免許奪還! 2004/12/17 17:48 - ぶつくさブログ

2005年06月30日

免許奪還! 2004/12/17 17:48

ここのところ、更新が滞っていた理由の一つ。

実は教習所の卒検を控えていたのであった。



こう見えてとってもとっても小心者でナイーブで傷つきやすいガラスの心を持つ私。

16日の木曜日に卒検を受けようとせっせと頑張っていたのだが、いざ卒検を控えると途端にまたあの

試験センターで落とされた悪夢が蘇ってきたのであった。

こうなったら寝ても覚めても考えることはソレばかり。

日記を書こうにもネガティブなことしか書けない気がしていたし。



おまけに考えられない失敗をしでかす夢まで見る始末。ああ。

なんて繊細なガラスの・・・・(もういいよ)



そして、卒検当日。

なんと受けるのは私ただ1人。それで少し気分が落ち着く。

後ろに3人も乗られた日には心臓バクバクもんだっての。

しかし、ラッキーなことにコースは前日走ったコースで、場内テストは大得意♪の右方向変換。これで受からなきゃウソでしょう。

と、自分に軽くプレッシャーをかけていざ出陣。



乗り始めると、緊張は相変わらず解けないが以前のように舞い上がらない自分に気がついた。

信号もちゃんと見えてるし。

通行人のチェックもできる。

曲がり角の目視も忘れない。



これはもらった!
と確信したのは、自主コースも終盤に入る頃だった。



こうなったら後は慎重に行くのみだ。

普段の授業では「何をそんなに急いでるの?」だの

「もうすこしゆっくり行こうや」だの

適性検査で思いっきり出ている『せっかち』を露呈し続けていた私だが、今日は一味違うのだ。

こうなったら、絶対に取ってやるっ。



という気合の元、あっさりと右方向変換も済ませ、卒検は終了してしまった。



終わった・・・・・。



結果を待つ間、逸る気持ちを抑えられず友人やら親やらメールしまくる。

確信はあった。

何せ、試験センターの頃あれほどチェックされたペンを一回も使わせなかったからだ。いぇい!



結果、合格。やったあ。これでやっと長い長いトンネルから抜け出したような気がする。

思えば失効に気づいて2ケ月。紆余曲折を交えながら長い長い道のりであった。



考えてみたら、自動車学校というところは不思議な場所だ。

行っている間はこれが永遠に続くような気がしているのに、一度卒検に受かればそれまで。

明日からはもう行かなくてもいい場所になってしまうなんて。



あの長い長い坂道も。

何だかやたらに懐かしい感じのする建物も。

多分もう、私は行くことはないだろう。



本当に、貴重な経験だった。

できればこんなことはしたくなかったけれど、多分これもまた人生の一部分。

後は試験センターに行って、堂々と免許をもらえば晴れてドライバーなのだっ。

ずいぶんトウの立った初心者ではあるが。



が。

しかし。



今度は車が動かなくなっていることに気づく。

バッテリー交換しても全然動かないんスけどっ。



こんなオチ、ありかよっ。

posted by うり at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 運転免許事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4745903

この記事へのトラックバック
Copyright © ぶつくさブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート