「間宮兄弟」 江國香織  - ぶつくさブログ

2006年05月27日

「間宮兄弟」 江國香織 

義妹が図書館で予約したという話を聞いて、読み終わった後
速攻で回してもらうことができた。

多謝!

今まで、江國香織の本に興味を持ったことなどなく、またこれからも
きっと読むことはないだろーと思っていたのだが、ふと目にした
新聞の広告で、「これは絶対に読んでみたい」と思っていた本だ。

何よりも、映画のキャストでもある佐々木蔵之介さん、ドランクドラゴンの
塚っちゃんがとってもホンワカした雰囲気で立っている写真にも惹かれて
いたのだけども。

あらすじは、
都内のマンションで2人暮しをしている会社員の兄・明信(35歳)と
学校職員の弟・徹信(32歳)。彼らが間宮兄弟だ。
自分たちの決めたルールで自分たちが好きなように、マイペースに毎日を
過ごしている彼ら。
しかし、どう見てもやぼったく、女性からはモテないタイプで、これまで
女性関係でいい思い出が1つもないという共通点を持つのも彼らなのだ。
そんな彼らが一念発起して開いたカレー・パーティーから、
徹信の同僚・依子と、ビデオ屋の店員・直美姉妹との微妙な関係が幕を
開ける・・・。

ページ数もそれほどないので、2日もあればすぐに読めるかな?と
思ったが、最初は思いのほか話が進まず、少し放置してしまった。
しかし、半分ほど読んだ辺りでやめられなくなり、後は一気読み。
読後感は、思ったとおりなんだか心がほっこりするような感じなのだ。


恒例のキャストは、
間宮弟は塚っちゃんがあまりにもハマッていたので、彼はそのまんま。
間宮兄は佐々木さんもイイんだけど、なぜか私の中では時々アンガールズの
山根に変わっていたり。だけど、山根は若いんだよねえ?ちょっと違うか。
依子はなぜか西尾まりさん。(映画版は常盤貴子かも)
直美は思い当たらず。というか忘れた。
妹・夕美は若槻千夏チャン。
大垣はタニショーこと谷原章介さん。
大垣妻は若い頃の(!)夏川結衣さん。
兄弟の母は浮世離れした感じなので、岩本多代さん。
でした。


この本、ちょっと寂しいなとか、人恋しいなとか、そういや
家族に会ってないなとか、そういう気持ちの時にぜひオススメしたい。
何だか懐かしい香りのする間宮兄弟が、いつでも出迎えてくれるような
気がするから。

本当は続編を読んでみたい気もするけど、すぐに思い直した。
いや、ダメだ。
この本はこれで終わりだから、いいんだ、と。

彼らにとっては日常でも、それを忘れている人にとっては
もうとうの昔に忘れてきてしまったような。
そんな思いが、ココにある。

でもきっと、こんな兄弟、いるんだろうなあ・・・。


間宮兄弟
posted by うり at 13:19| Comment(4) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は、この本を読んだ後、なんとな〜く人恋しいような、淋しいような気持ちになったんですよ。読んでる最中はなぜだか止められず。笑。そんな(どんなよ)うりねーさんにおすすめはやはり江国香織さんの“ホリーガーデン”です。読んでみたらまた感想UPしてくださいねー
Posted by へな子 at 2006年05月30日 02:36
>この本を読んだ後、なんとな〜く人恋しいような、淋しいような気持ちになったんですよ。
あ、なんか分かるなー。でもね、読み終わって印象に残ったのが、兄弟に対して否定的な見方をしそうな人たちが兄弟との時間に暖かさを感じてたのが、人事ながら嬉しくってねー(^_^;)
「ホリー・ガーデン」?そんな私におすすめってことはちょっとブラックでダークな世界と思っていいのかしらん??
Posted by うり at 2006年05月30日 20:11
うりねーさん、こんちは。
>そんな私におすすめってことはちょっとブラックでダークな世界と思っていいのかしらん??

ブラックでダーク…では…無いですね…もろ江國ワールドです〜(^^;)間宮兄弟に近い読後感だったので、お勧めしてみました。ジャンルとしては恋愛、だと思います。
Posted by へな子 at 2006年05月31日 13:43
どもどもw
なるほど〜。了解です。私はどうしても嗜好がブラック&ダークなので、たまにはこういうホノボノしたものも入れてかないといけないかもね〜(^_^;)ありがと!
Posted by うり at 2006年06月05日 10:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18441750

この記事へのトラックバック

江國香織【間宮兄弟】
Excerpt: 映画化されて話題になった作品。主人公は恋愛ベタの兄弟。2人とも30代独身。 映画では、兄の「明信」を佐々木蔵之介が、弟の「徹信(てつのぶ)」をドランクドラゴンの塚地武雅(つかじ・むが)が演じた。..
Weblog: ぱんどら日記
Tracked: 2006-08-23 09:23
Copyright © ぶつくさブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート