2005年07月30日

「悪魔の花嫁」大人買い!

ブックオフにて。
息子の大好きなマンガ「NARUTO」(私も好きだが)を買いに出かけたら、なんとあの、
「悪魔(デイモス)の花嫁」1〜13巻がなんと700円で売られているではないか。
これが全巻(と言うか未完なんだけど)ではないのだが、とりあえずゲット。息子は約束どおり1冊のみ購入。ふはは。当たり前なのだ。悔しかったら早く大人になりたまへ。

この作品はすごく思い入れのある作品だ。何がきっかけだったかはもう覚えていないが、とにかくこの本と最初に出合ったのは小学生の頃。
それからすっかり話に魅せられてずっと買っていた本だ。

悪魔の花嫁なんて仰々しいタイトルがついているもんだから、怖がりの人は大抵ビビッてしまうのだが、これは別にそんなに恐ろしい本ではない。
まあ、言ってみれば話だけは楳図かずおの恐怖マンガみたいなもんだ。
本当に恐ろしいのは人間なのだよ、ということを美しい絵柄で教えてくれるというもの。

さて、実に10年以上ぶりにこの本を読み返してみたが、子供の頃に数え切れないほど読んでいるため、それほど新鮮味はない。
ただ、今だからこその感想が生まれてくるのだ。

まず、このお話、連載当初はコンセプトもストーリーもあまり詰めて考えられていなかったのでは?と思われてならない。
と言うのが、初期のお話はちょっとまとまりがなく、ただ単に主人公・美奈子を含め読者を無意味に怖がらそうとしているみたいでそれが空回りしている感じなのだ。
これがノッてくるのは3巻辺りから。
この頃になると、カラー表紙も増え、人気が上がってきたことがよく分かる。

そして、兄妹で愛し合ってしまったため、王の怒りに触れて悪魔となってしまったデイモス。彼は現世で妹(ヴィーナス)にそっくりの美奈子を自分の世界へと連れて行かなきゃならん使命があるはずなのに、この腰抜け可愛さがちょっと笑えてくるほどだ。

彼は、美奈子に人間の愚かさを教え、現世に愛想をつかせて自分の元に連れて帰ろうとしているもんだから、その目的の果たし方が非常にのん気さんである。
しかも、この美奈子。ルックスの割になかなか強情で気が強い。これでは悪魔もかたなしなのである。

オマケに、デイモスがたびたび美奈子の前に姿を現すのだが、その辺の人間に紛れて登場するため大抵はコスプレをしているという念の入れようだ。
学園祭で、美奈子のパートナーになるという約束が見事に果たされる(はずだった)話のラストシーンでは、その思惑が外れチケットを破いているのだが見事なドレスアップぶりで、
「そんなにデイモス、学園祭に行きたかったんか〜」と同情さえ寄せてしまうほどだ。

ただ、惜しいのはデイモスが美奈子に惹かれるのが急すぎてイマイチ感情移入しにくいところ。
これについては「いつの間にアンタそんなに美奈子に惚れたん?」と納得しがたい点でもある。

と、これについて語りだすとキリがないのでやめておくが、子供の頃に何度も読んだため私に与えた影響も大きい。
息子の話に戻るが、そんなこともあり、私は子供にいきなり全巻を買うような大人買いはしたくないのだ。

1冊ずつ買い、それを繰り返し読むことで流し読みをするのとは違って必ず何かを得るはずだ。
私は本に育てられたようなものなので、余計にそう思うのかもしれないけど。

大人買い、する?


イメージアルバムらしいです。興味あるなー。
しかし、なぜに伊藤かずえ?


[DISK1] 1.リーインカーネーション(デイモス) 2.BLACK FRIDAY(川島和子) 3.魔王のプレリュード 4.悪魔の花嫁(伊藤かずえ) 5.久遠の愛(伊藤かずえ) 6.目隠し鬼(伊藤かずえ) 7.誘惑のダイス
8.哀しみの白い蝶(伊藤かずえ) 9.ドラマはまだ終わらない 10.暗闇からのラブソング(デイモス)

アニメ・ジャンル発の廉価シリーズ“ANIMEX1200”。出版社系のライト・ノベルズやコミックの世界観をサウンドで表現したイメージ・アルバムが、完全デジタルマスタリングの高音質で甦る。初回リリース時のジャケットデザインも嬉しい。

この著者とは仲良くなれそう^^



とか何とか言ってると最終章発見!
表紙、美しいです〜





スポンサーリンク



posted by うり at 14:54 | Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キャーーー!!!(≧v≦)/

私もこの漫画、めっちゃハマりましたー!!!
漫画喫茶で何気に手に取って読み始めたが最後、
アッ!ちゅー間に読みきってしまいました(≧◇≦)。
悪魔なのに段々と可愛く見えてくるんですよね♪
不思議だー。

また読みに「大人の楽しみ」漫喫行くぞっ(笑)!

息子クンへ:
ゴメンね、私は大人だから「NARUTO」も大人買いしたの・・・。ブフヮッ(爆笑)!
Posted by Henry at 2005年07月31日 01:00
こんばんは〜。
おお。やはりハマったクチですか〜。嬉しいw
ところで漫喫ですが、実は私行ったことないんですよー。
機会もないんだけど、行ったところで何読んでいいのか分からんというか・・・。
「NARUTO」は親子共々ハマッてますが、私はどうもお話よりもあの絵がたまらなく好きみたいです。好きなキャラはカカシ先生、もいいんだけど、カブトさんが結構好きです。大人なメガネキャラ。
たまらん。
Posted by うり at 2005年07月31日 20:04
フフ♪
漫喫、私も何読んだらいいかわからなくなるので、
友達におすすめ聞いたりしてます。
場所によってはリラックス出来ていいですよ♪

「NARUTO」の絵が好きっていうの、
すごくわかりますー。
私も完全にその口です(笑)。
今じゃ1巻に比べると、格段に絵が上手い!

自分でわざと難しい構図の絵を描いてってますよね(笑)。

第2章、突入です!
Posted by Henry at 2005年08月01日 01:17
そうそう。NARUTOの魅力はあの構図にあると思うのです。
画集なんかヨダレものでした。
同じ岡山県民として誇りに思っておりますw
Posted by うり at 2005年08月02日 11:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック