2007年02月07日

誰に向けてのコメントなのか?

まつざきしげるが、国際免許が数年前から国内では無効だったことを知らずに車を運転していて、バイクと接触してそれが発覚。
本人もビックリ。

というニュースを、某ワイドショーで流していた。
一通りニュースを読んだ後、アナウンサーの最後の一言に苦笑。



「なお、まつざきさんはこの事故の

後、一切車を運転していないそう

です」




当たり前でしょ。
無免許なんだし。

と思ったが、このコメントはやっぱり、やかましい視聴者向けのものなのだろうか、と考えた。

前にも書いたことがあるが、とにかく最近のTV番組は親切だ。
いちいちテロップを入れ、どこからどう見ても一目で分かるように小さな画面が隅っこに並んでいる。

ひどい時は、メインの画像が真ん中にあるだけで、後はテロップだらけということもある。
特に、CGはちょっと使いすぎ。
その場の雰囲気で、出演者がジェスチャーをすると、すぐにそれにCGをつけてしまう。

そこでの笑いはそうではなく、CGで表現されたものを想像するのが笑えるのであって、CGで表現されてしまったら急に面白くなくなることもある。

これって、やかましい視聴者が「さっぱり意味が分からん」とか
そんな風に言ってくるからこういうことになってるんだろうか?
と思ったり。

テロップは、目が不自由な人でも楽しめるという利点からはアリだと思うが、ダウンタウンの松っちゃんが目指したコメントを
強調することで面白さを増すという意味では、今は多用されすぎ。
たまに使われるからウケると思うんだけど。

やかましい相手に合わせてどんどんサービスや要望を聞いていく、というのはちょっと気がついたが今の学校の状況に似ている
ような気がする。

私が知る限りでも、いろいろとやかましい保護者はいるようで、
宿題が多いとか少ないとか、そういうことも学校に意見をする人もいるらしい。
私は基本的に、勉強に関しては学校に任せているし任せたいと思っているので、宿題の量に関しては特に何も感じることはない。
それは、先生が個々で必要なものを必要なだけ出していると思うからだ。

それに意見をしてしまうと、先生が持つ学習要項を否定することになり、学校に勉強を任せられなくなるではないか。

しかし、最近の学校はそういう保護者の対応に疲れたのかトラブルを避けたいのかどうか知らないが、とにかくニュートラルだ。
何か意見があれば、割とそれが通るし、例えばさっきの宿題にしても、「多い」という意見があったということで急に少なくなったりする。

今の学校の屋台骨って、一体どこにあるんだろうか?
と思ったりするが、私が小学生だった頃に比べて先生も学校もいろいろと大変なんだろうなあ。

だけど、やっぱりそこはあえて、
「これだけ必要なんです!」
「やるべきなんです!」
と、強く言える先生がいて欲しいと思うことは確か。

家庭の教育力も落ちていると言われ、その上学校でも指導できないとなると、一体子供たちはどうしたらいいんだろう。
と、限られた世界の中で生きている子供たちを見ると、ちょっと
かわいそうになってくるのだ。

えーと。
結局、何が言いたいのかというと、
TV局や番組制作会社も、そんなやかましい視聴者は放っておいて、正しいものを自分たちのポリシーで持って製作してもらいたいのだ。

もちろん、それを本当にやるのは残念なことに難しいことは私も分かっている。
でも、あえて。


まつざきしげるネタからずいぶん逸れちゃったな。
ま、いっか。
会見をしていたまつざき氏は、やっぱり黒かった。
これが本当のまつざきしげる色だ。


スポンサーリンク



posted by うり at 08:35 | Comment(4) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 まつざきしげる色(^∀^゜)!なんかわかるー!! それはさておき(笑)、テロップやCGは過剰ですね〜。親切なんだろうけど、強調しすぎているのと何回も繰り返しすぎな気が…。

 あと去年頃から気になるのがテレビCMで、【商品名 とか 社名】 〔検索〕 がやたら出てくるの…これがとってもい…。

 学校もトラブルを避けたいんですよね〜、親もすぐ文句言ってきてそれが子供の個性や権利だと言うから、自由をはき違えているのだと。それをたしなめる大人がいなかった…というとそんな親の親の世代…は余り躾や一般常識など教えなかったのかも…?まぁ人それぞれなんだろうけど(^_^;)。
Posted by みけ at 2007年02月08日 22:18
 済みません、上のコメント2段目のトコは、

  …これがとっても「くどい」・・・。

 と書いたハズだったのですが申し訳ありません(__)。
Posted by みけ at 2007年02月08日 22:20
お久しぶりです。へな子です。
身近な話題(?)だったのでしゃしゃり出てきました。

うりねーさんのように考えてくださる保護者の方々は、公の教育現場では非常に貴重な存在ですよ〜

あっちを立てれば、こっちが立たず。塾も一緒です。うちでは、結局誰も立ててません。

自分たちの考えに納得してくれる人だけが、従ってくれればいい、いやなら、止めてくれて結構、と腹をくくれば一貫性が生まれるわけです。批判はあるでしょうがね。

公教育は、今のシステムだと、↑のようにはいかないです。それが、つらいだろうなあ、と思います。

意見をする保護者側としては、学区制で強制的に通わざるを得ないのに、望んだ教育を受けられないのがおかしい、だから自分たちにも意見をする権利があると、そう考えているのだと思います。

でもこれって何か、おかしいです。だって、意見をする側には“自分の子”しか見えていないわけですから。

大変です。学校の先生って(^^;)
Posted by へな子 at 2007年02月09日 01:55
みけさん

確かに、CMで検索、って多いですよね。
案外ネットやってない人もいるんで、どうなのかなあ?と思いますけどね。

なんか、自由と個性を履き違えてるのではと思いますね。
あと、義務を果たさずに権利ばかり主張するとかね。

へな子ちゃん

久しぶり〜。そちらの生活はどお?
といきなり私信ですが。

そっか、やっぱ塾も一緒なんだ。
というか、親側も「金払ってる」という気持ちがあるから、余計に強気に出られそうな気がするな〜。
最近、特に思うのが客側のサービスを求めるハードルが高すぎるというか、安いならそれなりだと思うんだけど、それは別として文句ばかり言う人が多い気がするわ。

逆に、提供する側も客寄りになりすぎ・・・という気がしてしまう今日この頃。

>学区制で強制的に通わざるを得ないのに、望んだ教育を受けられないのがおかしい

だったら気に入るところに行けよという気がするけど、その論理じゃそういう風にはならないだろうな。
人のせいばっかする親から育てられた子供の行く末が気になるわ(^_^;)
Posted by うり at 2007年02月10日 19:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック