デスノート 後編 - ぶつくさブログ

2006年12月11日

デスノート 後編




息子からのたっての頼みで、デスノートの後編を観に行った。
映画館は、前にもここで書いたことがあるシネコンの岡南店。
オープン当初は大変な状態だったようだが、今はさすがに落ち着きを
取り戻した様子。

駐車場もラクラク止められ、いざ出陣。

息子はデスノートを完読しているが、実は私は7,8巻辺りでワケが分からなくなってやめてしまった。
こういう本はアレだね。
勢いで読まないと、次に読むときに読み返さなきゃいけないから、それが
余計に面倒になって最後には読めなくなってしまう。
というわけで、デスノのラストがどうなったか、私は知らないのだ。

CMやら予告編やらが終わり、いよいよ本編。
後編の真ん中あたりまでは、私も覚えがある内容が含まれていた。

それにしても、ミサ役の戸田恵梨香ちゃん、可愛い♪
最初、デスノートの映画化が決まり、ファンの間では配役についての
論争が繰り広げられてて、私が見た中ではミサ役をベッキーに、という
声が結構多かったみたいだけど、今思えばベッキーだとちょっと濃すぎかも。

後は、健闘したのがL役の松山ケンイチ。
最初は非難轟々だったみたいだけど、フタを空けてみるとLにしか見えなかったってトコがスゴイ(^_^;)
というか、逆に今後の役に縛られないかなー。
と言いつつ、あまりの反響だったのか、Lで番外編が作られると
いうからこれまたスゴイ。

賛成の声が多かったライト役の藤原竜也はもう、さすがという感じ。最初は成宮くんという声が多かったみたいだけど、彼だとちょっと甘すぎかな。
いえ、私的にはもう、ビジュそっくりwな堂本光ちゃん希望なんですがね。
だもんで、時々藤原竜也を光ちゃんに脳内変換しながら見ていたわけだけど
(器用だ)、さすがにこの演技は難しいかもなー、と冷静に判断しちまいました。すみません。
いえでも、見てみたいという気持ちには変わりないが。


ちなみに息子に聞くと、「どっちでもいい」というつまらん返事しか返って来なかった。
ちなみにヤツも、L、そしてワタリ(というか別のドラマで藤村俊二を見た瞬間、「この人ワタリみたい」と言ってたので)は大絶賛なのであった。

さて、肝心の映画のストーリーは、やはり原作を知らないと辛いものがあるけど、まあよくまとまっていたのではと思う。
いろいろなところにツッコんでみたかったけども(^_^;)
案外面白くて、すぐに寝てしまう私が寝なかったもの!(どんな判断基準なのだ)

てなわけで、久々な映画体験であった。
新しい映画館は快適。
またぜひ行きたいけど、みたい映画がイマイチ・・・ねえ。

最後に。
こういう映画はラストを言わないのが鉄則だと思うのだが・・・。
ある日、友人が私に会うなり、いきなり言った言葉。





「なあなあ、デスノートって最後、×××んじゃ
って?」




ひゅるり〜。
友人は、てっきり私がもうデスノートを観た後だと思い込んでいたらしいのだが。


皆さんも、気をつけましょうね。
posted by うり at 08:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も!ライト役は光一君がピッタリだと前々から思っとったわ〜!!
藤原君、演技はうまいけど、もっと若い頃ならって思っちゃうかも。
もうすっかり大人顔になっちゃったからねぇ。

私も観に行きたいけど、家族五人で行くと結構な出費になるから・・・。レンタル出るまで我慢します。(´・ω・`)
Posted by でこちゃん at 2006年12月17日 16:33
ホント?嬉しい〜w
た、ただね、原作のライトは結構背が高いんだよね・・・。
その辺が原作ファンにはダメらしいよ↓

それはそうと、デスノは熱狂的なファンが多く、面白いサイトもいっぱいあるんだけど、特にデスノのマンガを使って全く違うストーリーを作ってる「デスノート コラ」(コラージュの略ね)がオススメ。
でこちゃんなら好きそうだ。
ぜひ見て見て〜w
Posted by うり at 2006年12月17日 22:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29392168

この記事へのトラックバック
Copyright © ぶつくさブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート