2011年03月21日

私たちは変わらず

あの大地震から10日が経とうとしている。

依然、救出作業は続いているし、避難所や避難されている方の環境はあまり改善されていない
ように見える。

原発は相変わらず急転直下の出来事が続き、何となくマヒしてきた気がする。
例えば、放射能漏れ⇒絶対あり得ない!⇒そのくらいの値なら大丈夫かも・・・
爆発報道⇒信じられない。どうなるの?⇒水蒸気爆発ならありえるかも⇒白い煙だから大丈夫そう
と言う感じで。

実際、3号機だかの破壊ぶりは半端ないでしょ。
あれでよく「大丈夫」と言えたもんだ・・・。
とはいえ、現場ではかなり強い放射能の数値が出ていると聞く。そんな中、作業している方たちは
文字通り命がけだ。

私たちはただそれを見守るしかない。
これ以上、放射能が漏れないことを祈りつつ・・・。


そんななか、私は普通に生活し、仕事をしている。
生徒さんも、状況を憂いながらも募金や物資を送り、変わらず教室に通い続けてくれている。
本当に、ありがたいことだ。

このことが起こってから、必要以上に「自粛」ムードが高まり、「こんな事態なのにこんなことしていていいのかどうか」と思われることも考えていた。
(私もそう思っていた)
もちろん、今後もそういうことがあるかも分からないが・・・東日本が計画停電などで経済活動がうまくできない状態の中、西日本が頑張らなければいけない時だと思う。

原発問題が早く落ち着いてくれればいいが・・・
そのうち人員がいなくなったら、民間からも出向くことがあるんじゃないかと・・・思ってみたり。

それと、避難所の困窮ぶりが伝わってくるが、今回の場合は出られる状態なら、近県に移動した方がいいんじゃないかと思う。
せっかく救助された方々も、結局モノが足りていない避難所に連れて来られても困るだろうと思うのだが・・・。

次に更新する時には、いろいろなことが好転してますように。

スポンサーリンク



posted by うり at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック