クロージングは苦手です - ぶつくさブログ

2011年10月04日

クロージングは苦手です

先日、うちのパソコン教室で体験会という名目で新規生徒さんの募集を行った。

ここでは、実際の授業を体験する形で気に入ったら教室に入ってもらうのが目的。

なので、ただ教室を体験してもらうだけではダメで、うちの教室の利点、メリット
などを挙げつつ参加者にその気になってもらい決断してもらわなければいけないのだ。


だが、私は昔からそうなのだが人に何かを勧めるのは超苦手ふらふら

相手が望めば・・・と思っているので、営業や販売などで商品やモノを売り込むのはとっても
苦手だ。

だが、実際に普段授業を行っているのは私だし、正直、生徒さんの継続率も悪くないので
入ってもらっても満足させられる授業はできているのだろうと自負している。

だったら、もっと堂々と、自信を持ってアピールしてもいいだろうと思うが、それがなかなか難しい。

今回の体験会では、午前の部では9人参加中⇒4人入校、午後の部では6人参加中⇒2人入校の結果
となった。

特に、午後の部は先輩講師がサポートに入ってくれたのだが(これがまた逆に緊張に拍車を
かけるたらーっ(汗)

「さっきの人たち、もう少し推していれば絶対入校になってたよ」
「全然クロージングができていない」

とバッサリバッド(下向き矢印)

というか、先輩講師の言う「さっきの人たち」は、私の中では「日程も合わないみたいだし無理
かな」と思っていた人たちだ。
何を根拠にそう判断したのか先輩の見極めが分からなかったのだが・・・これもまた致命的かたらーっ(汗)

「日程が合わないって言うのはそう言っているだけだから、本当に気に入ったら日にちを合わせて
でも通ってくれるよ」

とのこと。

まあ、そうかもなあ・・・。うーん・・・。

しかも、精一杯クロージングしているつもりが相手には殆ど届いていなかったということも
分かった。

「よかったらどうぞ」と言う言い方では弱いのだが、ついついそう口走ってしまうたらーっ(汗)
でもこれって、普段の生徒さんとの接し方にも言えるわけで、そのせいで生徒さんを
御しきれていない自分の姿も分かるようだった。


そして、クロージングって、見た目に分かるくらいにしないときっと伝わらないんだな。

ということがここで改めて分かった。

だが、ここでも後で湧いた疑問が1つ。

それが分かっていたなら、なぜ先輩講師はそこで流れを変えてくれなかったのだろう・・・。



いやまあ、これは負け犬の遠吠えなんですけどね・・・。
posted by うり at 09:06| Comment(40) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近・・・巷では司会のことをMCといったり、
このように契約を取ることをクロージングといったりするですね。
http://www.aceed.jp/close/index.html
世の中の流れに疎いもんで・・・汗汗汗汗!!

♪家を建てるのハウ神宮うう〜、店を閉めるのクローズド大おお〜〜〜〜、閉店閉店クロージングっ。
でもでもでもねっ、ひとつだけっ、

わかんないいいいいい〜たらわかんないぃいいい〜。

どうして契約くろーじんんぐううう〜?


たいへん失礼いたしました。
Posted by riamn at 2011年10月04日 21:30
人にものを薦めるのって、相手がどういう状態であるかが重要だと思いますね。全く興味が無ければ来ないけど、それでも漫然と来られている方もいるだろうし…。押しが強かったので入った場合、あとで後悔する人がいないかとか思うと自分は薦めるの苦手なんですよね…。

何だったかなあ、優れたセールスマンは、「熱帯の国でも毛皮を売る」とか、「南極でも冷蔵庫を売る事ができる」とかいうのを聞いた事がありましたが…。強引さ、口のうまさとかなんでしょうか…。相手が後悔するだろうな、と思ってしまう私には無理(汗)。
Posted by みけ at 2011年10月05日 21:38
たしか昔、なにかで読んだ記憶があるのですが、一言も口を利かずにモノを売り込むセールスマンの話を聞いたことがあります。
つまり器用で達者なセールストークが出来なくても全く悲観する必要はない。
寧ろ、自分が喋るよりも、まず相手から話を引き出す工夫のほうが有効なのでしょうか。
絶妙なタイミングで相槌を打てる人っていますよね。つまりこちらがどんどん話したくなるような感覚に陥らせるのが上手い人。
人の話を聞いてあげるって意外と出来ない場合が多いんですよ。無意識のうちに自分のことばかり喋ってる。
そうなると話を聞かされているほうは、どんどん気持ちが萎えますよね。

自分の経験上、聞き上手の人に出会うと、自分自身が変わったような錯覚に陥ってしまう。
それって・・・凄いことなんだと思います。(笑)
Posted by riamn at 2011年10月05日 22:20
riamnさん

すみません、記事を書く時にクロージングの意味を書く予定だったのにすっかり抜けていました。

この作業って、相手の雰囲気とかにもよるので
予期せぬことが起こったらそこでもう頭が真っ白になってしまったり・・・。
相手は人間なので、あたりまえですが予定通りにはいかないです↓


Posted by うり at 2011年10月06日 20:02
みけさん

>押しが強かったので入った場合

そうなんです。相手が納得しきれていない場合、
後でキャンセルになったりクレームになったりするみたい。
どうやって、相手に納得させてなおかつある程度
強引に勧めることができるか・・・。

難しいですねえ。
Posted by うり at 2011年10月06日 20:06
みけ様。「北極圏の人々に冷蔵庫を売る方法について」(訓話つぶし)
http://1500.blogzine.jp/1500/2011/09/post_71bf.html

営業マンは誠実な人がいいなあ。
Posted by ukt at 2011年10月06日 22:27
>相手は人間なので、あたりまえですが予定通りにはいかないです

そうですね。相手は生身の人間ですから予め想定した通りには反応してくれませんよね。
そのためにマニュアルというものがあるとしても。
マニュアルと云うのは、あくまでも実践のための参考であって、それに頼れば全ての物事が円滑に進むというものではありませんよね。
よくコンビニなどに行くといかにもマニュアルを実践していますというような対応に出くわします。客の立場としては確かに効率的で無駄を省いた対応をされると助かりますが、空しい気持ちになることもあります。
そう考えると・・・
人間と云うのは、つくづく勝手で我侭な生き物。(笑)
Posted by riamn at 2011年10月07日 20:14
>uktさん

ありがとうございます!そうそう、エスキモーの人に冷蔵庫を売る、でした。ほんと買い手のその後の事を考えてくれる人が良いです…。

>うりさん

あとでやっぱり嫌だった、という事になるともめますよね…。お互いイヤな気持ちになるし。まずは相手に好かれる事が前提だろうけど、押しが強かったら間違いなく嫌われると思うし…。かといって弱いとだめなのかと思うと難しいですね…。

>riamnさん

毎回、「何とかカードお持ちですか?」とか聞かれたり、仕方ないかもしれないけどちょっとイヤですね。言わないと、後で、「持ってたのに店員が言ってくれなかった!ポイントつけて下さい!」とかモメるのかもしれないけど。

店員さんと楽しく話せるお店が日本は少なすぎるー。とほんとに思います。マニアックなレコード屋や楽器屋なんか行くと楽しい店員さんがいるんですけどね。
Posted by みけ at 2011年10月10日 22:35
>uktさん

誠実な営業マン。
私も誠実な講師でありたいと・・・思いつつ・・・。

>riamnさん

マニュアル通りにしか動けない人もいますからねえ・・・。
そしてまた、マニュアルがあるからこそ進めやすいんですが、マニュアルはあくまでも叩き台。そこからどう応用するかが一番大事なんですが。

>みけさん

そうそう、言っておかないと後で何を言われるか・・・というのはあると思います。
言っておけば、後で「注意はしました。後の責任はあなた自身です」って言えるしね。
だから、品物の注意書きがバカみたいなことになるんですよね。

http://q.hatena.ne.jp/1155896525

↑面白い注意書きを見つけました。
どれも大真面目に考えてるんだろうなあ〜。

店員さんと楽しく話せるのは、やはりマニアックなお店ならではなのかも・・・。
たまに、スーパーでも、説明だけじゃなく個人的な意見とか言ってくれたりすると親近感を感じますね。
Posted by うり at 2011年10月11日 08:42
マニアックなお店で、そこの物が大好き、という店員さんや客同士の会話は楽しいですね〜。マニュアルは従う方も楽ですが、店に個性がなくなりますね。

面白い注意書き、今はほんとよく見かけますね。食品などのアレルギーについては、念を入れて書いた方が、それぞれの方にとって安心だからいいなと思うけど(昔は全くなかったですし…)、文具を食べないで下さいとか、ドライヤーを洗濯機に入れないで下さいとか、ほんとはおかしいんですよねw 元々は、弁護士の数が増えすぎた合衆国で、80年代頃からこの手の下らない訴訟が増えて、それらに苦慮した企業側が、こうした注意書きをたくさん書くようになったのが最初だと思います。

どこの国でも、弁護士はモメごとあってナンボで、それで成り立っているものです。良心的な弁護士ならやらないようなイチャモンのような事案でも、やりましょうと言って、あれこれそのつどお金がかかるように、さらにもめるように仕組むような人間も残念ながらいるわけです…。

私が見たのは、日本ですがストーブ説明書に、 ≪※使用中のストーブに洗濯物をかけるのはおやめください(火災の原因になります)≫ ってのですね…。
Posted by みけ at 2011年10月13日 20:36
少し前にうちの妹と神戸に買い物に行った時、雑貨好きの妹に付き合って行ったお店が、
紙のお店、ボタンのお店・・・と言った感じで、
一般人の私はただひたすら感心するばかりでした。

こんな小さな小さな商品を売って生活している人もいるんだと新鮮な驚きでしたねー。


変な注意書きはPL法のせいなんですよね。
当時、会社で仕事をしていて、一度にすごい量の
いろんな品物の注意書きをチェックしなければ
いけなくなり、そのアホさ加減に苦笑いしたもんです。

でも、今やそれが普通になってるし。
逆に、こちら側もついお客さんに念のために
必要以上に確認をすることも増えてたり(^_^;)
Posted by うり at 2011年10月14日 22:19
PL法、そういえばあれから大変だったw 今では当たり前になってる事もほんとに…。常識とかそういうのって、結局流動的なんですよね(^_^;)

それぞれのお店、って大好きです。大きなショッピングモールができると、便利だけどその土地の特色もなくなるし、それぞれの道のプロがいなくなっていく。

当たり前だけど商品って、売れなくてはやっていけない。買って、売って、それを続けないと現在の社会はやってけない…。通販番組、チラシなどなど見てるとどうしても必要な物は何もないけど、これいるのかな、と思わされて買う人も多い。

70年代から電通が以下の戦略十訓を持っていたのはよく知られるところですが…。

【もっと使わせろ、捨てさせろ、無駄使いさせろ、季節を忘れさせろ、
贈り物をさせろ、組み合わせで買わせろ、きっかけを投じろ、
流行遅れにさせろ、気安く買わせろ、混乱をつくり出せ…】

たしかに無駄使いさせたり、流行に乗せたりしないと物は売れ続けないけれど何かやはりひっかかってしまう。
Posted by みけ at 2011年10月15日 18:39
う〜ん。難しいところですねえ。
消費させて購入させないと経済が回らないし・・・。


その半面、100均のダメさ加減に対抗してか?
高級品も注目されているようですよね。
ある程度の年齢になったら、安物すぎるものって
持つと余計に安っぽくなるし(^_^;)
これまであまり興味のなかった高級品を
私も考えてしまうお年頃です^^
Posted by うり at 2011年10月18日 08:44
「安物買いの銭失い」という言葉が昔からあるけど、そう思いますね。確かに安い=粗悪品は全体的に少なくなったし、100均モノとたいして変わらない500円〜くらいの物もあるから、ちょっとした物については何ともいえませんが、長く使い続けるならある程度の値段というのがやはりある。

それに長持ちするのはほんと(値段が高いだけの粗悪品もあるけど)。

これまでの日本の高度成長期のやりかたは、本来ならずっと使える家具や電化製品などをどんどん買わせるための粗悪品が多かったと思います。もっと昔、戦後は海外でジャンク、といえば日本製品の事を指しました。≪リトルブラザー日本≫のこれらの物を主にアメリカが買ってくれ、日本の復興にかった(それが長期的にはアメリカの利益にもなる)のでした。

しかしその中でカネ至上主義とか、ブームに乗る等といった愚かな人々が増えたのも事実です。日本が大好きでずっと日本に住んでいるフランソワーズ・モレシャンは、バブル期の日本人の余りの金にたいする執着や歪みに落胆し、本気でフランスに帰る事を考えたそうですが、こんな異常な時がずっと続くわけがない、と日本にいる事を決めたそうです。

まあ急に豊かになっちゃったんでしょうね。今の中国とか見てると、その昔日本も大体こんな感じだったのだろうなと思ったりもします。その見苦しさは、豊かな事が当たり前になって、心に余裕ができてはじめて解る事だと思うので仕方がないと思っています。

お金って、みんな欲しいと言うけど、必要以上にあると本当に欲しいものがわからなくなると思います。バンコランが、「私たちには生活するだけのお金はある。大金など必要ない」みたいに言ってたと思いますがw そう、ふつうに生活するお金は必要です…。
Posted by みけ at 2011年10月18日 20:22
実は私は、その安物買いの銭失いなんですが・・・(^_^;)

最近は靴やバッグなんかは、少し出してもいいものが欲しいなと思うようになりました。
以前は本当に使い捨てって感じだったんですけど、あまりにも傷みが早いしね。
ちょっと引っ張っただけで取っ手が取れるバッグなんてありえない(>_<)

お金はまあ、あるに越したことはないですけどねえ・・・。
あってもあっても不安、というのはあるかも。
Posted by うり at 2011年10月20日 23:32
お金…。大金は要らないなあと思ってしまいます…。うなるほど金がある(何か凄い言葉だ)とかだと、そこにたかる人達もいっぱいだろうし、色々騒がれてる王子製紙みたいなのとかでも全くうらやましいと思わない。つか怖い。

自身の才覚によって稼いだお金でも、それが巨万の富となると、マイケル・ジャクソンとか幸せではなかったろうなあと思うのでした…。

まあどちらも普通の人には関係ない話だからいいけど、女の人2が億円当たって、つきあってる男に殺された事件もあったなあ。大きなお金は人をおかしくさせますね。それに大金があると無駄買いの桁、量、金銭感覚が狂ってきます。

文房具、私は100均のが好きで…。見てるのも楽しいですが、安くてちゃんと使えるので。物によっては100均のほうが高いようなのもありますね。少なく入って100円の食品とか。

>安物買いの銭失い
そうですねー…。靴やバッグとかは、時間をかけて選び、ある程度の物を長く使う方が結局はお得だし、物に愛着がわくかも。良い物だと修理サービスもあるし…(それも値段に入ってるからですが)。私はカタログで19800円の見た目良さそうな本棚を買い、3年もたなかった事があるので、家具はしっかりしたの欲しいなあと思います…。

あと物を増やしたくないですね。部屋は空きスペースがあるほうが綺麗に見えるし、壁に沿って全部が家具とか物が置いてあると何かすっきりしないw

飾り物もそんなに好きではないけど、もし置くとしたら1箇所、と決めてます。でないとゴチャゴチャになってしまう。あとは部屋を見た時に色んな色がないようにするとか・・・。

物を買う前にそれを置くところを考えてしまうのです(^_^;)。
Posted by みけ at 2011年10月22日 15:37
>女の人が2億円当たって、つきあってる男に殺された事件

ありましたね。まああれは、もともとダメな男だったというのもあるだろうけど、付き合ってる相手にそれだけの大金が手に入ったら、やっぱり何らかのトラブルになりそうですね。

うちの遠い親戚でも、ヘタに土地や財産があるために変な争いが起こってるようです↓

そうそう、私も買う前に置く場所を考えますよ^^飾り物とかは本当に興味がなくて、殆ど置いてません。
(以前は置いてたんですけど、すぐにホコリがたまるしね)
Posted by うり at 2011年10月23日 19:25
男の人が宝くじで2千万?当たって、それを知り合いに話したら、そこらじゅうにその話が広がって大変だったというのを聞いたなあ。ほとんど知らないような人がお金貸して、とか言ってきて、断ったら恨まれたとか…。2億円のも、確かに相手の男もダメな人かと思うけど、お金に困ってたら…。棚からぼたもちなんだから、俺にくれてもいいだろうとか思ったのだろうか。

あと、着服とかして何億円も使い込んだ、というのもよくあるけど、ロクな使い方してない。ギャンブルで使い果たしたとかむちゃくちゃ。

「うちは財産なんて何もないから」とか言ってても何かはあるから(借金しかない人もいるけど…)、その場合棚からぼたもちなんで、小額でも争いが起こるんですよね…。親戚同士とか兄弟姉妹同士で争ってしまう。ある程度お金があると、そんなのはいらないって開き直れるかもしれないけど…。

飾り物はホコリがたまりやすいですよね。置くなら、それ以外は何も置いてはいけないと思います
。でないと日用品と混ざってガラクタみたいになっていくw 店で可愛い置物とか見てもその店で眺めるだけで私は買いません(^0^)。

ポスターとか額縁でも、どうしても飾りたかったら色んなとこじゃなくて一ヶ所でやらないと見苦しくなる気がして。ポスターは1つだけ額に入れて飾るとか。部屋に置いた時の事を考えるとまず買わなくなるけど、それで困った事はないんですよね。
Posted by みけ at 2011年10月25日 22:04
>着服とかして何億円も使い込んだ

そうですね。まず残らないような破滅的な使い方・・・。
投資したとしてもめちゃめちゃだし。

私も飾り物はどっちでも^^
好きな人は好きみたいだけど、よ〜〜く考えて、これ今いるものか?と思うとそっと元に戻します・・・。
基本的に、モノには興味がないのかも。
あ、服は好きなのでなんか買っちゃいますけど(苦笑)
Posted by うり at 2011年10月28日 08:13
素敵な(なんかこの言葉にはむずむずするw)物を見ると、自分の家とかより、飾ってあるその店にある方がずっと良い物に見えるしなあ…。マッチする雰囲気が店に作ってあるわけだし、置き物の場合、個人の家に色々あると一貫性がなくて何かおかしい雰囲気になる気もするし…。

関係ないけど、100均におにぎりケースもありますね…。三角のプラケなんだけど、あれも微妙です(^_^;)。
Posted by みけ at 2011年10月29日 19:11
そうそう^^
雑貨屋はそれなりの雰囲気を作ってますからね〜。
それだけポンと買ってもおしゃれにならないわけで・・・。

おにぎりケース(^_^;)
ありますねえ〜。
タッパーじゃダメなのかと思いますが・・・。
Posted by うり at 2011年10月31日 07:40
タッパーに2〜3個入れればいいんじゃないのと思いますねw あの三角の形に作るかどうかもあやしいし。

バナナケースなんかはもっとおかしいけどw ケースの形状と明らかに違うバナナの方が多いのでは…。

雰囲気のあるところにあってこそ映える雑貨の方が多いですよねw あと日本の一般の家は間接照明も少ないし、置物の為に広い空間を取る事自体をしないから、小物がそこらじゅうに置いてあるのが多い気がします。
Posted by みけ at 2011年11月03日 14:59
>あの三角の形に作るかどうかもあやしいし

ですよね(^_^;)
というか、もうあのままご飯詰めちゃう?
あ、そうするとおにぎりじゃないか・・・。
やっぱいらんわ(苦笑)

小物をちゃんと飾ろうと思ったら、やはり
トータルコーディネートは必要だろうなと
思います。
私はそれができないし興味ないからしないけど(^_^;)
Posted by うり at 2011年11月05日 07:55
初めて見た時、あのおにぎりケースは、おにぎりを作る型、だと思いました。あと3個くらい入るという家型のおにぎりケースもこないだ見ました。商品化されるという事はそれなりに売れるのか…。

物が多くて家が変な事になってる人のとこは、このテの物が多いのかもしれません…。

可愛い小物、いいなあと思ってもどこにどう置くか、と思うと買えないんですよね〜…。ある程度の大きさのある物を買った方がまだいいのかもしれないけど、それも置きたくないから結局買わないw 以前に、置物をよくくれる知人がいて困り続けていたのでそのせいもあるかもしれないw

贈り物は難しいから、消耗できるものがいいと個人的には思いますw 食べ物でも、好き嫌いがあるから難しいですけどね。
Posted by みけ at 2011年11月06日 20:55
私もそう思ってた(^_^;)
でも、ケースだったんで驚き。

そう言えば、バナナツリーっていうのもありますね。
バナナをぶら下げておくグッズ。
なんでこんな、バナナ関連のグッズが複数あるのかも不明です。

贈り物は難しいですね〜。
残るものをあげたいなと思う時に、ホント困る。
この時は、自分のセンスと感覚をひたすら信じるしかないと・・・。
Posted by うり at 2011年11月08日 08:02
食べ物でも、相手が嫌いな物を送ってしまったら申し訳ないですしね。プレゼントでお互いが気まずくなるならやらない方がいいのかとか。

かといって、アマゾンだったか?のサービスで相手からもらった物と同額の、自分で選んだ物と未開封のうちに交換できるとかいうのは何となく・・・贈り物なんだし。

こういうの使わないな、と思った物でも使ってみると良かったり、つまらないかもと思った映画や小説がすごく良かった事もあるので…。

でもバナナケースやバナナツリーはいらないw
Posted by みけ at 2011年11月12日 16:04
そうそう、贈り物って、自分は買わないけど欲しいものが一番しっくりくる気がします。
まあ、それを分かるのは相手のことを見てないと分かんないんですけどね。

カタログの引き出物が最初に出た時も賛否両論でしたね。
便利なような味気ないような・・・。

私は二人が選んだものでいいと思うけど、あ、でも二人の顔写真入りのお皿とか時計はいらないわ(^_^;)
Posted by うり at 2011年11月13日 07:50
顔写真入り、名前入りのグッズはアレですよね…。英国ではウイリアムとケイトのその手のグッズが売れたけど、私はあれでもいらないなあ。人の顔写真が皿にあったりするのって。

あと、友達夫婦の名前と、なぜ結婚したかという簡単な文章が印刷されている地下鉄で使えるカード、をもらった事が…。ありがたく使わせてもらったけど、もにょっときた。

カタログギフトは便利だけど、あんなにたくさん選べる種類があって、欲しい!ってのがないのが以外というか…。多すぎるから逆に迷うのか…。
Posted by みけ at 2011年11月13日 17:54
最近は、結婚新聞とかあるみたいですよ(^_^;)
http://bridal.nspcorp.jp/

これは後から読むと恥ずかしいなあ〜・・・。

カタログギフトは確かに選ぶのが難しい。
一度、出し忘れてたら自動的に選ばれたのが送られてきて、スプーンセットだった(^_^;)
これまた困りました・・・。
Posted by うり at 2011年11月15日 16:42
これはひどいww 恥ずかしいけど、どや顔で眺めてる当人達もいるのでしょうか。まあ自由ですが痛いなあ…。正直、年賀状に赤ちゃんの写真使うのも何か私は痛く感じる…。すごく仲がいいとかならまだいいんだけど。余り知らない人から、そこの子供の生まれた日時が大きく印刷されてて、≪○○家・長男・×志誕生――≫っていうアップの写真年賀を頂いたのがムダに忘れられない。まあ100枚単位で印刷してるからだろうけど、そういう内輪のはPCで数枚作るとかにとどめられないんだろうか。

あと、おじいさんとかが、孫生まれた時にその日の新聞やその年の紅白歌合戦を録画して保存してたりするのが正直理解できない…。

カタログギフトは、出し忘れてるとハガキで締め切り教えてくれますねw それでも忘れてると勝手に何か送ってくるけどスプーンでしたか…。まあ使える物だからまだ良かったのではw 家の中で何故かなくなるスプーンがあるのは、家に住んでいる妖精が鏡に使っているから…とかいうのを聞いた事がありますが(^_^;)。顔が逆さに映るw
Posted by みけ at 2011年11月18日 20:34
年賀状の子供の写真は賛否両論ですね。

家族持ちの人は比較的好意的だけど、そうじゃなければ本当に不評。

私は写真が苦手なのでやらないけど、家族写真、子どもの写真さえ用意しておけば年賀状の中身を考えなくてもいいから楽、という考えもある気がします。

スプーンセット、結局未だに使用してます。もう10年は経つけど、モノがいいのか綺麗なままです。
もしかしたら結果的に正解だったかも・・・?
Posted by うり at 2011年11月19日 07:38
日本人って、実際は目立ちたがり屋だと思うんですよ(^_^;)。だけど和を乱すような事は恥ずかしくてできない、でも年賀状という、普通に出すものなら…と内輪の事を人に知ってもらいたいというような感覚があるのではと。

でも受け取る方は、すごく仲が良いとかならともかく、それこそ顔も知らない人の子供写真とか見せられても、何を思っていいのかと困惑してしまうのでは(私がそうで、何で不特定多数の相手に自分の子供の事をさらそうと思うのか解らない)。

幸せなのは微笑ましいが、それを人に知らせようというのは気をつけた方がいいというか、行儀が悪いと思ってしまう。例えばのろけ話は本人にとってはいいんだろうけど、聞かされる側にとっては何も関心がないので疲れる。

先日、清水健太郎受刑者の妻が逮捕されて、二人がのろけている当時の会見が流れていたので何か今、余計にそう思ってしまった。 「彼の事はぁー、ふふふ…。ダーリン、って呼んでま〜す! きゃあ〜、きゃあ〜」とか大騒ぎしていたがどう見ても、はしたなかった。ブログで自分の写真をアップしていたのも何というか色々痛々しく、ああいうのは内輪でやるならまだしも、公開するものではない気がした。おおきなお世話ですが。

スプーンは使えるし、良いですよね。昔の引き出物はかさばる上に使いようのない物が多かったみたいなので…。「大きいことはいいことだ」みたいな。
Posted by みけ at 2011年11月26日 15:13
>何で不特定多数の相手に自分の子供の事をさらそうと思うのか

私が一般的にお母さんたちを見て感じるのは
自分の子供=かわいい=周りの人も同じ気持ち
という人が多い気がします。
母は盲目というか・・・。
なので、不特定多数の相手に見てもらって、可愛いと言ってほしいのではないかと・・・。

のろけ話(苦笑)
これ、本人はそのつもりがなくても結果的にそうなってるって言うのはありますよね。
特に、恋愛初期はそういうことが起きやすいので
注意が必要です(^_^;)

清水元妻、逮捕されましたね〜。
清水受刑者に無理に勧められたとのことですけど、のりピーの時も思ったんだけど、そう言う状況にない相手に覚せい剤を勧める、ってことは
あまりないと思うんですよ。
つまり、勧められる側にも覚せい剤を認めてもらえる雰囲気があるのではないかと。

じゃなければ、一般家庭なら即離婚だと思うので(^_^;)
Posted by うり at 2011年11月27日 08:02
猫や犬なんかの場合は、好きな人からしたらどの猫、犬でも可愛いから、カレンダーやグッズになるけど、人間の赤ちゃんはないですよね…。客観的に見たらようは可愛くない…あれは自分の子供とか孫だから可愛く見えるのでしょう。盲目状態で客観性を失ってるからわからないんだろうけど。

のろけ話も同じで、人からしたらどうでもいい内容になってると思いますw 孫自慢とか。 

覚醒剤…。勧めた、勧められた…ってたしかに。もちろんそのひとがどういう状況にあったかは、本人にしかわからないけど…。でも、勧める側は相手を選ぶでしょうね。離婚いぜんに通報されたら終わりだし、自分がそれを使えなくなる。一度依存してしまったら抜け出すのは難しいはずなので、立ち直ってほしいものです。

拘置所、刑務所ではもちろんできないんから、その間に本当にやめられるといいですが。でも、釈放されたら、誘惑されても自分の意思で絶たなくてはいけない。芸能人は周囲に誘われてやってしまう機会が多いのでさらに大変でしょうね。
Posted by みけ at 2011年12月04日 19:19
人間の赤ちゃんでも、外国人の赤ちゃんならそれなりに見えるから不思議^^
日本人ってやっぱり白色人種にコンプレックスがあるから、細い=綺麗と同じように外国人=綺麗、可愛いとすぐにフィルターが変わってしまうのは不思議です。

覚せい剤を何度もやってしまうというのは、やはりそれだけ魅力があるということなのかなあ?
よく分からないし分かりたくもないけど、やめたいけどやめられないジレンマは誘惑が多いと精神的に強くないとね・・・。
Posted by うり at 2011年12月04日 22:08
阪神ジュベナイルフィリーズ 最新情報をもとにオッズに惑わされない独自の予想法で万馬券を掴みとれ!競馬歴の長い人も必見の誰もが驚く枠馬を大公開!
Posted by 阪神ジュベナイルフィリーズ at 2011年12月05日 10:56
日本のCMやカタログって外国人多いですよね。その外国人というのはアジアやアフリカではなくて欧米系。これを多民族国家でやると、白人以外は「自分はターゲット外なんだな〜」「私には関係ないか」等と思うものですが…。あとイミフな、間違った英語とか。

>人間の赤ちゃんでも、外国人の赤ちゃんならそれなりに見えるから不思議^^

そうかなあw 美形もいるけど大半は普通かアレですけどね(こら)。どこの国でもそうだけどw外国人の赤ちゃんグッズとかあったも売れないと思います…。ねこ写真付の手帳は欲しいけど赤ちゃんの写真がついた手帳はいらない(^_^;)。

覚醒剤は、いちど中毒になってしまうと、抜け出す為にすごく努力してリハビリしても、そして毎日が誘惑との戦いらしいです。喫煙なんかでも精神力では抗えないと感じるほど、やめたくてもやめられない人多いですからね。それ以上なんでしょう…。薬物依存、というのは本当に恐ろしいものだと思います。
Posted by みけ at 2011年12月05日 20:01
>イミフな、間違った英語

ありますね、Tシャツとか^^
堂々と『Kill You』なんてありえないと思いますもん(^_^;)

でも、外国で売られている漢字Tシャツも大概ですけどね。
この人、この意味分かってんのかな?と思いますが日本人と同じですね。

外国人の赤ちゃん=可愛いってステレオタイプになってる気がするんですよ。
確かに、あまり・・・な外国人もいるにも関わらず(^_^;)

覚せい剤も怖いけど、煙草やお酒も度を過ぎると依存度が怖いですね。
煙草を吸う友人とも話してて、何度も禁煙してるけどホント無理みたいです。
ダンナさんもたった1日の休肝日さえ作れないみたい。
お酒がないと眠れないって言うけど、そんなわけないじゃん!私寝てるし、疲れてたら寝れるって。といつも押し問答です・・・。
Posted by うり at 2011年12月08日 08:32
外国の人の日本語や中国語の、特にイレズミは…(^_^;)。読めない人からすると、漢字ってすごく神秘的に見えるというしw 私はアラビア語が綺麗に見える…。あれで「大根98円」とか書いてあっても神秘的に見えるんだろうなw こゆい宍戸開がEテレで『アラビア語講座』やってますが、やっぱり文字から文法から難しいです。

服のカタログとかで外国(欧米系)人を使うのは日本が一番多いのでは…。買うのは日本人で、ターゲットも日本人なのに変ですよね。日本にいる欧米系の人向け商品なら分かるけど。あと、爺さん向けの服とかでもスタイルの良い3〜40代の欧米系男性とかが出てるのがあるけど、あれも何とかならないのかw ステテコとか。

服は、たしかにスタイルの良い人が着ればかっこよく見えるんだけど、本当は平均的スタイルの人に、カタログでは服でもバッグでも持って出てほしい。その方が参考になるはず…。でも売る側としたら、と思うと無理か。

禁煙治療薬は8割くらいが成功するとか聞きましたが、どうなのでしょうね? 個人差もあるのかな…。煙草ってイメージ悪いとか迷惑などもそうだけど、お金もかかりますよね。治療でその時お金を少し使っても、それで吸わなくていいようになるなら安いものだし、体調も良くなると思いますね。そして、吸わないとイライラする気持ちもなくなっていくだろうし。吸うと落ち着くとかいうのは、依存状態になってて禁断症状が起こってるだけですから…。吸う時間ももったいない気がする。

あとお酒ないと眠れないって、それは習慣になってるんですよね。で、眠りが浅くなってバランスが崩れたりして余計寝れなくなる。寝酒するくらいなら、睡眠導入剤飲んだほうがいいといいますね。

依存状態になっていたとしても、煙草やお酒なら結局は意思なのでは…。重度のアル中は違うのかもしれませんが。「やめられない」というけど、やれる環境があって、買うお金もあって手を出すのだから、拘置所や刑務所ではやりたくてもできないわけですからね。最初に依存にならないようにするのが一番いいんだろうな…。
Posted by みけ at 2011年12月12日 20:09
アラビア語で大根98円(笑)
いや、それでも神秘的に見えますよ(^_^;)

>本当は平均的スタイルの人に、カタログでは服でもバッグでも持って出てほしい。

そう、私もそう思ってたんですけど、やっぱり、それじゃダメなんですよ。
カタログとか見てたら、綺麗なモデルさんが本当に何でもない服(というか普通に着ると絶対にダサくなりそうな服)をオシャレに着こなしてるのがやっぱりすごいなと。
よく見ると、普通の長Tにジーンズなんですけどね。

禁煙治療薬はダンナさんが使って禁煙しましたよ^^
一番大きいのは、やめるためにある程度のお金がかかっているって意識ね(^_^;)
こんなに高い薬なんだからもったいない、と思うと頑張れたみたいです。
今では逆に煙草を吸う人を蔑んだ目で見てますからねー。いや、あれはあなたでしたよ、って感じです。

吸う時間ですが、これもかき集めれば結構な時間ですよ。
ダンナさんが吸ってた時に、外食して食べ終わってもすぐに帰れなくて煙草を吸い終わるまで待ったり、出かけてもそう。
思えば長い時間付き合った気がします。
今は食べ終わったらすぐに帰れるのが本当に嬉しい(^_^;)
Posted by うり at 2011年12月13日 08:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/228678991

この記事へのトラックバック
Copyright © ぶつくさブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート