恋愛観 - ぶつくさブログ

2014年05月15日

これがモテる趣味というものか。



私にツッコんで欲しいのかと思う記事があったので
突っ込んでみる。

・出会いがない!なんて嘆く前に
モテ力をアップさせる趣味がおすすめ!

とのことで
下の3つが挙げられていた。

■3位:ピラティス
■2位:料理(和食)
■1位:自分磨き(セルフプロデュース)

なお、4位以下は以下の通り。

4位 絵葉書・絵手紙
5位 書道
6位 テーブルマナー
7位 茶道
8位 ウォーキング
9位 フラワーアレンジメント
10位 着付け

ふーーーーーーん。

例えば、趣味の話になって、
「ピラティスと、フラワーアレンジメントかな。
あとは着付けも今度習おうと思って」

なんて言う女性がいたら私は多分その場で
シャッターを閉めてしまうかもしれない。

別に悪い趣味とは言わない。もちろん。
それは人の自由だから。

ただ、

隙がなさすぎなのだ。
面白くない。

こんなことを平気で言える人と話しても
面白みを感じられないので
それ以上話をしたいと思わないのだ。

それに、趣味ってモテるためにするもんじゃないでしょ。
好きだからするもんであって
モテるためにしたって全然楽しくないだろうし
そのマインドが怖いわ。

なので私の趣味は

ネット
アニメ
乙女ゲー
昼寝
いいバンド(曲)探し
物事に密かにツッコむ
ホラーを楽しむ
猫と戯れる


とまあこの辺で。
posted by うり at 21:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 恋愛観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

恋愛本を書いてきた私的監修・彼氏彼女の作り方

どうも。
やる気になって最近は更新してます。よろしく。

今回の元ネタはこれ。

彼氏彼女の作り方

1 恋愛対象になりうる年齢の異性と出会います。
2 仲良くお話をして、相手のことをちょっと知ります。この時、いいところと悪いところ、両方見つけます。
3 今度みんなで遊びに行く約束をします。そのために連絡先を交換します。
4 みんなで遊びに行って、より仲良くなります。
5 今度は二人で遊ぶ約束をします。
6 二人で何度か遊びに行きます。距離を縮めます。
7 まぁ嫌われてないだろうと思ったら、告白します。
8 成功→恋人GET
恋人いない歴=年齢だけど、だいたいあってるよね?

というか、そもそも1番がクリアできれば後は何とかなりそうなんだが、
この1番が最も難しいのではと思い、真面目に補足してみる。

出会い方というのは実は一番難しい。

1.周りにいる人を再チェック
2.紹介してもらう
3.出会える場所に出かける(サークル、パーティーなど)
4.SNSを利用する
5.出会い系を利用する

大体こんなところかなあ。

但し、それ以前に最低限、自身の身なりをある程度整えておくことは必須。
カッコよければ、可愛ければいいというもんではない。
1番は清潔感。2番目は相手と目を合わせて話ができること。
欲を言えばある程度会話の引き出しも欲しいところだが、まあこれはできれば。

なので、出会う前にせめて清潔感、相手と目を合わせて話すことくらいは
クリアしておいてほしい。

で、
1.周りにいる人を再チェック

これは、彼氏彼女が欲しいと思う前と後では相手の見方が違うからだ。
よ〜〜く見てみたら、あ、この人ならいいかも。と思える相手がいれば
まずは接近すべし。
接近の仕方は最初の項目の2番を参考に。

2.紹介してもらう

2番目に挙げてはみたけど、私的にはちょっと避けたいパターン。
というのが、「紹介して!」と頼んで紹介してもらった相手が
許容範囲ならまだいいけど、ちょっと勘弁なタイプもありだからだ。
その場合、紹介して!と頼んだ相手にも気を遣うので。

ただ、友人の友人に好みの相手がいるパターンなら積極的に紹介してもらうのは
アリかと。

3.出会える場所に出かける(サークル、パーティーなど)

実はこれが一番効率がいいと思っている。
しかも、自分も好きなことができるうえ好きなタイプと出会えるなら
これほどおいしいことはない。
入口が一緒なので相手との共通点も多いし、これはお勧め。

4.SNSを利用する

3番と似たパターンで、これもいいと思う。
だけど、怖いのは会うまで相手の風貌が分からないこと。
あまり夢を見すぎず、SNSで気になるサークルに入って
オフ会とか行くのはありかも。


5.出会い系を利用する

別に私は聖人君子ではないので、そんな今まで会ったことない人にいきなり
会うなんてとかそんなことは思わないが、リスクが大きいと思われるので
最後にしてみた。
リスクとは、SNSのサークルと違いいきなり1対1で会うことになるからだ。
もちろん、ある程度メールでやり取りをして実際に会うのが基本だが、
じゃあ実際に会ってみてどうよという感じもある。
写メを交換し合うのも個人的には警戒するなあ。今の若い人たちはそんなことは
ないんだろうか(^^;

でもって、ラッキーにも付き合えるタイプだったとしても・・・。
「出会い系で出会った」ことにお互いにしてに不信感を感じそうな気がする。
実際、そんな風に出会って疑心暗鬼にかられているカップルを何組か
見ているからなのだが・・・。

ま、そーゆーわけで、出会いたいと思っている人はぜひどうにかして
出会ってほしいと老婆心ながら心から願う。

最近は街コンとかあるし、他にも○○コンとかたくさんある。

頑張れ〜るんるん
posted by うり at 11:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 恋愛観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

クリスマスの想い出

クリスマスですねえわーい(嬉しい顔)

・・・なんて、若い頃はそれなりにウキウキしていた・・・はずなんだけど、家族を持つ現在となると何でもない日になってしまったあせあせ(飛び散る汗)
つか、クリスマスって、キリスト教でもないのに・・・

と思っていたのだが、今日、生徒さんにいい話を聞いた^^

クリスマスの起源は元は東洋にあり、それがカトリック、ロシアへと伝わったものらしい。
で、元の意味は、年も暮れる頃に、1年の楽しいお祝いをしようという
シンプルな意味があったとか・・・。

それなら、少し気が楽になった。
そっか、キリスト教でなくても浮かれてたっていいんだわーい(嬉しい顔)
なんてね。

そんな私のクリスマスの想い出。

これはまだ、私がクリスマスに対して異常に理想を抱いており、クリスマスというよりイヴ至上主義だった頃のことだ。
(今ではなんでイヴに盛り上がるのか?と不思議でならないが)

当時付き合っていた彼氏は結構なオシャレさんだったのはいいのだが・・・。
デートの時に現れた彼のいで立ちがあまりにも気合が入り過ぎている感じで内心恥ずかしかったことを覚えている。

懐かしいなあ〜。


彼と別れた時、ボロボロになった私だが、今となってはいい思い出・・・どころか、ほぼ思い出すこともないあせあせ(飛び散る汗)
もう一生恋愛なんてできないなんて嘆き悲しんでいたはずが、
それから何度恋に落ちたんだろう。

人間ってゲンキンにできてるよね ホント

と思わざるをえなかったり・・・。

なにはともあれ


メリークリスマ〜スぴかぴか(新しい)

posted by うり at 00:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 恋愛観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

銀色 暗号




・・・もし会えなくなっても、あの星座を見たら思い出すようにしよう。
あの、『M』の形の、カシオペア座。


あの時、あなたはそう言った。


それから本当に会えなくなってしまったけど、私は夜空を見上げると、
あなたのことを思い出すことがある。

そして、あなたが指差したあのカシオペア座。


本当に、会えなくなってしまったね。


でも、私はここで星座を見てる。

あなたのことをいつもではないけど、こうやって思い出すことがある。


あなたが私のことを思い出しているかどうかは分からないけど。




あんな恋があったなあ。




と思い出すこと、ひとつ。







posted by うり at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

なお美さまの一言に、一言。

あの、妄言というか迷言が多い、川島なお美さまがとあるTV番組で
こんなことをおっしゃっておられました。

「愛してるって言葉は賞味期限1日じゃない?」

これを受けて、司会者の上沼恵美子やもろもろのゲストたちもやんやの大喝采!
なんだけど、私的には

「え、それでいいの?」

と思ってしまったのだ。
なお美さまともあろうものが、ちょっと甘いんじゃない?

私は、愛してるとかそういう気持ちを表す言葉はその瞬間だけしか
意味がないと思っているのだ。

だから、そんな風に言われても、つい

「今はそうだろうけどね」

って、内心はそんなことを思ってしまう。

だからと言って、よく女性が相手に求めるようにそんな言葉を欲しいとも
思わない。
それはやっぱり、その言葉が今その瞬間しか意味を持たないと言うことを
知っているから。

ああ、なんか書けば書くほど可愛くない女だなあ、私。
でもねー、とにかく私は、相手に負担をかけたくないのだ。
だから、無理されるのもヤだし、するのも嫌。

例えば、相手が私以外の女性と遊びたいと思ってて、でも私がいるから・・・
って無理に諦められるのも嫌。
今その子と遊びに行きたいって思ってんでしょ?
だったら行けばいいじゃん。

と、本気で思っている。
で、私のことも好きでいてくれたらそれでいいや、って感じなのだ。

そういうのを心理テストみたいなのでそのまま答えたら、
「あなたにとって『交際する』ということは何の意味があるのでしょう?
もっとその意味を考える必要がありますね」
だって。

なんだろねー。
理想は一夫多妻&一妻多夫制度が希望なんだけど、それじゃあ世の中成り立たんわな、
実際。

こんな私の恋愛観は間違ってますか。



posted by うり at 20:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 恋愛観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ぶつくさブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート