2006年10月19日

イジメ自殺のニュースを受けて・2

またまた、イジメによる自殺が起こったという報道があった。
今回は、中学生の男の子。
ニュースで知る限りでは、同級生だけでなく担任の教師からの仕打ちもあったとか。

ワイドショーでは、弔問に来た教師に罵声を浴びせる父親の声も流れていて、最初は前回の女の子の時のように「自分だって気づかなかったのに、なんで人のせいにばっかりするんじゃ」と思ったが、別の局では取材に応じた
父親が息子のそういう状態に気づけなかったことを自分で責めていた場面も
報道されていた。

但し、このシーンはその時のみで、後はひたすら罵声シーン。やっぱり、報道する側もより過激で印象的な部分しか報道しないんだなと何となく納得。

で、教師の仕打ちというのが確かにヒドイ。
母親が自分に打ち明けたその少年についての相談事をベラベラ喋ったり、
太った女の子を「ブタ」扱いしたり、などなど。
傍若無人も甚だしい。

ただ、こういうタイプの人って自分のことを誤解しやすいことは確かだ。
人をわざとおとしめることを言うとそれが一部の人には受けたりすることが
あるので、「面白いことを言っている」と思い込んでしまう気がする。
実際は、言われた相手はとてもとても傷ついていることに気づかずに。

実際、割と人望も厚い教師だったらしく、生徒の中には「キツイことを言うけど面白い先生」だという声も聞かれたようだ。
かくして、そんな声を受け止めつつ、教師はそういう自分の言動を自分のスタイルにしてしまったのではないだろうか?

私が中学の頃を思い起こすと、やはりヒドイ教師はいた。出来る子へのあからさまな贔屓とそうでない子への扱いの差が激しい先生や、出来る子しか見ていない先生など、いろいろだ。
そんな中で、私も先生って言っても完璧じゃないんだなー、みたいなことを
思ったりしたわけだが(^_^;)

そんな話を、義妹と母と3人でしていて、「昔は体罰って普通にあったよなあ」という話題になった。
ちょうど、先日も友人との話の中で「私なんか出席簿でばんばんアタマ叩かれたよ」とか「竹刀でオシリ叩いとったよ」という体罰話をしたのを思い出していた。(出席簿という響き自体が懐かしい)

私も小学生の頃、忘れ物大王だったので往復ビンタをくらったことがあるし
(でもあまり懲りなかったけど)、友人が言ったように出席簿で上からアタマを叩かれて本気で『背がこれ以上縮んだらどうしてくれるんじゃ』と腹が立ったり(腹立つのはそこか)、それよりももっともっと、激しい体罰をされていた人もザラにいたのだ。

「お母さんの頃はなあ、ソロバンの上に座らされたんよ」

へ。

「デッカイソロバンがあったんよ。その上に座らされて、足の間になんか
挟まされるんよ。そんなん今やったら大問題じゃろ」


そ。それは母よ。ある意味苦行ではないか。


私なんかは、悪いことしたんならゲンコツとかビンタとか全然やってくれ、って思うけど、なかなかそういうわけには行かないのかねえ〜・・・。




スポンサーリンク



posted by うり at 08:48 | Comment(13) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ソロバンオソロシス…。忘れ物大王といえば私はランドセル忘れて登校した事が3回程ありました。最近もカバンを忘れて出勤しそうになりましたが、とりあえずDNAのせいにしています(しかし近親者の中で忘れ物が激しいのは私しかいない)。

 いじめる、という言葉はニュアンスが軽くなるのでいやな感じですね。売春を援助交際と呼ぶような日本語の曖昧さがあるというか、そう呼ぶ事で問題に対峙しないようにしている気がする。えっ、ケベックでは何て言うですって(聞いてない聞いてない…)。ヴィオロンセ(バイオレンス)とかですねぇ…。

 上の教師に限らず言葉で中傷したりしてもコミュニケーションとかワケわかんない事を言う人いますよね。ユーモアとか、英語の意味わかって言ってると思えないけど、言葉で人を傷つける人って、殴ったりするのと違うから自分では気付いてないのかもと思ってしまう。罪悪感持ってないとしたら教師以前の問題だし…。こういう人って同じ事繰り返してると思うので傷ついてる人たくさんいるんだろうな。こういう結果になってはじめて驚いてたりしてたら悲惨としかいえない。
Posted by みけ at 2006年10月19日 21:52
 壁に貼ってある「学級の目標」みたいなのをしっかり読んどけ、と教室の後ろに立たされた人が、ぴりぴりした雰囲気の中、大声で音読しだしてウケをさらっていました。中学一年の頃。芸達者というか、いかなる状況でも笑いを追求できるのは性格なのか才能なのか。

 それにしても今度の教師はひどい。父親がひどい罵倒をしていたのには、子供の味方になって真剣に怒れる、いい父親の感じが胸に染みました。北海道のは何が違ったんだろう…。そして子供は逃げ場がなくて自殺したのに、教師は病院に逃げちゃった。やな話ですね。

>みけさん
 「売春」も、文字の組み立てをよくよく見れば、なんとなく美しい表現のような気がしてきます。悪い場面でしか使われてこなかったから悪者にされているけど、「春を鬻ぐ」って、きれいじゃないですか。使われ始めた頃は、これもかなりぼかした言い回しだったんじゃないか、なんて、外で言ったら怒られる。
Posted by ukt at 2006年10月20日 00:33
みけさん

ランドセルを3度・・・。
ごめんなさい。ちょっと受けてしまいました(笑)
私の忘れ物はとにかくひどくて、毎日何かを忘れてるのね。なのに、全然懲りなかった。おかげで大人になっても財布を忘れてバスに乗るわ、買い物に行くわで今もそのクセは治りません(泣)

この教師はこういう事態になるまで気づかなかったんじゃないかな。
もし問題になってなければ、傷ついた人を弱虫扱いにでもしてそうな気がする。

あ、でも1つ、大切なことを書き忘れてました。教師を槍玉にあげるのはまあいいとして、本当の問題はこの子を実際にいじめてた子たちですよね。
一体今、どんなこと考えてるのか・・・。ちょっとでも反省してたらいいけど、反省したって亡くなった子は帰って来ないってことを知るべきだと思う。

uktさん

そのエピソード、いいですね(^_^;)きっとこういうタイプの子って、例えいじめられてても気づかないような気がするわ。
この子くらいの神経だと頼もしい。確かに今の子供はちょっと繊細すぎな面もあるかと。

「売春」も「援助交際」も、もっとカッコ悪い言葉だったらしたい人がいなくなるかな。
前に、中島らも氏が「暴走族」のことを「珍走団」と呼ぼうというのを読んだことがあって、なるほど、これなら皆躊躇するよなって思ったことを思い出しました。
Posted by うり at 2006年10月20日 21:57
<uktさま

 そうですねー、春を売るなんて考えたらほがらかな感じがする…適切な言葉はないのだろうか。

 「万引き」も窃盗といえばいいのにとか、強盗傷害とかも「おやじ狩り」なんて言われると軽い雰囲気になってしまうし、定義づけって大事な気がしますね…。

<うりさん

 いやー、ドジでして(そういう問題か?)。サイフ忘れて買い物してレジで愕然とした事もありまーす…。私ら(複数形にするな:笑)サザエさんのOPみたいですね。

 特にいじめてた7人子達は葬儀で笑ってたとか鬼のような噂があるんだけど、どうなのでしょうね。残酷ないじめをする子達がどれくらい想像力があるのかと思うと、良心の呵責とかなさそうな気がして…。だって、いじめなんてやって「楽しい」という子供達ですよね…。
Posted by みけ at 2006年10月21日 01:30
以前ウチのブログに書いたことですが・・・

中学の頃、一番厳しいグーで殴る生物のM先生は、白衣にボーズ頭で顔がヤクザ、常に出席簿携帯でパシンパシンやってました。しかし何故か文化祭のバンド演奏には理解を示して下さり、本番当日の校内放送で「○○ズ(バンド名)の諸君、そろそろ体育館にスタンバイ願います」と、カッコヨク紹介してくれたんですね。あのときのことは忘れられません。
ただその翌日から、いつもの厳しいM先生でしたけど(苦笑)

いじめは、お笑い番組で「いじる」って、あれも悪影響及ぼして、いけないよね〜。例えばふかわりょうとかがいじられ役だけど、あ、ここまでやってもいいんだ、って、大人ですらも誤解してしまう。現実社会であれはやっちゃいけない。

人間が複数集まると、俺はあいつよりはエライと、優劣を決したがるモノなのでしょうかね。猿山のサルだった記憶を克服できないんでしょうか。
Posted by テリー横田 at 2006年10月22日 12:07
みけさん

私らでいいです(笑)
自分でもまるでリアルサザエさんじゃん!!ってつくづく思いますしね(^_^;)

いじめた子たちの本当の心情ってのは分かりにくいとは思うんですけどねー。
例えば、1人ずつでは反省とかしてても、集団になるとそれが言い出せない雰囲気だったりしてね。
・・・と擁護してるつもりはないですが。

テリーさん

まるで、ドラマに出てきそうな先生だ(^_^;)
でも、思い返せば体罰をする先生って(私が出会った先生は)割と人気があったような気がする。
そういう先生って、厳しいところと砕けたところが同居しててそういうギャップに惹かれるんだろうな。
私が高校の時を思い浮かべた時、一番印象深い先生は常に竹刀持ってウロウロしてた先生だもん(笑)

TVとかの「いじる」状態は、確かに見てる側は面白く見ちゃいますね(^_^;)
ただ、ヤラれる側の芸人さんはヤラれてナンボだって分かってるからねー。
本当、実社会であれをやるのはダメだけど、子供たちは区別がつかないかもね。

>人間が複数集まると、俺はあいつよりはエライと、優劣を決したがるモノなのでしょうかね。

そんな気がします。今でも、そういう場面は結構遭遇しますからね。
で、誰かを貶めて自分はすぐに高見にのぼっちゃうのね。
自分だって大した差があるわけではないのにねえ・・・。
Posted by うり at 2006年10月22日 22:40
<テリー横田さま

 私もいわゆるテレビの芸人いじりをはじめて見た時、ものすごくびっくりして(ケベック育ちっすボンソワール:笑)、あとはどつき漫才とかも暴力にしか見えず「なぜ皆笑っているのだろう」と今も思います。でもその国の風土の中でおこなわれている事を悪いとは言えないですよね…ただ、どうしても意味が分かりません。人を傷つける事を楽しんでいるように見えます。。。

<うりさん

 たしかに特に未成年は集団になると虚勢を張る為に残酷な事をやったりという事が多いですよね。この子達は、こんな事をした揚句に棺を何度ものぞいて笑ったり暴言を放ったという事を将来どう受け止めるのか、何も考えないかもしれない、でも命を絶ってしまった側には何の将来も無いですよね、それが悔しいです。

 芸人の方がギャラをもらってああした事をしているというのは結局需要があるという事なのか、そういうのが視聴率を稼ぐのかと思ってしまいますが、局側が、「そういうのがウケる」と思っているのかなという感じもします。イージーな笑いを取ろうとしているような…。タレントという変な言葉の職業の方達の内輪向けの番組を本当に面白いと思って見ている人なんてそんなにいないと思うけど…。

 学校って集団だけど何か目的意識があって集団やってるんじゃないから、余計いじめが生まれるんじゃないかなとも思うのです…。

 リアルサザエさんウケました。私はしつけの名の下に、忘れ物をし、親が気付いている時も決して教えてもらえませんでした(笑)。おかげで忘れ物をしないタイプになったかといえば…それは秘密(ヒント:今も忘れ物しまくり)。
Posted by みけ at 2006年10月23日 20:35
 また、イジメの被害者が出ましたね。もう! 許せん!
 イジメの加害者は、イジメの事実を認めないからタチが悪い。認めてもそれに対し正当理由をこじつけるからプロの殺し屋顔負けだ。自分が虐めた事を認めたら、自分が当然裁かれるから、最後までシラを切り通す。学校側も加害者側に丸め込まれるのと同時に、学校のイメージが悪くなり、教員らの評価や給料に影響が出るのを恐れて、
「いじめの事実はない! 自殺者もしくはいじめられたと主張する側が、被害妄想の病を煩っていた。」
と言い切り、一方的に事件に終止符を打たせる。これ、事実です。
 今になりイジメが増えたのではない!  隠蔽されて来ただけです。大分以前より取り返しの付かない最悪なレベルに陥ってます。
 なんとかしろ! 自治体! 加害者の親共! 
 しっかり子供をフォローせんかい! 被害者の親! 
Posted by ブーブブ at 2006年10月30日 00:19
岐阜の事件ですね。
ここまでハッキリ出てるのにまだ認めないってのは、本当に往生際が悪い。
私的には、学校が全部解決できるとは思えないし、期待もしていない。だけど、学校側で認めなきゃ何も始まらないと思うのね。
学校が認めなければ、いじめた側ものほほんと過ごせてるような気がするし。

>今になりイジメが増えたのではない!  隠蔽されて来ただけです。

ホントだよね。なんか、朝もみのもんたがワイドショーでいじめに関する経験談が何千通来たって大騒ぎしてたけど(^_^;)
何を今更・・・って思ったよ。

今回の女の子は、いじめた子の名前を挙げてたけど、その挙げ方も恨み言を書いてるわけじゃなく、どっちかというと自分を責めてるような書き方だったのが気になった。
もっとも、ここで恨み言を書けるようなタイプの子だったら、自殺することもなかったんだろうけどね・・・。

Posted by うり at 2006年10月30日 09:05
 学校って、こんなにいじめを隠蔽しないといけなくないのか…。言ってる事が二転三転するというのは最悪だし、どこからがいじめか云々言い出したらいくらでも逃げ道があるし…。学校を責めてるんじゃないのにとにかく隠そうとするという姿勢がダメな感じ…。

 いじめって身体的な暴力もあるけど、態度や言葉の方が多いと思うんです。それに言われた事は心に突き刺さるし、言った方は、言う前に相手の気持ちを想像したりもしないんだろうな…。こないだ見たランキングの「心を傷つけた一言」は<ウザイ>でした。言われた方は全人格を否定されたようなショックを受ける…具体性を欠いた言葉だし。

 テレビでは芸能人が簡単に、キモイとかウザイと言っていて、大人はそういう事は社会の中では言わないけど子供は真似して学校という集団の中で使ってしまう。そこには言われる側がいて…。汚い言葉や配慮の無い書き方をしたい時期もあるだろうと思うけど、幼い頃にそうした姿勢が身につくのは怖い気がします。

 いじめも、起こってしまったらどう対処するかで状況も変わってくると思うんです。児童相談所などの形骸化の問題に似ていて、そこに関わる人達というよりシステムの問題が大きいのではないかという気がしてます。。。
Posted by みけ at 2006年10月31日 00:46
学校は学校で教育委員会絡みでややこしいことがあるようで。
それにしても二転三転ってカッコ悪い。お願いだから、先生方までそれに悩んで自殺しないでね。困るのは本当に残された子供たち。頼むから。

>いじめって身体的な暴力もあるけど、態度や言葉の方が多いと思うんです。それに言われた事は心に突き刺さるし、言った方は、言う前に相手の気持ちを想像したりもしないんだろうな…。

そっちの方が大きいでしょうね。でも、悪質だといわれてる側の気持ちを十分に分かった上で言ってる子もいるからねー。
本当に自分が経験しないと、その辛さは分からないけど、それじゃ遅いし、ましてやいじめっ子はいつまでもいじめっ子だもんね。悔しいけど。

>児童相談所などの形骸化の問題に似ていて、そこに関わる人達というよりシステムの問題が大きいのではないかという気がしてます。。。

そうですねー。集団になると、個って隠れてしまうじゃない?正義感溢れる人も、集団の中に入るとなかなかそれを発揮できなかったりして・・・。
本当に厄介だ。

Posted by うり at 2006年10月31日 09:38
 履修不足のほうで自殺者が出てしまいましたね、子供もいるんだろうに不憫です…。これも組織の中で結局責任所在とかはっきりしないというか…。

 いじめの方では、別に学校が「いじめがあった」と認めても、「だから学校が悪い」という風にはならないのに存在すら認めようとせず、最後にどうにもならなくなって認めるというのは…。

 相手にこう言ったら傷つくだろうと分かっていてあえて言う人もいますね…。言われている方はその時笑っていたとしてもずっと傷ついていると思う。
Posted by みけ at 2006年10月31日 22:36
やっと、認めたようですね。
しかも、何かハッキリしない認め方で余計にイライラする(^_^;)

どうも、校長は校長で定年後の身の振り方にも関係するとかでいろいろ大変なのは分かりますけどねえ・・・。
教育者なら、わが身よりも未来の子供たちを守って欲しいよ。
Posted by うり at 2006年11月02日 18:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック