BUYMA(バイマ) - ぶつくさブログ

2013年02月17日

輸入業について書いてみる

ここでも何度か触れているが、私は昨年の初めから
輸入業をやっている。

正直、自分だけでぽつぽつとやっていた頃は、
月に売れても10件がいいとこだったし、
昨年の11月、12月なんかは普通は稼ぎ時だっていうのに
本当に悲しいくらい売れなかった。

でも、楽しいのでやめようとは思わなかった。
ただ、なんとかしなきゃ、とはずっと考えていた。

そんな私に、転機が訪れた。

それまではアメリカ、ヨーロッパでしか品物を探していなかった
私だが、あるサイトをきっかけにして韓国、中国などアジアも対象にし始めた。
そうすることで、とある業者さんと知り合うことができた。

その人が扱っているアウトレットの品物は、日本ではとても売れているものだと
わかっていた。
だけど、競合は多いし価格競争に巻き込まれたくないしと思い、
まさかそうは売れないだろう、と思いつつ年末年始にせっせと出品作業に
追われていた数日後、なんかしらんが、めちゃめちゃ受注が入り始めた。

毎日、数件は必ず入る注文。
気づいたら私の受注件数は50件は超えていた。
月半ばにして、である。
それまでは月に多くても10件だったのに。なんだこの差は。

正直、自分でも対応しきれなくなっていた。
嬉しい悲鳴である。

とにかく、この1ケ月はめちゃめちゃ売った。
と同時に、売れるものは売れる、ということを初めて体験できた。

この品物は季節ものなので、冬場に売れることが分かっているが、
いつまでも売れるもんじゃない。
そこで、何を売るか考えなきゃいけない(提案もしてもらっているが)のだが、
実は未だにその品物に振り回されている状態・・・。
(まだコンスタントに売れているのだ)

その人は、輸入業に携わって10年の経験を持ち、なんかもうめちゃめちゃブランドに
詳しい。
私はこんな仕事をしているのにあまりブランドに興味はなく、
自分が扱っているものをあまり欲しいとも思わない。

ただ、その人との出会い、関わりのおかげで私は今、去年からは想像ができない
状況にあることは確かだ。

もちろん、たくさんのトラブルもあり、クレームもあったり、凹んだり
嬉しかったり焦ったり(これが一番多い)といろいろだが、
何といってもメールチェックが欠かせなくなった。
もう完全に受注中毒である。

今後、この仕事がどうなるかはわからないが、それでも
売れる経験ができたことを私はきっと忘れられないだろう。

そしてまた、その快感を味わいたくていろいろと仕掛けるに違いない。

その先は・・・・自分がそれに携わっていなくても収入がある状況。
そしてその収入を糧に、できることを広げてみたいと貪欲に思っている。

かと言って、今のいわゆる安定した講師業をやめる気も今のところはない。
(毎日やめようと思ってはいるがたらーっ(汗)
というのも、今のバイヤー業なんて作業的にはたかだかしれてるので、堕落した
生活になってしまうのは目に見えているのだ。
せめて私は、人間のように生きたい。


最近ハマっている音楽

ツイートもしたが、すごくいいバンドを見つけて喜んでいる。




何がいいって、聴いていて楽しい。曲の構成も面白くて、上のPVは一部なんだけど、
最後まで飽きさせないメロディーラインとアレンジがいい。
他の曲もすごくいいので、これは宝物。





偶然見つけた。
ボーカルの子の中世的な声が魅力的なバンド。
他の曲も聴いたけどこれが圧倒的にいい。



思わず「・・・サカナクション?」と思ってしまうくらい私の好みに直球。
ただ、他の曲はフツーだったのであえてこれだけ。



実は他にもいろいろチェックしたバンドがあるけど、聴いてるうちにその差が
分からなくなったあせあせ(飛び散る汗)







posted by うり at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | BUYMA(バイマ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

さて、ゴールデンウィークだ。バイマしよ。

ゴールデンウィークに入った。
私は休みだが、子どもたちは部活、学校があるので早朝からもういない。
ダンナもまだお仕事。

ってなわけで、朝っぱらから既に至福の時間だ。

ああ、嬉しい。

とはいえ、現在私は自分の仕事とは別にもう1つやっている副業があるので
正直、そっちの方が気になるのだ。

BUYMA(バイマ)というHPがあるのをご存じだろうか。
http://www.buyma.com/

ここでは、個人が品物を海外から買い付け、それを個人のお客さんに
販売するというシステム。

そこで私は半年ほど前から、ちょこちょこ販売者(バイヤー)となって
注文が入ったら買い付けをしているのだ。

もともと、e-bayでのバイヤー経験があるので、海外で品物を
購入するのは抵抗がないし、英語がたとえ中学生レベルでも、
グーグルクロームがあれば翻訳してくれるし、特に問題はない。

海外で販売されているブランドの価格と日本のショップの価格を
見ると驚くほど価格差がある。
実はそこに私たちバイヤーのうまみがあり、買い手は買い手で少しでもブランド物を
安く購入したい、日本未発売、未入荷のブランドが手に入ると
いうこともあり、その両者がうまくマッチングしたシステムなのだ。

とはいえ・・・。
最初の数ケ月は売値の設定が甘く、関税やら送料やらがバカ高く
赤字になることもふらふら
まあでも、それも経験ってことでそこは泣く泣く収めることにした。

確かに、海外との価格差はあるが、やはり送料、関税がネックであることは間違いない。
この両者であっという間に10,000円程度の価格の違いは出てきてしまうのだ。

それでも、余りあるほどの利益が出ることもあるから、やはり日本はブランド
天国であることは間違いないだろう。

ネットで副業、おこずかい稼ぎ、なんて言うとめっちゃ怪しい響きなのだが、
いろいろとやってみたがどれを取っても片手間でなんてできるものはない。
そりゃ、昔作った商品紹介のたった一つのブログから知らん間に売り上げが
あり、数千円〜二万円くらいの報酬が出ることもあるが、これはほんの一部。
こういう成果が出るまでに、どれほどの時間を割いたかってんだ。

それでも私は、ネットで収入を得ることに執着をしている。
まだまだ諦めてはいない。
実際に、それなりに収入になっているのは事実だからである。

前にも書いたが、人間、体を使って労働をするのは限界がある。
ならば、ゆくゆくはそう労働せずともある程度の収入がもらえる
ようにしておきたい。
それだけの話なのだ。

とはいえ、もしも在宅のみで収入が得られるようになったとしても
現在の仕事は辞めないかもしれない。
というのが、家から出なくなったら、本当に錆びついてしまいそうだから。
在宅でライターを3年間ほどやっていた時期もあるが、それはそれで
悪くはなかったが、やはり生活がダラダラしてしまうのだ。
ずっと部屋着で、すっぴんでも仕事ができるわけだし。
(あえてそれはしていなかったが・・・)
だから当分は、二足のわらじを続けるだろうな。と思う。

節約はするが、しすぎるのは嫌いだ。
ある程度の余裕は欲しい。
例えば、欲しいと思ったものは衝動買いできるほどの。

なので、お休みの日、普段の日でも収入を得るための努力は
惜しんでいない。

・・・って、ただのワーカホリックではないかとつくづく思ったり・・・。
posted by うり at 09:39| Comment(4) | TrackBack(0) | BUYMA(バイマ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ぶつくさブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート