2012年09月11日

鬼の目にも涙・・・「ねこタクシー」上下巻

最近買った本はどれもヒットるんるん

立て続けに私を夢中にさせてくれる。
今回は、「無間地獄」があまりにもヘビーだったので、
ちょっと疲れて「ねこタクシー」を読んでみた。



これは、カンニングの竹山が映画に出ていたのを知っていたので、
頭の中のキャスティングは竹山決定わーい(嬉しい顔)

先に感想だけを書くと、

泣いちゃったよあせあせ(飛び散る汗)

上巻はまだ、ほろっとくる感じでまったり読んでたんだけど
下巻に入って止まらなくなって、読みやすさもあって1日で読んでしまった。
で最後。
泣けた。

(ネタばれなし感想)
私は泣かない(年々涙もろくなると言うが実感はない)ので、
そう簡単にツボには入らない。
まあ、動物ものってちょっと警戒するけど、この作品にいたっては
お涙ちょうだいとか、安易な憐れみというのはなくて、
ただ、ねこの御子神(みこがみ)さんを助手席に乗せて
いろいろな人と交流をするうちに、1人1人のドラマとか
運転手の間瀬垣の心の成長、変化などにほろっとくるのだ。
そこには常に温かい空気が流れていてとても心地いい。

まあ、実際にねこタクシーの営業はありえないと思うけどねあせあせ(飛び散る汗)
みんなが猫好きじゃなく、むしろ猫の好感度って犬ほどじゃないなと
いつも思うからなあ。
まあ、大人のファンタジーかな、とも思う。


以下、ネタばれアリ感想↓






いやー、泣けた。

はい、最後の1文にやられました。

御子神さんは高齢だった。
タクシーに乗れなくなって、元気がなくなって・・・。
そんな御子神さんと堂々とタクシーに乗るためだけのために
間瀬垣は資格を取る。

そして、記念すべき再営業の日、久々に乗せたお客さんたちに
たくさん喜んでもらって、ふと立ち寄った御子神さんと間瀬垣が出会った
土管の公園。

そこで、一休み。
御子神さんは用意してもらったお弁当を「ちゃむちゃむ」と食べて
いつものように丸まって眠った。
それを見ながら、間瀬垣もベンチでお昼寝。

でも、その後、御子神さんは二度と目を開けることはなかった。

間瀬垣はどうしただろう。
しばらくは茫然として・・・でもそのままにしておけないから、
大事そうに御子神さんを抱えて、タクシーの助手席に乗せたんだろう。
そして、もう目を覚まさない御子神さんといろんな話をしながら、
ゆっくりとタクシーを走らせて自宅まで帰ったんだろう。

奥さんの真亜子、娘の瑠璃ちゃんはどうしただろう。
お客さんたちは。
きっとみんな、御子神さんに自分の何かを重ねてて、
それを黙って受け止める御子神さんに救われていたんだろう。

これがもし、数年後、というのなら私もそんなに涙しない。
高齢だし、仕方がないなと思うから。
だけど、営業を再開して、お客さんに喜んでもらって、
ずうっと元気がなかった御子神さんも元気になって・・・
というくだりだったからなあ。

正直、猫を飼っている身からすれば、猫を車に長時間乗せたり
トランクに入れたりなんてちょっとありえない。
猫はこっちが思うより意外と繊細で、環境の変化が苦手なのだ。

たかだか往復40分の道のりを車で走っただけでも、その後の
睡眠時間と爆睡ぶりったらないふらふら

そういうのを見ているから、御子神さん、大丈夫かなあと
気になりながら読んでいた。
この本の中では、御子神さんがタクシーに乗ってることで
生き生きとしている、という設定だけどね。

その後の2ページもよかった。

英語教師として挫折して、タクシー運転手をしていた間瀬垣は、そのままタクシーには
乗らず、諦めていた英語教師への復活を果たす、というもの。

感想でよく、作者はタクシー運転手と英語教師では、英語教師を上に見ているんじゃないか
というのを読んだが、私は違うと思う。
英語教師だからではなく、ここでのポイントは間瀬垣の復活なのだ。

何事も諦めて、成績も最下位だった間瀬垣が御子神さんとの出会いで、
今まで気づかなかったことに気づき(逆にそれ、気づかなかったんか、ということもあるが)
大事なもの(御子神さん)を守るために、今まで逃げていたことに
立ち向かい始める。

そのもっとも大きなものが、諦めていた元職業への復活ではないかと。

DVDも見たいけど・・・・映像でラストシーンを見るのはつらいなあ・・・。
と思いながらたらーっ(汗)


スポンサーリンク



posted by うり at 09:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック