2005年07月01日

千とイチローの神隠し。 2005/01/11 00:27

タイトル、間違いじゃありません。

「千と千尋の神隠し」にすっかりハマッた5歳の娘が殆ど毎日このビデオを観ているのだが、

決まってこう言うのだ。

「せんといちろーの神隠し、観る」と。

面白いので我が家ではこの映画はこう呼ぶことになっているというわけで。



それにしても、地上波で放送されたものをビデオ録画してからというもの、私自身何度観たか分からない。

それ以前にも観ていたのだが、まさかここまで観ることになるとは思わなかった。

でもって、何度観ても感動するシーンは感動しちゃうんだなあ。

千尋と銭婆のシーンなどは何度観てもいい。

ハクが自分の名前を思い出すシーンも。



そして、あまりにも観すぎたせいか小学2年生の息子などは「1人千と千尋の神隠し」ができるようになってしまった。

ほぼすべてのシーンのセリフを最初から最後まで1人で言ってしまうのである。

おかげで、ビデオを観ていない時でも息子が面白がってセリフを言っている時は、何となく1日中この映画を

観ている気分。

ハッキリ言ってもういいよ、てな気分だ。おなかいっぱい。



そんな中、この映画の「意味が分からない」と言う知人もいることも確か。

聞けば、「どうしてこんな建物があるんだ」とか「どうしてこんな神様がいるんだ」とか、そういう風に

考えてしまうらしい。あー、そりゃ分からんはずだ。

「どうして」なんて考えちゃいかんのだ。

「こんな世界があるんだなあ。面白いなー」くらいで留めておければいいんだけど。

本人はどうしても突き詰めてしまうらしい。


いろんな見方があるもんだわ。ホント。

スポンサーリンク



posted by うり at 20:39 | Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ開設おめでとうございます!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi
より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi?mode=edit&title=%82%D4%82%C2%82%AD%82%B3%83u%83%8D%83O&address=http%3A%2F%2Furisanblog%2Eseesaa%2Enet%2F


お問い合わせはコチラから
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/fmail/cmfmail.cgi
Posted by みんなのプロフィール at 2005年07月02日 22:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック