私の読書遍歴など。 - ぶつくさブログ

2005年09月07日

私の読書遍歴など。

突然だが、ここで私の読書遍歴を。

私は幼い頃から書くことや読むことが大好きだったのだが、
これは別に親が読書好きだったわけではない。
だから、よく絵本の読み聞かせをして子供を読書好きに、
なんていう話を聞くが、私の経験からしてあまりアテにならないのだ。
母親からは、絵本の読み聞かせなんてしてもらった記憶は全くないからなー。

まず、とっかかりは小学1年生とかの雑誌だったかと思う。
もっとも、幼稚園の頃から図鑑を何度も眺めていたのは記憶に
あるから、本はその頃から既に好きだったんだろう。
それから私の雑食が始まる。

マンガは妹や友達と手分けして、「りぼん」(私はこっち派)「なかよし」
の雑誌を読み漁り、図書の時間では何故か絵本に没頭する。
多分、何冊もスイスイ読めてしまうのが快感だったに違いない。
忘れられない絵本は、
「おおきなおおきなおいも」(だっけ?)
「ぼくは王さま」シリーズ。
「だるまちゃん」シリーズ。
宮沢賢治「注文の多い料理店」にハマッたのは小学2年生の頃。
これでホラー・ミステリー好きの地盤ができてしまったのかも。

それから、ミステリーの王道「江戸川乱歩」「怪盗ルパン」に
ハマり、中でも「悪魔少年」はお気に入りであった・・・。

同時に、近所にあった貸し本屋(なつかすい)に日参し、
おこずかいでは買えないマンガを読み漁る。
ここでは、里中満智子や大和和紀をよく読んでいたような。

そして、小説では短編+どんでん返しにハマり、星新一は
全て読破したハズ。
その流れで、阿刀田高にも手を出す。コチラはちょっと
オトナな短編多し。

そして、少女マンガ雑誌「ちゃお」「ひとみ」も読み始める。
それと、叔父が持っていた少年系雑誌も。
「少年チャンピオン」「少年キング」「少年サンデー」が
主であった。
ここで、名作「ブラック・ジャック」に出会う。それと、
「エコエコアザラク」「まことちゃん」「うしろの百太郎」
「恐怖新聞」も(笑)

また、通っていた歯医者では何故かホラー・マンガが充実
していて、通っているうちに読みつくしてしまう。
「さがみゆき」「日野日出志」「黒田みのる」他。

ここまで、全部小学生時代の話なんだが・・・。
どんなガキだったのか、私。



ちなみに、夏休みの間にすっかりNARUTOにハマッてしまったので、
キーワードにプラスしてみた。
今までのネオロマ一色から、携帯&PCの壁紙ともNARUTOに様変わりだ。
着メロはキャラの着ボイスということで、ハマればとことん、という
私の特徴がよく分かるというもんだ。
お気に入りキャラはカカシ。原作よりもアニメのカッコ良さに
ホレたのだった。
ああ、うずまき忍伝(ps2)欲しい。

posted by うり at 08:04| Comment(5) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>うりさん
どもです!
「星新一」は読破したかも!
彼のは何度読んでも飽きないです。
んでもって「恐怖新聞」・・・。
めちゃくちゃ読みたいって思ってたトコロです。
ついてきますね、うりさんやっぱし(笑)。
Posted by Henry at 2005年09月08日 00:21
おはようございます!
すごい読書ぶりじゃないですか〜?
私は「赤毛のアン」に夢中でしたね〜。

ナルトってそんなに面白いんですか?
ちょっと読んでみようかなあ・・。
Posted by かも at 2005年09月08日 08:11
>Henryさん
ども!
星新一、いいですよね〜。
実家にはまだ文庫本が置いてますが、
ちょっと、と思って読むとつい全部読んで
しまうんですよね〜。
「恐怖新聞」、読みたいって思ってたの?
そりゃまたタイムリーな・・・。
やっぱ古本屋かなあ・・・。漫喫にはおいてないよーな(^_^;)

>かもさん
どうも!
「赤毛のアン」ですか〜。
ブラック系の私とは対照的だと思います(苦笑)
ナルト、面白いですよ!
オトナでも十分楽しめるハズですよw
Posted by うり at 2005年09月08日 21:57
恐怖新聞はですね・・・。
Yahooに無料で読めるコミックカテゴリが
ありますよね?
あそこで50P位読んだのデス。
思わず購入ボタンを押しそうになって
しまいました(笑)。

全然関係ないですけど、星さんって
180cm以上ありましたよね?
デカッ!
Posted by Henry at 2005年09月08日 22:56
あー、なるほど!
あれって本当に続きが読みたくなりますよね。
ちなみに今のピックアップは「前略ミルクハウス」でした。
読んだなあ・・・。なつかしー。

そうそう。星さん、大柄な方でした。
あんな短編を生み出せる方ってそうはいないでしょうねえ・・・。
Posted by うり at 2005年09月09日 11:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6649678

この記事へのトラックバック
Copyright © ぶつくさブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート