今日の名言 - ぶつくさブログ

2011年12月11日

なんで母、母ってあんなに言うんじゃろ。お母さんはそれが理解できんわ。

いろいろな家族形態があると思うが、私の両親との親子関係はどちらかというと
かなり冷めているんだろうなと、常々そう思っていた。

旅行に行ったからと言って土産は買わないし、誕生日プレゼントなんかもしない。
してもせいぜい母の日、父の日くらいでそれさえも忘れることもある。
お互いに話をするのは気が付いたら2ケ月何も話していないこともあるし・・・。

それに、もしかしたら、私は両親が亡くなるようなことがあっても
泣かないかもしれない、なんて思っていたのだ。

そんな中、久々に実家に帰ってご飯を食べていると、施設に入っている
祖母の話になった。

うちの母方の祖母は90歳を超えて、今は施設に入っている。
100歳を超える祖父もまだ元気で、なんと自分の家で1人で暮らしているのだ。

本来は、その両親の面倒をうちの母も見るべきなのかもしれないが、母の兄の家族と
ちょっとしたトラブルがあり絶縁状態となり2年になるのだ。
それでも、施設に行こうと思えば行けない状況にあるのだが、なんと母は
私と祖母の施設に行ってから一度も行っていないと言うたらーっ(汗)

「それ、気にならないの?」と聞くと
「もうええんじゃ。何かあったら連絡が来るかどうかわからんけど」とバッサリ。
私が目を丸くしていると

「よく、テレビで母が母がって言うじゃろ。なんで母、母ってあんなに言うんじゃろ。
お母さんはそれが理解できんわ。母じゃからってなんじゃって言うん」

と一言。

実は私も全くの同意見であった。
マスコミや世間一般の、特に母親崇拝はスゴイ。
なんか、母親に感謝を常にし続けるのが当然、という空気がはびこっている気がする。



それを聞いていた父が言った。

「わしも、ばーさん(父方の祖母)が施設に入った時、最初は話ができたから行ったけど、
こっちのことが分からなくなってからはもう、行きたくなかったし見たくなかった。
こんなこと言ったらいけんのんじゃろうけど、割とうちの親族もみんなそんな感じだったしなあ」

父方の祖母は私が覚えている限りでは背が高く大柄で、家中を仕切るシャキシャキした女性だった。
それが、祖父が亡くなり、しばらくして普通に生活ができなくなり施設に入ってからの
祖母の衰えぶりは本当にあっという間だった。
息子である父からすれば、確かにそんな姿は見たくなかっただろうなと理解できる。


昔から、うちの母の持論はこうだ。

「母に感謝とか親に感謝、育ててくれてありがとう、とか言うけど、そんなのは
当たり前じゃ。親なんだから」

私もその言葉を聞いて育ったせいか、特に改めて親に感謝することはなかった。
感謝していないと言うと嘘になるけど、私も含め親なので、「でもそんなん、当たり前だし」
と同時に思ってしまうことも確か。

そう思える私は多分、恵まれているのだろうと思うけど、どうにもこの家族に対する
フラットな気分は変わりそうもないし、きっと変わらないだろう。
タグ:
posted by うり at 20:29| Comment(12) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

「不安だから努力するんだ」


某スポーツ選手の言葉。

何となくつけていたワイドショーで流れてきた言葉だったんだけど激しく共感してしまった。

そうだなあ、私の「努力」はまさにそれだったのかも知れない。

新しいお仕事を依頼されると、嬉しい反面やはり不安も大きい。
私でいいのかな。
ちゃんと望まれたものが書けるのかな。

そうすると、いてもたってもいられなくなって、その依頼された内容のことについて調べまくったり、それをもとにとにかく書いてみたり(その時点ではまだ詳しい内容は決まっていないにも関わらず、である)して不安を紛らわすのだ。

身体を動かすスポーツ選手も同じだったんだな。

と、何となくそんなことを考えてしまった。

でも、何もせずにただただ不安がるよりはずうっといいよね。
それがたとえ実際に仕事へ繋がらなくても、得られるものは何かあるはずなのだ。

もっとも、スポーツよりも何かを作り出すことっていうのは結果が分かりにくいことなんだけどね(^_^;)
posted by うり at 22:09| Comment(5) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

「何も出会わなかった自分がダメなんだよ」

NHKの朝の番組で、アラーキーこと荒木経惟氏が出演していた。
何気なく見始めたのだが、荒木氏が何だかあまりにも楽しそうに話を
しているので、ついつい見てしまったのだ。

私にとって、荒木経惟氏のイメージは、過激なハダカの写真を撮る写真家、というものだったが、この番組での荒木氏は何となく違う雰囲気だ。

この荒木氏、ヒマさえあればどこへでも三脚を担いで、とにかく目に止まったものを撮りまくっているようで、ある日の密着映像でも、渋谷のスクランブル交差点だろうが(雑踏が好きだとも言っていた)路地裏のポストだろうがとにかく何でも撮りまくっている姿が映し出されていた。

で、その映像を見ては「ポストね〜、いいんだよね〜」とか
「この木がいいんだよね〜」とか満足そうに喋っている荒木氏。
映像を黙ってみているこちら側としては、一体何がそんなに気に入っているのか分からないくらいなのだが、荒木氏があまりにも楽しそうなので、何となく私まで楽しくなってきていた。

面白いオジさまだ。
こういう人を、好々爺って言うんだろうな、と思いながら見ていた。

そんな荒木氏だが、最愛の奥様を20年ほど前に亡くされており、その奥様を
ずっと撮り続けていた写真集が紹介されていた。
この本には、新婚旅行中から、闘病中、亡くなる寸前の奥様の姿から、亡くなった後の生活をも淡々と撮り続けているものだった。

驚いたのが、闘病中の奥様が危篤となり、慌てて病院に行く道すがらに自分が駆け上がる石段まで撮影している。
こういうのを普通に見ると、「奥さんが危篤だっていうのに、こんな余裕が
あるの?」と思ってしまいそうになるが、荒木氏を見ているとその概念が
全く違っていることに気づく。

本人も言っていたが、「人間の前に写真家なんだろうな」と。


そして、冒頭の言葉。
最初も書いたが、カメラと三脚を担いで、何があろうとなかろうとひたすら街を歩き続ける荒木氏。


「こうやってるだけで、出会いがあるんだよ。気づくものがある。もちろん、何も気づかない時もある。そんな時はね、何も出会わなかった自分がダメなんだよ」(言葉は違うが、ニュアンスはこんな感じ)


思わず、最後の言葉をメモに取る。


すげえ。荒木経惟、スゴイ。カッコイイ!!!


過激な写真で何かと世間をにぎわせたことのある荒木氏だけど、きっとこの人にとっては街のポストや猫を撮るのも、女性のハダカを撮るのもそれほど変わりはないんだろうなあ。


私はあまり写真に興味はないけど、この荒木氏の写真をもっとちゃんと見たくなった。

それと、余談だが今まで私が見て気に入った写真家の写真は、ロバート・キャパ氏が撮った「アーネスト・ヘミングウェイと息子の写真」と「ピカソと女性との写真」だ。
この2枚とも、見ているだけで会話が聞こえてきそうなくらいイマジネーションが湧いてくる写真。

勝手な想像だが、荒木氏はそんな写真をたくさんたくさん撮っている人なのではないだろうか?


と、思ってみたり・・・。




posted by うり at 08:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

ウェンツじゃない方。


友人との電話での会話の中の一言。

「小池徹平」が浮かばずに咄嗟に口をついて出てしまった。


ウェンツの存在意義とは。
posted by うり at 13:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

どうしても二階に上がろう。この熱意が階段を作りあげる。そう考えなければ、ハシゴは生まれない。

仕事中に調べ物をしている時に見つけた言葉。

これは、あの松下幸之助氏の言葉で、正しくは
「何としても二階に上がりたい、どうしても二階に上がろう。
この熱意がハシゴを思いつかせ階段を作りあげる。
上がっても上がらなくてもと考えている人の頭からは、ハシゴは生まれない」
というもの。

この言葉を見た時に、私はとても納得してしまった。
よく、私は人から
「そんなことをよく考えつくね」とか
「よくそこまで出来るね」
と言われることがあるのだが、私の根本は正にココにあるような気がする。

つい先日のキンキキッズのライブにしても、そう。
この話を友人に話した時に、
「ファンクラブでも入ってたの?」とか
「何でそういうことを知ってるの?」と
さんざん驚かれたものだが、何のこたーない。
「行きたい。行ってやるっ!」と言う気持ちで調べただけだ。
で、それを行動に移しただけ。

もしかしたら、情報は受け取るものだと思っている人が多いのかも
知れないが、私にとっては情報とは取りに行くもの。
そして、集めて選別するもの。
たったこれだけの違いだが、実際に行動に移した時にものすごい
違いが現れるような気がする。

今のライターの仕事もそうだ。
いや、最初は私も受身だった。
ライターという仕事を下から見上げて、指をくわえて見ていただけだ。
だけど、その窓に小石を投げて見たら、当たった。
じゃあ、と思い、今度は呼びかけてみた。返事があった。
そうして、やっとハシゴをかけることが出来て、今の私がある。

もちろん、割と安易な気持ちで実行したり試してみることが殆どなので、
失敗もたくさんあるし、玉砕もしてきた。
なので、多少の失敗など痛くも痒くもない。
まあ、それは逆に進歩なしという結果を生んだりしているのかもしれないけど。

・・・と、そんなエラそうなことを書いているけど、実は挑戦してみることが
怖いことだってあるんだけど。
それはまた、別の話。
posted by うり at 08:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

そんなに急いだって、結局は5分も変わらんのんじゃ。

折に触れて、私がふと思い出す言葉がある。
それがこれ。

この言葉は、私がアルバイトをしていた会社での営業のSさんの言葉。
当時、原付で会社に通っていた私だったが、ある時スピード違反で掴まってしまった。
それをその会社で怒りながら話した時に、そのSさんが笑いながら言ったのだ。

Sさんは結構いい年のオヤジだったが、一見ちゃらんぽらんで何を考えているのか
分かりにくい人。
でも、こんな風にふとした言葉に妙に人生観を感じさせる人だった。

なるほど、と思った。
それから、びゅんびゅんと追い越す車や無謀な運転をする車を注意深く
見てみると、結局次の信号で一緒に並ぶことが多いと気づいたのだ。

あんだけ無謀な運転しておいてこれじゃあ、ねえ。
割に合わないや。

もともとせっかちでもなかった私は、それから急ぐことをやめた。
でも、急ぐ車はびゅんびゅん追い越していく。
ホラ、信号で並んじゃったね。お疲れ様。

人生だって同じじゃないかな。
何かに対して急いだって、きっとそんなに変わらない。
でも、だからと言って何も行動を起こさないのは違う。

アクションは起こすけど、決して急がない。
自分が一番いいペースで進んでいければいいじゃない?
だって、自分がしたいように、したいじゃん?

これが私が、マイペースだと言われるゆえん・・・かな。

posted by うり at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ぶつくさブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート