2010年08月29日

中年カップルはなぜ気持ち悪がられるのか

相変わらず、このブログの『富田リカ』祭りは続いている。


とはいえ、最初のアクセス数は減ってはきているが、それでも
通常更新日とほぼ同じアクセス数があるんだから、凄い。


そんな中、久々に行った歯医者で女性誌を発見、富田リカについての続報が
あったのでつい興味深く読んでしまった。


誰がどう考えても、不自然な今回の彼女の離婚劇。

萩原健一との写真を撮られる→マズイので離婚(あくまでも自分探が理由)→晴れて独身なので
誰も文句を言わせない状態で萩原健一とのことをコメント→萩原との交際宣言


それぞれの期間が空いていればよかったのだが、これらが2,3日で行われたものだから、
あまりの手際の良さ(悪さ?)に避難轟々。
「キモい」とまで言われる始末だたらーっ(汗)

まあ確かに、彼女の今回の行動は公の場に出る立場として褒められたものではないが、
若くないからと言ってキモがらなくても・・・

と思ったが、やっぱり、気持ち悪いわな、何となく。

若くない分、何となく爛れた(ただれた)感じがするのだろう。


ちなみにこれは、玉置浩二と青田典子カップルにも通じるものがあると思う。

つか、ずっと、おかしいのは石原真理絵だと思っていたのだが、玉置浩二もおかしかったのね・・・。


▼なんと売り切れ!これも富田リカ効果?

冨田リカstyle book

冨田リカstyle book

価格:1,280円(税込、送料別)

タグ:富田リカ

スポンサーリンク



posted by うり at 21:50 | Comment(8) | TrackBack(0) | ミーハーネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
玉置浩二、変な人だったんですね…。チケット代7500円くらいで何だとか、金返せって言われて、返せねーよ、だって俺借りてないじゃん!とか言うなんて…ファンの人はどう思っているんだろうか。しかしそれ以上に気になったのは、サングラスを外すともう誰だかわかんない位に顔が変わっていた事。これもファン的にはどうなのか?とあれこれ気になってしまいました。
Posted by みけ地帯 at 2010年09月19日 17:50
なんか、ライブではいろいろあって大変だったみたいですね。
「これがライブだ」と本人は言ってたけど、
確かにそうなんだけど、そうじゃないんですよね。
人に見せられるだけのものを作っておいて、そのうえで起こるハプニング、これがライブだと思います。
自分の準備もできず、トラブル続きで、しかもそれを投げ出すというのはプロとしてはありえないでしょう。
だけど、悲しいかな彼の名曲がそれを許してしまう・・・。
いいものを見せようと、大半のプロがそこに全力を注いでいる中、読んでて腹が立ちました。

顔はパンパンでしたね(^_^;)
太りすぎなのか、むくみなのか・・・?
でも、私の好きだったTMのボーカル、宇都宮さんも今や彦麻呂ですからねー(^_^;)
せっかくいい声が健在なのに、何とかしてほしいですよ↓
Posted by うり at 2010年09月20日 00:22
でも玉置浩二、ああいうのが何で流れるのかなと思ったら、やっぱり個人事務所なんですね…。あんな事言うのはとんでもないけど、もし大手の、テレビ局に対して力のある事務所なら、何やっても一切テレビに流れないんだろうなとか思うと複雑…。田原俊彦も、独立した途端ああいう暴言が流れたしなあ。

そう思うと、あんまり芸能人に夢見ないほうがいいですよね。考えてみたらキャラを演じているんだし。それでも、もし実際はDQNでもそういうところは見せないようにしてほしいのです。

宇都宮さんは、まるっとなったくらいにしか思ってませんが、玉置浩二はまた整形したのかと…(^_^;)。
Posted by みけ at 2010年09月24日 19:11
あー、そうですね。
確かに、芸能人は事務所の大きさによってかなり大きな違いがあるかと。
田原俊彦バッシングも激しかったけど、あれは独立問題も絡んでるってことはずいぶん後から知りましたし・・・。

あくまで噂だけど、謹慎に追い込まれた北野誠は、とある事務所の内情をバラしてしまったからだというし・・・。
怖いわあ。

玉置浩二の痛さは目が離せないわ〜。
Posted by うり at 2010年09月25日 15:32
水嶋ヒロや絢香の消され方も怖いですね…。
ああいうの見ると、社会的にどんな問題を起こしても取り入れば復帰宣伝などなどしてもらえるのに、事務所を怒らせたとか芸能界のドンを不愉快にさせたりすると、急にDQNであるかのようにスポーツ新聞や週刊誌、ワイドショーで中傷されたりするってのはおそろしいというか、どういう世界なのかと。広末涼子もあれですよね。ドン怒らせた途端にバッシングされたというの。しばらくしてまた出てきたから、侘びでも入れたのでしょうか。水嶋ヒロは、とりあえず本人の言葉が一部とはいえメディアに出てきたという事は、支えている人がいるんでしょうね。

○年干す、といったらほんとにそれだけ干されるというからなあ。テレビ局も芸能事務所に迎合して、こういうのは確かに気持ち悪いです。
Posted by みけ at 2010年10月02日 19:42
水嶋ヒロの結婚のタイミングは確かにね・・。
これからっていう時だったから、私が事務所の人間でも大反対すると思う。
でも、逆に水嶋ヒロの場合はあの会見のときの男っぽさで男を上げた感じはしたんだけど。

やっぱり、『掟』って存在する世界じゃなかろうかと。
そんな世界で生き残れる芸能人って、一見かわいらしく見えても相当ずぶとくないと難しそうですね。
Posted by うり at 2010年10月05日 08:31
同じ事務所どうしの恋愛なんてしめしがつかない、とかってどこの世界の話かと思いました。人間自体が商品と言う業界だし、興行の世界だからとはいえ…。そういう掟みたいなのに縛られて生きていく芸能人はそういう面でかなりしんどそう。やたら夜遊びしてるのも人脈のためなんだろうなあ(後は他にお金の使い方知らないのかな)とか。押尾も、ああなった途端に大手芸能事務所の御用達みたいな週刊誌が、「人間のクズ」、とか見出しに書いてておそろしいと思いました…。お金握らされて内心はどうでもいいと思ってる芸能人のちょうちん記事書いてるとか、ベテランのアナウンサーとかが大手事務所のアイドルに明らかに媚びうる姿というのは見苦しいし、そもそも電波は公共のものなんだからおかしいよね…と思います。日本のコネ社会がかいま見える。

個人的には実績のある芸能人の人の子供や孫、家族が素人芸で入ってくるのがいやです(^_^;)。
Posted by みけ at 2010年10月11日 13:49
お塩先生は、かなり強い人脈を持ってたみたいですね。
ということは、そういう人物に気に入られる要素が何かあるんでしょうね。
素人目には全く・・・分かりませんけど。


>個人的には実績のある芸能人の人の子供や孫、家族が素人芸で入ってくるのがいやです(^_^;)。

同感です〜。
だけど、芸能人の二世率が高いこと・・・。
入れない人はどんなにしたって無理なのに、ルートがあれば寝てても入れる、みたいなね。
そんな中でも、佐藤浩市とか香川照之、寺尾聡はいい役者さんだわ。
チャンスがあっても、それを持続させるのはやっぱり本人次第だよね。
Posted by うり at 2010年10月13日 23:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160962170

この記事へのトラックバック