2012年04月08日

高校生の頃の話をしよう

最近、高校の入学式を前にして息子から聞かれたことがあった。

「高校、楽しかった?」

息子いわく、小・中はなんか同じような感じで飽き飽きな感じらしい。
だとすると、確かに高校生活はこれまでとは違った科目も増えるし、
彼にとってはかなり刺激にはなるだろう。

息子の質問については、私としては
「楽しかった」としか言いようがない。

あまりいい友達づきあいができなかった私にとって、
新天地であった高校はパラダイスに近かった。

私が付き合いが悪くても、本を読みたい時に読んでいても、何をやっていても
それについてなんやかんや言われることはない。

てか、相手も好き勝手なことをしている。
そして、気が付いたらみんなそばに集まっている。

最高の友人たちだ。

バイトを始めてしたのもこの頃。
でも、今思うにこの年齢でバイトをしたからと言って社会人の大変さなど
全く分からないのではと思う。
お金を稼ぐ大変さが分かるとも言うが、ある程度楽なバイトなら、使っても
またバイトすればいいや、と思う。
逆に今より自由になるお金があったりして、それはそれは金遣いは荒かったあせあせ(飛び散る汗)

とはいえ、当時の私のバイト代はライブ代、TMとか追っかけるための資金へと消えて
行った気がするが・・・・。

まあ、何にせよいつも思うがやってきたことに無駄なことなど
何一つないのだ。
その時は分からなくても、後で思い返して気づくことは
いくらでもある。

だから、そうだなあ・・・。
子どもたちには、自分がいいと思ったことをやれと言いたい。

簡単に諦めるなと言いたい。

道を探し続ければ、どこかに出口はある。
なくても、引き返せばそれでいいのだ。


・・・なんて、すっかり使い古された言葉を書いてしまったが
本当に、それしか言いようがない。

こういう時は、奥田民夫の「息子」の曲が手っ取り早くていいな(苦笑)



それと、こんな話を息子としたせいか、最近聴いている曲はにわかに80年代オンパレードあせあせ(飛び散る汗)

大江千里

渡辺美里

岡村靖幸

林田健司

チャゲ&ASUKA

RED WARRIORS

UP BEAT

PARSONZ

COBRA

KENZI

THE PRIVATES(今ここ)

と、なんかいつの間にかバンドブーム時代に移行していたふらふら

通勤途中、YOU TUBEの曲を追っかけながら聴くことになるので、
関連動画から流れ着いているたらーっ(汗)
で、時々飽きたらボカロや声優ソングを交えつつ、アジカンやらその他のバンド曲を
ごちゃまぜに聴きまくる毎日。

でも、あれね。
昔から好きだった曲って、結局今も変わらずやっぱり好きだなと痛感する。

千ちゃん(大江千里)の曲にしたって、あんなにたくさんの曲があるのに、何度も聴きたいのは
その一部分。
チャゲアスは、私はチャゲ派なのでどうしてもチャゲボーカル曲に偏る。
レッズを聴けば、ユカイはあんなにカッコよかったのになぜこんなことにとか
(いや、今の姿はあれはあれでいいけど)
UP BEATもカッコよかったけど、どう考えてもバンド名がダサいとか
そんなことを考えつつ・・・。

あ、驚いたのはPARSONZが活動中だったことだわーい(嬉しい顔)
ボーカルのJILLの姐さんぶりは健在で、少し感動した。


曲や歌詞自体に新しさは特にないけど、JILLの声が変わらず聴けるのが嬉しい1曲。


タグ:1980年代

スポンサーリンク



posted by うり at 15:46 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>私が付き合いが悪くても、本を読みたい時に読んでいても、何をやっていても
それについてなんやかんや言われることはない。

てか、相手も好き勝手なことをしている。
そして、気が付いたらみんなそばに集まっている。

最高の友人たちだ。

必要以上に相手の領域には踏み込まない。でも互いが互いを必要とするときには互いが何を言わなくても通じ合える。そんな素敵な関係性を高校時代に確立できたうりさん。
僕とは全く真逆!!
でも、その頃にしか体験できないことを体験できたことは、結果、僕自身の財産になっている。
そんな当たり前の事実に気付かされる昨今です。(笑)


>大江千里

渡辺美里

岡村靖幸

林田健司

チャゲ&ASUKA

うんうん。ここまでは納得!!

で・・・
RED WARRIORS

UP BEAT

PARSONZ

COBRA

KENZI

THE PRIVATES(今ここ)

うぅ・・・なんだか時間軸がぶれまくってくらくら眩暈が!!

ここはどこ?わたしはだれ?みたいな。


そうか。レッズでロックンロールの不良の美学に目覚めたんだっ!!と勝手に解釈。

そして・・・

そこからはみんなが前に向かって進んでいるのに、ひとりだけすたすた戻り始めたわけ!!

と、また勝手に解釈。


お〜い・・・戻ってこいよぉ〜ってみんなの声が聞こえそう。


すみません。勝手な妄想です。(笑)
Posted by riamn at 2012年04月09日 22:44
そうですねえ〜。偶然かもですが、ほとんどの友人の血液型がB型です。
それ以来、B型には親近感を感じるし、つきあってても楽ですね。

私の音楽遍歴、おかしいですか?(苦笑)
当時、私の音楽情報源ってミュージックTOMATOというPV番組だったんです。
それを見ていると、いろんなアーティスト、バンドの曲と出会えて、そっから気に入ったアーティストを追っかけてたんです。
それはそれとして、前から聴いているアーティストも聴き続けているので、気が付いたらジャンルがバカっと分かれてしまったのかも〜。

>そうか。レッズでロックンロールの不良の美学に目覚めたんだっ!!と勝手に解釈。

(笑)
確かに、全然雰囲気が違いますね(^_^;)
なかなかあのユカイのキャラが可愛らしくて^^

>そこからはみんなが前に向かって進んでいるのに、ひとりだけすたすた戻り始めたわけ!!


受けました(笑)
そうですね、確かに、前半繋がりの友人と後半繋がりの友人はまた違います。
まあ、言ってみれば気に入った曲さえ描いてくれれば、特にジャンルは気にしないと・・・。
そう解釈してください^^

でも、riamnさんもかなりの雑食とお見受けしますが(笑)
Posted by うり at 2012年04月12日 14:45
あっ、そうか。ご自身も友人も皆B型なんですねぇ。
実は、僕も・・・
B型です。

そう。B型は、基本的に自分の事しか興味が無いらしいんですね。
他人の言うことは一切聞かないし聞きたくない。
皆で喋っていても、常に気がつくと「自分!自分!自分!」。
自分が一番可愛い!!らしいんですね。

野村克也氏が名言を吐いていましたっけ。

「野村、金田、長嶋。この3人は、B型。B型は人の話を聞かない」と。

自分のことは常に棚に上げて知らんぷりぷりぃ〜。

つくづくお気楽ですよね。

>でも、riamnさんもかなりの雑食とお見受けしますが(笑)


そうですねぇ・・・

基本的になんでも受け入れますね。

ポップ、ヘビメタ、パンク、ソウル、ヒップホップ、テクノ・・・(笑)

要するに、かっちょいい!!のが好き。それが基本ですね。
Posted by riamn at 2012年04月12日 19:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/263176088

この記事へのトラックバック