2011年12月11日

なんで母、母ってあんなに言うんじゃろ。お母さんはそれが理解できんわ。

いろいろな家族形態があると思うが、私の両親との親子関係はどちらかというと
かなり冷めているんだろうなと、常々そう思っていた。

旅行に行ったからと言って土産は買わないし、誕生日プレゼントなんかもしない。
してもせいぜい母の日、父の日くらいでそれさえも忘れることもある。
お互いに話をするのは気が付いたら2ケ月何も話していないこともあるし・・・。

それに、もしかしたら、私は両親が亡くなるようなことがあっても
泣かないかもしれない、なんて思っていたのだ。

そんな中、久々に実家に帰ってご飯を食べていると、施設に入っている
祖母の話になった。

うちの母方の祖母は90歳を超えて、今は施設に入っている。
100歳を超える祖父もまだ元気で、なんと自分の家で1人で暮らしているのだ。

本来は、その両親の面倒をうちの母も見るべきなのかもしれないが、母の兄の家族と
ちょっとしたトラブルがあり絶縁状態となり2年になるのだ。
それでも、施設に行こうと思えば行けない状況にあるのだが、なんと母は
私と祖母の施設に行ってから一度も行っていないと言うたらーっ(汗)

「それ、気にならないの?」と聞くと
「もうええんじゃ。何かあったら連絡が来るかどうかわからんけど」とバッサリ。
私が目を丸くしていると

「よく、テレビで母が母がって言うじゃろ。なんで母、母ってあんなに言うんじゃろ。
お母さんはそれが理解できんわ。母じゃからってなんじゃって言うん」

と一言。

実は私も全くの同意見であった。
マスコミや世間一般の、特に母親崇拝はスゴイ。
なんか、母親に感謝を常にし続けるのが当然、という空気がはびこっている気がする。



それを聞いていた父が言った。

「わしも、ばーさん(父方の祖母)が施設に入った時、最初は話ができたから行ったけど、
こっちのことが分からなくなってからはもう、行きたくなかったし見たくなかった。
こんなこと言ったらいけんのんじゃろうけど、割とうちの親族もみんなそんな感じだったしなあ」

父方の祖母は私が覚えている限りでは背が高く大柄で、家中を仕切るシャキシャキした女性だった。
それが、祖父が亡くなり、しばらくして普通に生活ができなくなり施設に入ってからの
祖母の衰えぶりは本当にあっという間だった。
息子である父からすれば、確かにそんな姿は見たくなかっただろうなと理解できる。


昔から、うちの母の持論はこうだ。

「母に感謝とか親に感謝、育ててくれてありがとう、とか言うけど、そんなのは
当たり前じゃ。親なんだから」

私もその言葉を聞いて育ったせいか、特に改めて親に感謝することはなかった。
感謝していないと言うと嘘になるけど、私も含め親なので、「でもそんなん、当たり前だし」
と同時に思ってしまうことも確か。

そう思える私は多分、恵まれているのだろうと思うけど、どうにもこの家族に対する
フラットな気分は変わりそうもないし、きっと変わらないだろう。
タグ:

posted by うり at 20:29 | Comment(12) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする