2006年08月18日

学校の怪談とトイレの関係

なぜか、学校の怪談にはトイレが舞台となることが多い。
やっぱり、あの広い校舎の中で閉塞感がある場所でもあり、子供心にも
そういった恐怖心を無意識に植えつけられるからなのだろうか?

そんな私も、学校のトイレにまつわる話がいくつかある。
そのうちの、1つ。

中学校の頃のお話。
その日はテスト期間中で、私は早めの時間に教室で友達と約束をしていた。
いつもの時間よりも少し早く学校に着くと、なぜか門の前で
友達が私を待っていた。
心なしか、友達の顔が青い。
「どうしたん?」
と聞くと、

私より早めに教室に着いた彼女。
学校内にもまだ殆ど誰もおらず、ヒマなので私を校門の前で待とうと
思い、その前に北校舎1階のトイレに入ったのだそうだ。

すると、しばらくして、
誰かがトイレに入ってきたような音がしたかと思ったら、
自分が入っているトイレのドアのすぐ外で

ぼそぼそ、ぼそぼそ、と呟くような声がしたのだという。

不思議に(というか不気味に)思った彼女がトイレのドアを
開けると、そこには誰もおらず(外に出るには、もう一度ドアを
開ける必要がある造りになっている)もちろん、ドアを開ける
音もせず、急に怖くなった彼女はひたすら門の前で私を待っていた
そうだ。

その話を聞いた私。
よせばいいのに、「行って確かめてくる」なんて言ってしまった。
というか、彼女の勘違いだと思ったし、もしそれが本当でも
こうやって確認する時に限ってそういう現象は起きないという気が
していたからだ。
それに、今は昼間。
いくら薄暗いトイレだとは言え、そういう現象がすぐにすぐ起きるとは
考えにくかった。

テストが全て終了し、HRまでの合間の時間を使って、私は別の友人と
一緒にそのトイレに出かけた。
ここは教室がないせいか、あまり利用する人が少ないことは確かだ。
それに、別に校舎が古いわけでもなく、ごくごく普通の鉄筋の造り。
そこで不可解な現象なんて、正直ちょっと考えられなかった。

中に誰もいないことを確認して、友達をトイレ入り口の鏡の前で
待たせて、ドアを開けて中に入る。
で、何となく奥から2番目のトイレに入り、ドアを閉め、そのドアに
もたれていた。

いつまで待ったら、待ったってことになるんかなー。もうHRも始まるし
・・・。

と漠然とそんなことを考えていたら、急に凄い勢いで外のトイレの
ドアが開いた音がして、女子生徒が約2名、バタバタと入ってきた
のが分かった。
しかもなんか、弾んだ声がする。

「あー。くそ。失敗かー」
そう思って、ちょっと悔しくなった私は、一体この2人が何をキャッキャと
騒いでんのか、ちょっと聞き耳を立てることにした。

彼女たちは、恐らく私の入っているトイレのドアのすぐ外にいる感じだ。
女の子は用もなくこうやってトイレに入ったりすることがあるので、
どちらもトイレに入らない、ということについては特に何とも思わなかった。

ただ、不思議だったのは、キャッキャと騒いでいる彼女たちの会話の
内容がさっぱり分からないのだ。

「〜でね、それでね」
「ウフフフ。そうなの?」
という感じで、肝心の単語がさっぱり聞き取れない。

ワケわからんわ。

と思い、今度はザーッと水を流して、トイレのドアを開けた。
すると。

誰も、いない。

なんで?

今の今まではしゃいでた2人が、私が出ることに気づいて急いで出たんかな?
それにしては不自然。
それに、ドアが開く音もしてないし・・・。

まあ、外にいる友人に聞いたら分かることだ。
きっと
「失敗したなー」
という感じで、笑うはずだから。



「いや、誰も来んかったよ」

何事もなかったように、いつも身に着けているブラシで髪の毛を
いじりながら平然と言う彼女。

「いやいやいや。2人くらいがすっげー勢いで入って来んかった?
で、騒がしいから出てきたんじゃけど・・・」
「いいや。誰も通ってもないよ」

わざと嘘をつくようなタイプの子でも、ない。

とりあえずそこから一目散に逃げ出して、教室へとダッシュ。
待ち構えていた友人に、そのことを話したのだが・・・、
逆に確かめに行ったからといって簡単にそんな現象に逢ったという
私の方が疑われてしまうような雰囲気になってしまった。

で、何となくこの話は消えて行ってしまったのだが・・・。


今でも、あの会話の内容はなんだったのか、分からない。
ただ、あの時、ドアの外で聞いたいかにも楽しげな女の子の会話が、

今でも耳に残っているんだけどね。







スポンサーリンク



posted by うり at 09:47 | Comment(6) | TrackBack(0) | 怖い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 トイレの怖い話題にはホント事欠きませんね。仮に安普請な建物なら上階や下階の声や音が筒抜けなんてざらですが、学校のゴツイコンクリート天井&床ですからね。
 これは調べる・・ 怖いのでよう調べられまへん。(陰陽師失格?)

 アタシの通ってた高校ですが、当時木造でして。で、掃除の担当がトイレ(校舎とは別棟)でした。
 ところがある日、トイレの隅っこになんと!可愛いキノコちゃんが生えておりまして。極小型でうす紫色の地味〜な種です。先生と友達に見せました。友達は大爆笑。先生は苦虫顔。
 どうにも可愛いので、駆除せずに置いておくと次の日には無くなってました。先生が駆除したんだと思うけど・・
 が、後日、アタシは図鑑でキノコの種を調べてゾッとしました。そう、猛毒キノコだったんです。
Posted by ブーブブ at 2006年08月21日 00:07
 去年の夏だったと思うけど、公園でバーベキューをやっていた(してはいけないだろそんな事:笑)人達がそこに生えてたキノコを取って焼いて食べたら大変な状態になり病院に搬送されたそうです。道に生えてるモノをあえて食べる気持ちがわからない。

 しかし夏のBBQって、燃える太陽の下で(しかもたいてい河原の熱い石の上)鉄板に火つけ、変な匂いのする油を使い青空を灰色にし、焦げてガビガビになった物を煙に巻かれながら食べる・・・暑さに弱い私は書いてるだけで蒸し暑くなってきます。冬でもやりたくない(好きな方ごめんなさい)。それと蚊には刺されないのでしょうか。
Posted by みけ at 2006年08月21日 00:43
 そですよね。禁止事項を無視してバーベキューなんかやるから、毒キノコにあたる羽目になるんですわ。当然の罰です。キノコちゃんはそういう間違ったことをする人を命がけで成敗してくれた訳で・・(という事にしておこう)

 みけさんもバべは苦手ですか? アタシも嫌いです。蚊もワンワン出ますよ〜
 ついでに、酔っ払ってボール遊びして、川へ入ったボールとろうとして、足滑らせて(バランス崩して)土左衛門であがる者も居るんですな。消防レスキュー(赤い車)&警察レスキュー(緑の車)が駆けつけて死体をあげる訳です。
Posted by ブーブブ at 2006年08月21日 00:56
 寝ようとしてたけどおかしくてカキコしたくなった(笑)。自然は人間を成敗するのね。特に川や海、山とかに行く時は地元の人達の言う事を聞くべきですよ…。あっという間に天候が変わったりするし。釣りでもそうですねー、過信しないのがですねー、大事ですね。北芝さんと社交ダンス踊りたい(なぜ急に話がそうなる)。
Posted by みけ at 2006年08月21日 01:06
トイレの怪談の話が、なぜかバーベキュー話に・・・(^_^;)

それはさておき、私もアウトドア系はダメです。
テントで寝るなんてもってのほかです!
(ホテルでも寝付けないのに)
バーベキューは、主婦根性が備わってますので、後の片付けのこととか(あの油だらけの皿をガラスコップにつけないでくれ)とかそんなことばかりが気になって(しかも帰ってからの器具の掃除とか)あまり楽しめませんねー(^_^;)
男性陣は飲んだ後は転がってればいいかもしれないですけどねえ〜・・・。
Posted by うり at 2006年08月21日 16:58
連想ゲームみたいだ(笑)。アウトドアってゴミを持ってお帰りになっているのか気になる。川に油流したりとかしてないよね。これこそ「自己責任」だと思います。
Posted by みけ at 2006年08月21日 23:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック