2005年07月26日

夏の歌と言えば。

私の8歳になる息子は、なぜか80年代〜90年代のいわゆる元気ソングが大好きだ。
もちろん教えたわけでもなく、ウチで聴かせ続けているわけでもない。
ただ、新旧織り交ぜての曲が流れる特番を観ていると、「この曲が好き」というのは決まって昔の曲なのである。

米米クラブ「浪漫飛行」
爆風スランプ「ランナー」
ZARD「負けないで」
KAN「愛は勝つ」
槇原敬之「どんなときも」

以上が最強らしい。うーん。なんだかなー。
私だって、こんなサイトを立ち上げているくらいだからこの時代の曲は大好きだが、ちょっと私の好みとしては違うんだな。
と言うのも、頑張れソングが基本的に嫌いだからだ。オマケに、ZARDのような当たり障りがなさすぎる曲も興味なし。誰とは言わんがある程度のビジュアルも必要。
売れたら途端に興味を失うし。
きっと、DNAとして一部は息子に受け継がれたんだろうなと思う次第。

さて、そんな息子が
「夏の歌でいいのない?」
と聴いてきた。
一番に浮かんだのが

大江千里「回転違いの夏休み」だ。
とっても微笑ましいカップルを歌った曲だが。まず興味を示さんだろう。
他に何曲か思い出したが、すべて大江千里のアルバム「OLYMPIC」の曲であった。
このアルバムは、私がまだ原付しか乗れなかった頃、この曲を携帯して真夏のアスファルトを走った思い出があるからだ。しかし、今回は却下。
だからと言って、サザンやチューブは安易過ぎてなんかヤだ。
私が夏の歌としてCDを作るとしたら、どの曲を入れるだろう?

・・・と思って、いろいろ考えたがあまりにもマイナーなので挙げるのはやめた。
他にはないかい、と思い自分のサイトに行っていろんな曲のタイトルを眺めたがマイナーな上に昔からそういうことばかりをしてきたため、曲に新鮮さを感じず選べなかった。
というか自分が実は夏っぽい曲が好きだったことに気付いてしまったわけだが。

何かいい曲ないかねえ。

スポンサーリンク



posted by うり at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック