(苦笑)

それにしてもいつも思うけどみけさんの守備範囲が広い。
それに比べると私ってさらっとなぞってるくらいだなあと思いますね。
変なことは覚えてますけど(^_^;)
Posted by ウリトレンチ at 2010年03月28日 07:32
ブッコフ、商品見てると時間かかりますねw たのしいけど。『ギャザー』は写真集つきのもありますので、値段も同じだしBOXに入ってる方をお奨めします〜。

>守備範囲が広い

色々聴きたくなってしまうのです…、今日も大関になったバルトをTVで見ながら、「エストニアのポップスに大好きなのがあったら…」とかあれこれ考えてしまった。世界中に色んな曲があって、そのほとんどが聴く機会もないという事を考えると、時々ほんとに眠れません(病気か)。
Posted by みけゆら帝国 at 2010年03月31日 20:41
なんかわかります^^

私は洋楽は聴かないのですが、あまり売れていない人やアイドルのアルバムの中に名曲があるんじゃないかと・・・聴きたくなりますね。
そういう時は無名のアーティストが集まっているオムニバスアルバムを探して聴いてます^^
Posted by Uri Little Thing at 2010年04月02日 22:25
洋楽は聴かない、って決めるのはさみしいです(><)。どこの国とか区別なく、音楽を楽しんでいただきたい〜。大きなお世話でしょうか。知人に、洋画は見ない、という人がいてそれもさみしい(涙)。なぜと思いますー。

NARUTOとかも欧米で人気ありますよね。そういうファンが、外国のコミックやアニメは見ない人だったら、その楽しさもないわけで…。
Posted by みけ猫チェルシー at 2010年04月13日 19:03
すみません(^_^;)

他意はないのですが、結局、私は歌詞至上主義なのです。
曲も大事ですが歌詞のフレーズにものすごく惹かれるので、そこはやっぱり日本語であってほしいと・・・。
Posted by うりOF CHICKEN at 2010年04月15日 07:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139832139

この記事へのトラックバック