2010年04月22日

開き直ることにしました

忙しすぎ。

ブログに書けそうなネタもなく、気づけば日にちが経過していた・・・。

そんな中、最近私が仕事をするうえで開き直ったことがある。

私はうっかり者なので、授業の準備や用意をしなければいけないことを
うっかり落としていたり、忘れていたりということが多々あるふらふら

以前は、「絶対にしてはいけない!!」と自分を戒めていたが、
やっぱりそういうことは起こってしまうバッド(下向き矢印)
だが、度胸だけはあるので、その場では慌てず
「ちょっと待ってくださいねー」
「おかしいなあ〜」
と言いながら、その場で準備をすること多数・・・。

こういうことが続けば、生徒さんの信用を失くす→不信感→退校
という図式が考えられるのだが、ほぼ1年授業をやってきて、
生徒さんにとってあまりそこは重要でないような気がしてきた。

私にとってはこの仕事は1日のうちの大半を占めるが、
生徒さんにとっては息抜き程度のものだったりする。
そんななか、この教室を続ける、辞める、というのは
それぞれの環境の中で選択肢の一つとして常にあるということだ。

生徒さんの環境次第では、「辞める」方向に向かうことも不思議ではない。

なのだが・・・

私は、その原因の全てが自分にあると思い、自分を責めてきた。
もちろん、私の拙い授業や、達成感だったり、盛り上げ方によっては
続けてくれている生徒さんもいたかもしれない。
だが、どんなに完璧な授業をしたところで、辞める人は辞めていくし、
その生徒さんに力を尽くしても同じ。

逆に、私がまだ未熟すぎたため、フォローしきれなかった、XPをお持ちの方がちゃんと説明ができていないにも関わらず欠かさず通って来て
くれていたり・・・。

私は、私の方法でやろう。
ちょっと鈍くさいが、そのフォローをする度胸は持ち合わせている。
完璧にと考えず、自分なりに準備をして、何かあればその度胸に任せよう。

と、思うと少し楽になったわーい(嬉しい顔)

と言いつつ、やっぱり授業内で想定外のことが起こると凹むけどねたらーっ(汗)


スポンサーリンク



posted by うり at 08:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンインストラクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。