2013年09月12日

seventeen's map

久々の更新ですみません。

先日、息子が誕生日を迎えて17歳となった。

17歳と言えば、昔は憧れたもんだった。
セブンティーン。

なんてわくわくする響きだろう。

憧れていたアイドルたちはみんな17歳だった。

16歳じゃあ子供すぎる。
18歳じゃあ大人すぎる。

そんな年齢に自分がなれたことが嬉しくて、たまらなかった。

何か起こりそうな。

楽しい日々が待ってそうな。そんなイメージ。


・・・・だけど、1日経って17歳になったからと言ってなんか変わるわけでもなく。
劇的な何かが起こるわけでもなく。
いきなりカッコいい誰かに告られるわけもなく。


私の17歳はそんな風に過ぎて行ったことを覚えている。


息子が同じ年になって、学校に通って帰ってくる日々。

彼の中には何か変化はあるのだろうか。

そんなそぶりは全く見せないけど、ワクワクする何かは起こっているのだろうか。


なんて、自分のことは棚に上げてそんなことを願う。






今見ているアニメ


はい、相変わらずアニメを欠かせない状態ですが何か。

更新が止まってた間に、
「夏雪ランデブー」
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」
「Free!」
「魔界王子」
「八犬伝」
とかまあいろいろ見てるわけですが。

また時間がある時に書きます・・・。

スポンサーリンク



posted by うり at 00:41 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
息子君は盗んだバイクで走りだしたりは……以下略。
まああまり、劇的な青春はないし、期待するのも余計なお世話でしょうから。
Posted by テリー横田 at 2013年09月12日 13:08
17歳をテーマにしたポップ・ミュージックを思い出そうとしたので・す・が・・・・

ビートルズの「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」ぐらいしか思い出せない。

♪おれが17歳の時だった・・・みたいな歌詞だっけ?(笑)

まぁ、僕の場合、17歳どころか二十歳過ぎても、なにも起こりませんでした。


でも、息子さんを17歳まで育て上げた。
それは誇れることだと思いますよ。
自我に目覚め、自立に向けて歩み始める真っ只中に息子さんはいま起っている。
その過程に祝福を捧げたくなりました。
おめでとうございます。
幸多かれ・・・

うりさん、東京に行かれたんですよね。
ツイッターでつぶやき拝見しました。
どうでしたか?

オタクの聖地にも行きましたか?
御茶ノ水、新宿、原宿、渋谷、浅草、秋葉原・・・

そしてディズニーランド。

東京は僕が高校の頃まで過ごしたところです。
僕は当時、巣鴨と云うところに住んでいました。
おばあちゃんの原宿ですね。(笑)

東京。なんだかんだ言っても、僕にとっては青春の故郷かもしれない。

失礼致しました。
Posted by riamn at 2013年09月12日 20:47
テリーさん

まあね、そんな劇的じゃなくてもいいんですよ(^^;
ただ、あまりにも何も喋らないし、よくわかんないんで彼の中に感動とかあるのかなーとふと思いまして・・・。
Posted by うり at 2013年09月14日 23:26
riamnさん

いやいや、大したことはしてないですよ。勝手に大きくなった感じが・・・(^^;

ツイッターも、ミクシで呟いたものと連動しているのでつい返信を忘れてしまってすみません。

東京は面白かったし、よかったですよ^^
夜行バスの強行軍でしたけどね。

ただ、ヲタは一人もいなかったので残念ながらアキバは行けませんでした〜。残念。

青春時代を東京で過ごすなんて、なんかいろいろ違うんだろうなあ・・・と思ったり。
Posted by うり at 2013年09月14日 23:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/374564119

この記事へのトラックバック