面白いサイト - ぶつくさブログ

2013年06月13日

苗字の由来を知ってるかい?

面白いサイトを見つけた。

苗字由来net
http://myoji-yurai.net/

調べたい苗字を入力して検索すると、都道府県別ランキング、全国に何人いるかとか
苗字占いとかその日最も幸運の名字とかちょっとしたお遊びサイト。

ちなみに、私の現在の姓は

「江戸時代の大名家のひとつ●●家は徳川家などを輩出した現愛知県東部である三河が起源(ルーツ)である、中臣鎌足が天智天皇より賜ったことに始まる氏(藤原氏)道兼流がある。ほか清和天皇の子孫で源姓を賜った氏(清和源氏)、清川氏などにもみられる」

ともっともらしい内容となった。

旧姓で調べると

「朝廷に仕える公家●●家は中臣鎌足が天智天皇より賜ったことに始まる氏(藤原氏)飛鳥井家流がある。ほか田使姓、中臣鎌足が天智天皇より賜ったことに始まる氏(藤原氏)。藤原南家、越智氏(物部氏の子孫)、安倍氏(祖先は第八代孝元天皇の孫)などにもみられる」

ほおほお。

よくわからんが大層な名前じゃないかあせあせ(飛び散る汗)

私の個人的好みで言えば、旧姓も今の名字も3文字で濁音が入っててなんか
似たような感じなので、

できれば4文字で濁音がない名前がいいなあと思ったり思わなかったり。


最近見た映画

暗くなるまで待って



言わずと知れたオードリー・ヘプバーン主演作品。

あらすじ 夫のサム(ジンバリスト・Jr)が見知らぬ女性から受け取った人形には
ヘロインが隠されていた。ヘロインを奪い返そうとする組織のリーダー、
ロート(アーキン)は、マイク(クレンナ)とカルリーノ(ウェストン)の二人と
共にサムのアパートで人形を探すが見つからない。
そこで、妻のスージー(ヘプバーン)が盲目である事を知った3人は、
人形の行方を突き止めるために一芝居打つ事に……。





感想 (ネタバレありかも?)










いやー、本当に良質のサスペンス!

実は、タイトルからてっきり「ああだめよそんな」みたいな恋愛ものだと
勝手に勘違いしていたのだが、全然違ったあせあせ(飛び散る汗)
まず、ヒロインが盲目であることが一番のポイント。これにこのストーリーの
肝が見事につぎ込まれている。

それと、最初はあまり好きじゃないと言っていた女の子(近所の女の子かな?)と後半はうまく
連携を取っていたのも見事。

盲目ならではの設定で、これは舞台でもきっと面白そうだと思った。
軽く見ていると最後には目が離せなくなる作品。見てよかった。




最近見ているアニメ

「翠星のガルガンティア」



あらすじ
遠い未来、遥か銀河の果て。種の存続を賭けた死闘を繰り広げる、
『人類銀河同盟』と異形の怪生命体『ヒディアーズ』。
戦いのさなか、同盟の少年兵『レド』は、支援AI搭載型の人型機動兵器『チェインバー』とともに時空のひずみへと呑み込まれてしまう。
人工冬眠から目覚めたレドは、そこが表面のほとんどを海に覆われた人類発祥の星“地球”であることを知る。初めて目にする大海原と、旧文明の遺物をサルベージして形成された、人口数万にも上る巨大船団『ガルガンティア』。
地球に暮らす人々にとって、レドはまったくの異邦人だった。
未知の環境へと投げ込まれたレドは、チェインバーとともに生き残りの道を模索してゆく。


なんか、あらすじだけ読むと小難しそうなストーリーに思えるけど、実際は
全然違う。
1話だけですっかり面白くなってしまい、次の展開がとても楽しみな作品なのだ。

イケメンも嬉しいけど、この作品はヒロインのエイミーがとっても可愛い。
ストーリーの雰囲気もジブリっぽいので、ジブリ好きな方におすすめ。

posted by うり at 23:00| Comment(13) | TrackBack(0) | 面白いサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ぶつくさブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート