2013年03月02日

なんかいろいろひどい

昨日、帰宅した時のこと。

その時、私はとても急いで帰ってきたのだ。
教室を出るのが遅くなった→買い物の時間も遅れた→当然帰る時間も遅れるので夕飯の
支度に焦る

と言う状態。

そんなバッタバタの状態で玄関を開けた私の耳に飛び込んできたのはすごい轟音であった。

「ぐあー。ぐおー」

そう、ダンナのいびきである。
奴はこの数ケ月、日程の都合でほぼ休みなしで働いた結果、今の仕事場での
作業が一段落し今は数日のお休みの真っ最中なのだ。

まあ、それはいいんだけど、すげえな。

廊下を挟んだ隣の和室がダンナの部屋なので、てっきりそこで
眠っていると思っていた。
当然、エアコンはつけっぱなしである。
布団で寝てくれないとエアコンつけっぱなしなんてもったいないな
と思いつつ、こっちも急いでいるのでお構いなしにリビングの
ドアを開けた。

するとそこには、ダンナが食い散らかしたであろう食事の後の
お皿が全て出たままである。
しかもごみもそのまんま。

なんじゃこりゃ。

とりあえず買い物はその場に置き、ごみと食器を抱えてシンクに移動した。

そこには、

ダンナが作った後であろう鍋やら食器やらが

どさっ とシンクを埋め尽くしている。

なんじゃこりゃあ。


もうもうもう、本当にマジでたたき起こして片付けてもらおうと思ったが、
それも面倒になりまずはシンクから片付けることにした。

にしても、何だこの状況は。

私は一仕事して帰って来て、焦って夕飯を作ろうとしているのである。

なのに、一日家にいた人が、自分の分だけ作るだけ作って後片付けもせず
がーがー寝てるとはどういうことぉ?
普通は逆じゃね?

家にいる人がサポートしてくれてもいいんじゃね?

と思ったが、今言っても仕方がないので黙々と片付けを始めた。

そうしていると娘が部屋から出てきたので、ダンナを部屋じゃなくて
布団で寝るように起こしてくれと言ったら
「え、パパ上で寝てるよ」

と言うので嫌な予感。

和室を見に行ってもらうと、誰もいない部屋にエアコンがガンガン
付いている状況ではないかっ。

あまりにも大きないびきなので、てっきり1階で寝ていると思ったのに
このざまか。

なんか、いろいろひどいんですけど。

もちろん、その後、こんなに食い散らかしているヤツに夕飯はいらんだろと
思い、子どもの分だけ作ったがww

後で午後9時頃にのそっと起きてきたダンナに

こんなに散らかしておかしいと思わないのかと抗議をしたのは言うまでもない。



今見てるアニメ

またまたアニメ視聴復活です^^

『妖狐×僕SS』(いぬぼくシークレットサービス)



あらすじ
旧家・白鬼院家の令嬢として生まれた少女・白鬼院凜々蝶(しらきいんりりちよ)は無力な自分や、
常に家名の由緒が優先される環境に息苦しさを感じ、家を出て「妖館(あやかしかん)」の異名を持つ
メゾン・ド・章樫(あやかし)で一人暮らしをすることにした。
家入居者には必ず1名のシークレットサービス (SS) が割り当てられることになっている。凜々蝶はSSの割り当てを拒否したが、いざ入居してみると御狐神双熾(みけつかみそうし)が凜々蝶の専属SSとして待ち受けていた。

面白いよ。
面白いけど、名前が難しすぎて読めんわな(苦笑)
後は、少女マンガらしく
・旧家の令嬢
・自分だけが特殊
・超可愛い
・なぜか一人称が『僕』

と少々痛い部分も持ち合わせてはいるが、ストーリーは面白い。

私的にはイケメンSS・御狐神双熾(みけつかみそうし)が中村悠一、いったんもめんが細谷佳正だと
言うだけでもう十分なんだけどハートたち(複数ハート)

多分、中高生辺りが好きかも。
早めにチェックして娘を取りこんでおけばよかった。チッ。

まだ2話までしか見てないので全容は分からないけど、2話の最後に初めてりりちよが
そうしにメールを送った時、それを受け取ったそうしの反応はいつもと同じ
嬉しそうだったけど、これがそのメールに一瞥して無視する、だったらちょっと面白かったのにと
いろいろ考えてみたあせあせ(飛び散る汗)

スポンサーリンク



posted by うり at 08:56 | Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
・・・そんだけ疲れていたのです。あんまり怒ったらいけんよ。
Posted by てりー at 2013年03月02日 09:49
でもこれはひどすぎw そんな疲れてるなら料理なんかせずに、空腹ならもっと適当に食べておいてほしいw そのあとで私が作るから…と私は思いました。エアコンとか、つけっぱも悲しい(さめざめ)。それと、男の人って後片付けしない人が多い気がするんですが…。

もし、いびきが深刻なら、CPAP(シーパップ)なるものがあって、診断の結果次第ですが保険診療で機器をレンタルできます(^_^;)。

キャラや舞台の名前が難しいのって何故…と思います。はじめて森博嗣の小説読んだ時も、「西之園萌絵…犀川…瀬在丸… これはとっつきにくいかも」と思ったけど読んでいったらすごく面白かったです。やめなくてよかったw

ところで本の整理がここへきて停滞しています…。鬼門というかドツボにはまって進まない。気に入った本がごろごろ出てきて鬼になれません。

関係ないけど12日に「コンクラーベ」がやると決まったそうですね。先月末に退位したベネディクト16世の画像ネタは大好きで ttp://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2007-12-22-1 罰当たりではありますが、こういうのはネットでしか楽しめない気がします。凄いのは、あれが優しい表情なのだろう…という事です。もし「怖い顔」をしたらどうなるんだろう…。もちろんご本人は地味な性格、学者肌の穏やかな方といいますが、お疲れさまでした。『晩年は猫と過ごす』ってのも何かいいですね。

でも候補になってる人達の顔とか見るとネタにならなさそうな感じ…。なんとなく、「枢機卿」とか「大司教」 とかいう言葉自体に変な迫力があります。まあ中身はドロドロあれこれありそうだけど。あの衣装や杖はかっこいいです。
Posted by みけ at 2013年03月09日 16:53
てりーさん

いや、疲れてるのはわかってるんですよ?
分かってるんです。だけどねーーーーー・・・。って感じです(^^;
Posted by うり at 2013年03月19日 07:30
みけさん

でしょでしょ?
そうなんです。
外で食べてくるかなんか弁当でも買ってきてほしかったわーと思ったんですが
それでも大抵残骸だけが残ってる(^^;
なんで捨てないんだろう?
いつも疑問です。

本の整理、予想通りの展開(苦笑)
もうね、諦めて、そのまま戻す、と。
というわけにもいかないか(^^;

「コンクラーベ」って、日本人ならつい「根比べ」と変換しちゃいますよね。
全然違うけど。

「枢機卿」と言えばやっぱり青池保子ですよ!
なんかいろいろ機密とか陰謀とかあるのでわ・・・。とつい
いらない妄想をします(苦笑)
Posted by うり at 2013年03月19日 07:34
疲れてるならホント、外食かインスタントにしてほしいですねw あと、捨てない人ってほんと捨てないし。友達の家に行くと、飲んだあとのジュースの紙パックとかいくつか擱いてあって気になりますw あれがひどくなるとゴミ部屋になるんだろうか…。服とかも脱ぎっぱだし、携帯も開きっぱなしとか。私はすぐ片付けないと気が済まない、それはそれで嫌なんですが、一人の時はサッサと片付けます。人前だと嫌がられそうだからw

青池保子!そうですね!陰謀、機密、まさにそれだw 枢機卿の出てくる漫画は、魔矢峰夫も『毒師プワゾン』であって、これは全1巻ですが面白かったです。主人公プワゾンが枢機卿だったけど、陰謀で追い払われて毒王と戦うのです。

コンクラーベ、今回は2日で終わってよかったですね。しかし存命中に退位、という事が当たり前になるとバチカンには「元法王」ばかりになったりして…w まあああいう「変わらない」世界がからは何か威厳を感じますね。雰囲気とか。

漫画で見てみたいけど、そうなると枢機卿は若い美系だらけになるんだろうか…。
Posted by みけ at 2013年03月23日 13:09
飲んだ後、食べたものがそのまま置いてあって平気なのは、
いくら掃除・片付けが苦手な私でもそれだけはないです(^^;
そこが気にならないのはあらゆるものがきっと気にならないんでしょうか。
(その割にうちのダンナは神経質だわ)

今、枢機卿がマンガで題材になるとしたら、絶対に(と言い切る)
BLですよ(笑)
もう、イケメンな枢機卿や坊さんしか出てこないみたいな。
で、命を狙われるスパイ(?)との禁じられた恋みたいな(^^;

女性が枢機卿に、とか男性に成りすました女の子が枢機卿にとか
こんなことならいくらでも出てくるわ(笑)

そうそう、ガラかめのパロディー版が映画になるってみけさん知ってました?
http://www.hakusensha.co.jp/glass/

で、今公式を改めて見たらアニメにもなるとか^^
これは既にガラかめではないよね?そうだよね?
Posted by うり at 2013年03月27日 07:44
ガラかめの、知らなかったww 秘密結社鷹の爪だなんてw 太っ腹だなあ…。

こないだNHKの『ドラクロワ』最終回で池田暁子さんの片付けのがやってました。内容は池田さんの本の感じでしたが、この人の本の何がおかしいって、絶対読者の方が部屋がきれいだって事(^_^;)。現在はキレイをキープしてるそうですが、旦那さんが…で、今それが漫画になってる。

枢機卿マンガは確かにBLだ〜w それに今回はこれまでいなかった「元法王」というおいしいキャラがいるし(しかも猫飼い)、元ベネディクト16世の若い頃なんかほんとりりしい美形。そして例えば、現法王はドジっ子の可愛いタイプで泣き虫、妬む枢機卿らにいじめられ(年いくつだ)、元法王に泣きつく。「ベネディクトぉ…」、「私はもうベネディクトじゃないんだよフランシスコ」、「ラッツィンガー……ラッツ」 とかなんとか。幼馴染設定もいいな。

バチカンという秘密がいろいろありそな狭い、しかし全世界に影響力のある舞台って漫画的ですw 2人が会ってるとこをマスコミに撮られて枢機卿達が二重権力か?と問題視…(実際はヘタレ法王が元法王に頼ってるだけ)とか、あとは法王の妹が枢機卿になりすまして潜入とか確かにずんどこネタがありそうです。警備のスイス衛兵の服装とかも漫画っぽいし面白いなあ…。

すぐ捨てられるものを捨てない、って私もわからないんです。やらない人って絶対?にやらないから、全部飲んでないペットボトルがずっと置いてあったり、DM、チラシ…つか分類が全くされてないから、どんどんたまってる。それが嫌じゃないって事なのかなあ。いっときなら仕方ないけど、常に、というのがわからない。
Posted by みけ at 2013年03月31日 15:02
ガラかめ、すごいでしょ(^_^;)
どうせなら本編設定でパロッてほしかったなあ〜。

部屋が綺麗じゃないのにそういう本が出せるってところがすごいですね。
ふつうは成り立たないと思うんだけど、意外にもいける?

枢機卿、いくらでも出てくるでしょ(笑)
完全に今まで読んできた漫画や小説の影響が多分に出てくるんだけど・・・。
猫飼いってのも漫画的ですよね。
ホラーやミステリーなら絶対に犠牲になってしまうんだけど(泣)
幼馴染設定とか出てきたら、先輩後輩設定もありかな。
自分が枢機卿になり、雲の上の存在だった憧れの先輩がぺーぺーとか(^_^;)

何の役にも立たないのにこんな妄想だけが膨らむわ(苦笑)
Posted by うり at 2013年04月06日 13:08
あのあと、≪ガラスの仮面ですが≫ 新聞記事も見ました。『少女マンガの金字塔いじる』とあって、「原作漫画が大御所的存在なのでギャグにすると、その落差が面白い」と中島純プロデューサーが語っていて、美内すずえさんは、「ギャグアニメ化の話を聞いた時、面白くなかったら受けないつもりだったけど、台本を読んで大爆笑しました。原作漫画を読みこんで作っているし、作品への愛も感じます。」、「今50巻の執筆の追い込み中。連載を登山に例えると九合目。「紅天女」の試演がクライマックス」だそうです。

あと、「ここまで巻を重ねるとは思っていなかった。電話の主流が黒電話から携帯電話に代わるなど、現実社会の流れが激しくて物語の世界と合わせるのに苦労して言います」 とのこと。

6月に映画も公開されますねw こちらはBSでやるのと違って長いのだろうし、どんな感じなんだろう?

池田暁子さんの本について書かれたページがあったので…
ttp://aromataromat.blog45.fc2.com/blog-entry-103.html

そういえば『修道士ファルコ』ってありますね。

これまでの法王はみんな死ぬまでやってたから(…)、前法皇、という存在もなかったわけですよね。その前法王が離宮にいて…というのもおいしいです。
Posted by みけ at 2013年04月06日 15:48
ガラかめはもう伝説化ですよね(^^;
なんかもう、最近は紅天女の行方とかどっちでもよくなってきました。
それより、長期連載のマンガってやっぱり休載とか中断とかそういう
話が割と多いので、なんだかんだ言いつつまだ連載が続いている
事実に拍手を送りたいです(笑)

『修道士ファルコ』
ああ、そうでした。
これがきっと頭の中に残ってたから、つい青池保子が浮かんだのかもしれない。
でも70年代から活躍している漫画家さんって本当にパワーを
感じます。
まさかあの吉田秋生さんの作品がまたまた評価されるとは。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1303/21/news109.html

いいなあ。物を作るって。夢がありますね。
Posted by うり at 2013年04月09日 09:43
このころからずっと残っているだけでもすごいけど、再評価とかほんとに。本整理してて、80年代の漫画作品リスト見ると、大半が今活動しているのかわからなくて少しさみしくも。

ガラかめは、ラスト見たいけど、こうやって続き続けるw のもアリかと思いそうになりますね。雑誌とコミックと異なってるのもすごいし。

でもゴルゴの最終回は見たいです…。 こないだTVでやった、『サザエさんSP』が普段と違って背景が凝っててワロタw 

池田暁子さんの本は、黄色い表紙の「こんどこそ!片付ける技術」よりも水色表紙の『必要なものがスグに!とり出せる整理術』の方が実用的だと思います〜。前者はゴミ部屋脱出なので面白くはあるけど、普通そこまで散らかってないw
Posted by みけ at 2013年04月13日 18:03
>大半が今活動しているのかわからなくて

私もそう思ってたんですが、意外と活動されてたりしますよね。
レディコミとか。
いくえみ稜とか、まだ名前を見るとちょっときゅんときます(笑)

サザエさん、普段見てなかったんでそのSPは知らなかったです。
ようつべにあるかな?
Posted by うり at 2013年04月20日 21:04
サザエさんSPは、サザエさん一家が福島に旅行に行ったり、歌舞伎を見たり、ベーゴマ製作工場に行ったりして、普段ない事をやってるので楽しかったですw 旅館でカツオが電話してるシーンで思ったんですが、顔がでかいから受話器がすごく大きいというw 番外編でスターウォーズとコラボとかやってくれないかな。劇場で。

>意外と活動されてたりしますよね

ペンネーム変わってたりするとあんまわかんなくなるんですよね(^_^;)でも、ある時、あさぎり夕を別名で見た時はショックだったなあ。

枢機卿、とか修道士漫画は何となく「花とゆめ」の雰囲気ですね〜。
Posted by みけ at 2013年04月21日 16:42
普段ないこと(苦笑)
確かに、日常ではないですね〜

あさぎり夕、私も知ったときはショックでした〜(^^;
私にとっては少女漫画のイメージが強くて・・・。
まあでも、レディコミに移った方は多いですよね。

>枢機卿、とか修道士漫画は何となく「花とゆめ」の雰囲気ですね〜。

ホントです(笑)もう、絵柄から表紙もイメージできるw
LaLaでもいいけどなんか雰囲気かわりそう。ホンワカした感じ(^^;
Posted by うり at 2013年04月27日 09:07
『サザエさん 宇宙へ行く』とかあっても普通に受け入れそうな私w TVアニメのサザエさんは、他のアニメと違ってタイアップ商品もないし何かほっとしますw しかし東芝とはどういう関係なんだろう(^_^;)。

あさぎり夕はPNが漢字になっただけだけど、ずっと気がつかなかったので…つかBL読まないからなあ。びっくりしました。ご本人が実はそういうのを描きたいと昔から思っていたらしいのですが。路線が変わるのは特にファンは答えるだろうな…。
Posted by みけ at 2013年04月27日 18:49
サザエさん=宇宙?あ、私もイケます。
というか、あの人たち、きっとどんな環境になっても変わらないですよね、
多分。
宇宙空間でもケンカとか普通にしてそう。

あさぎり夕もだけど、いがらしゆみこがレディコミ書いてたのはショックだったなあ〜。
絵柄はほぼあのままでエッチシーンなんて・・・イヤーっ!
Posted by うり at 2013年04月30日 09:43
宇宙でサザエとカツオの追っかけっこが目に浮かぶようですw で、波平が「お前達!こんなところに来てまで何だ!」とか言って怒る。サザエは地球を支配しようとする悪の帝王(笑)に持ち前のドジさで勝利。

いがらしゆみことかあさぎり夕みたいに、少女漫画好きなら誰でも知ってるような人がその手のを書かれてるとびびるしショックですよね…(悲)。
Posted by みけ at 2013年05月04日 17:29
浮かぶわ^^

悪の帝王と言っても、らしからぬ風貌でね(苦笑)

いがらしゆみこは、最近CMのイラストでも登場してなかったかな。
絵柄の感じが変わらないのはさすが。
カラーページ、大好きだったなあ・・・。
Posted by うり at 2013年05月09日 08:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/338746537

この記事へのトラックバック