日記 (5) - ぶつくさブログ

2008年06月16日

お酒が飲めないのだけど・・・

私のコンプレックスの1つに、

「お酒が飲めない」

と言うものがある。

今はそうでもないが、20代前半の頃は「飲めない」=「つまんない」というイメージがあるのか、ずいぶん肩身の狭い思いをした。
もちろん、私だって飲んで、気持ちよく酔ってみたい。
だけど、どんなに調整しながら飲んでも、過ぎると気持ちが悪くなってしまうのだ。

だけど、お酒の席は好きだ。
みんなでわいわいやったり、喋ったり。

しかし、中にはまだ、私に酒を飲ませようとする人もいるので困る。
「気持ち悪くなるから」
と断ると
「それは昔の話でしょ?今は分からんが」
というように。

あるいは
「酔ってみようや〜」とか。
あのー。そうすると帰れなくなるんですけど・・。

えーと。
私も年に数回は飲む機会くらいありましてですね?
そのたびに、自分の体と相談しながら飲んでるの。
んで、やば!と思ったらウーロン茶に切り替えて、という風に、いろいろ考えながら飲んでるわけです。

それを伝えるんだけども、こういうタイプの人は分からないみたいたらーっ(汗)
私的には、分かってもらえないことが分からないのだけど・・・。

なので
「飲める人にはわからないんだ」
と言うしかない。

飲める人は飲んで、飲まない人も飲まずにその場を楽しめる。
そういうお酒がやっぱりいいなあ。
posted by うり at 13:48| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

煽られてみよう。

煽りメーカーというものがある。

早速、煽られてみた。(BGM注意)

aori_img.gif

うーん・・・意味が分からん。
でも、タイミングによってはピッタリ合っているのが出るから笑える。

なので、ちょっと遊んでみた。


吉兆女将

aori1_img.gif


福田康夫


aori2_img.gif


松田聖子

aori3_img.gif


中川翔子

aori5_img.gif


人選は適当に。
というか、キンキさん2人をやってみたけどあんまり面白くなかった(^_^;)
posted by うり at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

ニコ動にハマる。

今更ながら、ニコ動にハマってしまった。

いつもは、ようつべなんだけど、ニコ動は登録するのが面倒でずうっと放置していたのだ・・・が。
妹がニコ動でBGMを聴きながら仕事をするんだと言ってて、なんじゃそりゃと思っていたら、投稿者が適当に好きなアーティストの曲をつないでベスト盤みたいなのを作っているらしく、それが結構楽しいらしい。
しかも、1時間くらいはザラで流しっぱなしにできるらしく・・・。

ようつべは平均4〜5分くらいで、終わったらまた次を選ばなきゃいけない。
しかも、動画はつい見てしまうので仕事にならんし・・・。
というので早速登録してログイン。

現在私の中で注目NO.1として復活しているTM NETWORKの動画を探して見ていた。

人間恐ろしいもんで、あれだけ丸くなったウツを見てショックを受けていたくせに、今となってはそれもちょっと許せる自分もいる。
それに、去年のライブ映像や過去の映像を見ていると、圧倒的に今の声の方が通っていることにも気づいたし・・・。

つーわけで、片っ端からTM動画を見ていた。
すると。

なんか、ウツのダンスに関する反応がすごい。

すごいっつーか、ハッキリ言ってウケてる。

ぶっちゃけ、笑われてる!

確かに、私もずうっと、ウツのダンスは不思議な動きをするとは思っていた。リズムの取りかたが小刻みだし、でもそれがカッコイイと思っていた。
英語の発音がカタカナ英語だということは、当時から私らファンも真似していたし(^_^;)分かっていたんだけど、とにかくこの宇都宮ダンスに注目が集まっているのだ。

ニコ動は、閲覧者のコメントが流れるという機能があり、それがウザイっちゃあウザイのだが、逆におかしいシーンでは更に笑いが助長される。非表示にもできるが、共有したい場合はコメントがあった方が楽しいし。

そうして、ウツのダンス映像を追いかけて見ているうちに、
それが「宇都宮体操」として名づけられていることが分かった。
場合によっては、「宇都宮ブートキャンプ」とも。

ひいい・・・。おかしすぎる!!

しかも、皆のコメントに悪意がない(たまにあるけど無視)のが感じられて、それにも安堵しつつ。

確かに、ウツダンスのウケ具合にファンとしては複雑。
しかし、忘れ去られるよりは話題になっていることが嬉しかったり、再認識される方が嬉しい。

それに、意外とTMファンというのは若い世代が多いのだ。
どんな形であれ、彼らのことが再認識されるのは大歓迎。
だからと言って、宇都宮体操がひとり立ちするのはヤだなあ。
逆に、そうなると全然面白くない気がするしね。
posted by うり at 10:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

体力なさすぎ・・・(-_-;)

テニス3週目。
(間2回はコートの都合でできなかったので)

右側のボールを打つ(フォア)、反対側のボールを打つ(バック)方法を教えてもらったので、今回は最初からいつものように先生が玉を送ってくれるので、それに向けて打つ。
大体、1人15球くらいかな。

いつものように、私がトップバッターで(なんとなく決まったらしい・・・)始まり、約10名が全員打ち終わった後、今回から参加した若い女性がため息混じりに

「結構ハードですね・・・・」

と言ったのには驚いた。


はあ?


まだこれからなんですけどー・・・。

「いや、まあ、まだこれからだから・・・」と言って、私の番がやってきたのでまたもやフォアで打つ。
その後、全員がバックを2回ずつ、フォア、バックを交互に打つ練習。

で、何となくさっきの女性が気になったので、彼女の方を見ていると既にバテバテの様子。
座り込んで、何度も水分を摂っている。

そんなに疲れるかあ?

その後、なんと初めての人間を相手に球を打ち合うこと。
お互いに若干ビビリながらペアを組み、始める。

私の相手は50代の女性。
いつもは先生の球送りの時にめいっぱい打つので、彼女はそのクセが抜けないらしく思いっきりホームラン続出あせあせ(飛び散る汗)

おーい。もう少し力抜いて下さ−いふらふら

私は私で、逆に球が入らない。届かない。
(ボールがラケットの中央に当たっていない様子)
見かねた先生は、私たちをもう少し近づけさせて打ち合いをすることになった。

まだまだ気持ちよくラリーにはならないまでも、これがなんとも楽しい。

「さあ、休憩しましょうかー」

え。もお?

ハッキリ言って、体力の3分の1くらいしか使ってない。
これからってとこなんだけどー・・・。

しかし、先生の合図に、そこら辺に座り込んで水分を摂り始める皆さん。


マジ?

私、まだ座る気にもならないし、この程度で水分摂ってたらオナカたぽたぽになりそうなんですけどー・・・。

私ってもしかしたらタフなんかなあ?
今日は朝も仕事してるし・・・。

いやいや、きっとこの人たちが体力がなさすぎなんじゃなかろーかといろいろと考えてしまった。


物足らないので、先生に

「全然、何ともないんですけどー」

と言っておいたが。


それにしても、帰る時に、へろへろの様子で帰っていたあの女性。
あんなに体力なくて、大丈夫なんだろーか・・・。



posted by うり at 08:41| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

でっかいテレビ

我が家のテレビは未だにブラウン管たらーっ(汗)
見ると、93年製とあるから、うひゃー。15年目?
(ということは結婚して15年目ということにもなる。これにも驚き)

しかも、このテレビ、まだどこも悪いところはないし、私も凝りはないのでなんとも思わなかった。

だけど、今年に入ってダンナの「TV欲しい」オーラが強くなり・・・

「オリンピックをデカイ画面で見たいじゃろ」


え、別に・・・。


「キングダムハーツとかファイナルファンタジーとかアンジェがでっかい画面で出来るんでるんるん




いる。


欲しい。


激しく欲しいっexclamation×2


と、私のヲタ魂をプッシュ!

というわけで、早速某激安TVショッピングをチェックしつつ、毎週のチラシをチェック。
そこで、欲しい機種と値段が大体決まってきた。

欲しい大きさのTVは42型。
HD内蔵必須(ブルーレイまだ高すぎ)
んで、スピーカーとかも欲しい。
しめて、20万前後で決定〜ひらめき

その希望を元に、目指す機種が一番安かったY電機でひと揃え購入したのは連休前。
残念ながら、すぐに届くことはなく・・・(TV台が連休前で品切れだった(-_-;)

で、届くのはいよいよ明日となった。
おかげで、まだ途中のキングダムハーツ2をプレイする気にならず・・・。(でっかい画面でプレイしたい黒ハート
しかし、ウチの決して広くないリビングで、この大きさのTVがどれだけの存在感を持つものなのか・・・あせあせ(飛び散る汗)

乞うご期待ダッシュ(走り出すさま)
posted by うり at 08:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

ガッツリ食堂

おわ。
またまた仕事にかまけていたら、1週間更新出来ていなかった(-_-;)
いや、マジで忙しくて、ほんまにこれ全部できるんかいな(by岡山弁)と思っていたら何とかかんとかほぼ仕上がったあせあせ(飛び散る汗)
後は内容チェックのみ。ちょっと安心。

で、昨日のことだが、ダンナが「はぎわら」に行きたいと言い出した。

はぎわらとは、奉還町にあるガッツリメニューを食べさせてくれる食堂だ。
私的にはそういう気分でもないし、月末でお金もないので「1人で行けば?」と言っていたのだが・・・
「おごるから!」というので、家族4人でいそいそと出かけてきた。

ここを知ったのは、多分まだ結婚前ではなかったか・・・。
大食いのダンナの胃袋を満たすためには、こういうところじゃないと
デート代がかさんで仕方がなかったのだ。

最近来たのは、ダンナがケガで入院していた去年の12月の頃だったかな。
相変わらずのガッツリ・コッテリぶりだったが・・・。

ここのウリは、ゴツイ、カツ・フライのメインとこんもり野菜、とても「中」サイズとは思えない山盛りゴハン。
うっかり入って普通に頼むと、その量のすごさに圧倒されるはずだ。

私と娘はカツカレー(ゴハン小サイズ)息子とダンナはヒレカツのゴハン小・中サイズ。
幸い、カツカレーのライス小は適度な量で(つーか私も食べる方かも)
私は完食、娘もほぼ完食(同じく大食い)息子は8割方残し、後の残飯はダンナが全て食べた。

ふう〜。満腹exclamation

おかげで、夜になっても腹が減らず・・・。ものすごく簡単な夕食で済ませてしまったわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

しめて、2,800円也。

これで夕飯分も兼ねているなら、ある意味お得かもしれん・・・。

小食の方にはかなりヘビーなメニューかもだけど・・・、話のタネにはなるかもよ手(チョキ)
posted by うり at 17:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

テニス2週目

今回は、前回と同じ、素振りと、先生が玉を送ってくれるのを順番でひたすら打つ。

こういう時、特にあまり知らない人たちの間だと、トップバッターで誰が行くか、何となくしり込みしてしまうことが多い。
で、しばらく皆で顔を見合わせて、誰かがしぶしぶと出て行くのだ。



だったら早く出て行かんかい。



と思うので、大抵こういう役割はいつも私。


別に、トップで打とうが真ん中だろうが最後だろうがへたっぴには変わりないし、あの、皆で顔を見あわせる時間がなんとももったいないのでいつも躊躇なく行かせて頂く。
(若干イラつくけど)


んで、先生はボールを投げながら、私に
「素振りの1,2,3に合わせて!」

と言うが、それにあわせてやろうとすると、私は手と足の動きが分からなくなるのだ。
それよりも、なんも考えずにボールを打った方が、ちゃんと打てる。

それと、今日注意を受けたのは、ボールを打つ時に、どうやら手首が曲がってるらしいので(自分ではちゃんとやってるつもり)

「ラケットと腕を一体化させて!」

とも言われた。


えーん。わからんあせあせ(飛び散る汗)


もう、こうなったら、北島マヤ@ガラスの仮面みたいに木の添え木を使って手首とラケットを固定させたいくらいだダッシュ(走り出すさま)


ところで、来週と再来週はコートの都合で教室はお休み・・・。

やばい。絶対忘れる。
せめて壁打ちくらいはしたいなー。

そういえば、オートテニスって七日市の方にあったと思うが、行ってみよっかなあ〜ひらめき



posted by うり at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

人生初テニス

さて、いよいよやってきたテニス教室当日。

息子の参観日を早めに抜けていざ出発。
よかったのか悪かったのか?曇り空の天気が、車で向かう途中でポツポツとした雨に変わり始めた。

こんな天気でやるんかなあ?

と思いながら到着。
入り口に置いてあった名札(また苗字の漢字が違うたらーっ(汗)まあ慣れてるけど)を取って、まずは会議室へ集合。

行ってみると、老若男女約10名がパイプ椅子に座り、コーチらしきおじいちゃんの説明を聞いていた。

そこで分かったのは、テニスコートは神聖な場所。
出入りする時は礼をするつもりで。
などなど、なるほど、紳士のスポーツという感じだ。

そこで、簡単な説明を聞いた後にコートに出て、いざレッスン。

まずラケットの握り方から、素振りの仕方。
何もかも初めてなので、ただの素振りでさえ難しい(-_-;)

で、実際にボールを打ってみることになったが、これまた飛ばない。
ラケットの真ん中に当たらない。
なぜか6割は左方向に飛んでいくし。

ただ、スカッシュのボールよりは飛ぶのでちょっと安心わーい(嬉しい顔)
思ったよりも力がいるし、10球ずつ4回ほど交替で打ったが、雨足も強くなってきてもあまり寒くない。

というか、このくらいの雨なら、周りの人はみんな普通にプレイしてるし。

と、いろいろな発見があった日なのであった。

次の日。
手首からひじにかけての筋肉痛と、なぜか下腹が痛い。
案外、意識しないところを使っているもんなんだなあ・・・。


posted by うり at 18:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

私に聞かないで

何を思ったか、人生初のテニスをやってみようと思い立った私。
きっかけは、市民だよりの中に募集があった、初心者向けのレッスン。
しかも3ケ月7,000円って。安いexclamation

これまで、スポーツ関係の経験一切なし。
特に球技がダメダメな私が、自分でも不思議な選択だ。

ただ、息子が卓球をやっていて、段々うまくなっていくのを見ているうちに何か上達するのっていいなと思ったのだ。

で、早速スポーツショップにGO!

どっちかというと、ラケットは安いのでいいのだ。
問題はウエアよ、ウエアハートたち(複数ハート)

と思い、店員さんに聞きながらTシャツやらウィンドブレーカーを見る。
パンツは、悲しいかなチビなので長いのはサイズが合わない。
もっとも、7分丈くらいのがいいなと思っていたので、いろいろ見ながら、選んだものを重ねていく。

ん〜。
なんか、色が気に入らん。
ボケたような色のウィンドブレーカーか、黒、紺、赤・・・。
迷いに迷ったが、退屈しきった娘と、昼の時間が来てて息子が帰っているはずなのでそれも気になり、とりあえずラケットだけを選んで帰った。

とゆーか、このラケットもよく分からん。

「ガットはどうしますか?」

はあ・・・。ガットって何?どうするって、どうするの?

「いやー、何がいるのかさっぱり分からないんです。ただ、初めてなんで、それに合ったものにしてください」
と言って、まず無難なガットをゲット手(チョキ)

「他に何かいるものってあるんですか?」
と聞くと
ラケットのグリップに巻くテープを勧められたので、それも購入。
とりあえず、ガットを張ってもらわないといけないので、その受付の際。

「ガットは、強めか弱めか、どうされますか?」

???

いや、だからあたらーっ(汗)

「よく分からないんで・・・お任せします」
「じゃあ、中間で張っておきますね。テープはどうされますか?」

私に聞かないで・・・たらーっ(汗)

「普通はどうするの?」
「お客様で巻かれてもいいですし、こちらでもやりますよ」
「じゃあお願いします」

というわけで、お願いして帰ったのだが・・・。

スポーツショップというのは、私のような初心者は行かないのか?
なんかこー。対応に納得いかん。

私が店員なら、相手が初心者だなと分かったら、
加工などは最初に聞いてみて、その後
「お任せでさせてもらってもよろしいですか?」
と言っていちいち聞かないけどなあ・・・。
聞いても分からんし。

とりあえず、今日の午後ラケットを取りに行く予定るんるん


というか、教室の初日って、子どもたちの新学年での初の参観日なのだが・・・。
すんません、欠席しまーすたらーっ(汗)

初日から休んだらついて行けなくなりそうなので・・・。
posted by うり at 08:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

変なクセ

こうしなきゃ眠れない。


というモノを皆さんそれぞれ持っていると思うが・・・。

私の場合は、顔が隠れていないとダメ。
なので、自然と布団の中に潜って眠ることになる。

え、夏はどうするのかって?


夏は、ミニタオルを鼻から上にかけて寝るんです手(パー)


ちなみに、部屋は豆電球も点けず真っ暗。
だけど、目が慣れてきて明るく感じるのが落ち着かないのと、寝顔を晒すのがどうにもダメなのだ。

事実、幼稚園の頃、お昼寝の時間に寝顔を見られるのがイヤで潜って寝たら鼻血が出たことがあるふらふら


もちろん、今日のお昼寝も毛布ですっぽり覆われて眠るのだ。


シアワセハートたち(複数ハート)

posted by うり at 11:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

しずかなまいにち

春休みの始まり、始まり〜かわいい

さあ、これでちょっと仕事のペースを乱されるぞ!と覚悟していたのだが・・・。

娘は朝から友達と外で遊び続けて、出たり入ったりしているし、息子は珍しく友達と約束をしたとかで、ここ数日、日中は誰もいない状態。

ちょっと、拍子抜けだ。

きっと、どっちかが家にいて何となく落ち着かない休みになると思ったのだが・・・・。
ホッとするような、少し、寂しいような。

私はずっと、子どもが早く大きくなってくれないかなあとか、自分の手を離れる時のことばかりを考えていたのだが、最近はちょっと違うのだ。
そのうち、親なんてカンケーないとばかりに行動し始める時が来るんだろうな。
その日はきっと、私が思っているよりも、ずっと早く。
そう思うと、ちょっと寂しくもなる。

私が思う理想の親子関係は、いつまでもそばにいるのではなく、離れて暮らしていて、普段は必要がなくても、根っこのところでちゃんと繋がってること。
それは、私が言った、人間として正しいことや、教えてきたことが彼らの中に根付いてて、何かのきっかけに、「あの時お母さんが言ってたなあ」とか思い出したりしてくれれば、いい。

んで、お母さんはお母さんでなんかまた好きなことやってるし、って思っててくれればいい。


これは全て、私と母の関係そのものなのだけど。


母は私たち子どもを特別に可愛がったり、褒めたりはしてくれなかったけど、母に一番感謝すべきことは、私たちを精神的に早く自立させてくれたことだ。

私はそれがうまく出来るか、出来ているのか分からないけど、結局、お手本になるのは自分の母の育て方なんだなあと実感する。
ただ、私は褒めてほしかったから、子どもを褒めてやることは惜しまないけど・・・。
やっぱり根っこには母がいるんだろうなあ。

これからどんどん成長する子どもたち。
大きくなってほしいような。
変わらないでほしいような。

複雑な親心だ。


posted by うり at 08:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

ダウン中・・・

先週から、喉の調子が悪いなと思っていたが、ここにきて悪化。
今、何年ぶりかの発熱と戦っております・・・。

殆ど熱なんて出さないから、朝からゾクゾク寒くても、なんか体中が痛くても、今日は寒い日だなということと、特に肩こりがヒドイなということしか思っていなかった。

でも、まさか、と思って熱を測ると、37.6度。おお。あるじゃないかー。
ということで、そこからもうひたすら寝ることにしたが・・・。
しんどいのもあって寝付けないんだよなあ。
と言いつつ、子どもたちの夕飯を済ませた後は2階の寝室で、寝る。

でも、1階の惨状が気になって降りてみると・・・洗い物もそのまんまである(-_-;)
本当は放っておくつもりが、寝るばかりしてもしんどいので、逆に動いてる方が紛れるので、さっき片付けたとこ。

今週は後は子ども会の行事や、飲み会があるので明日くらいには熱が下がらないかと、思っているんだけど(-_-;)

とりあえず、寝ます。

posted by うり at 23:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

お泊り会

娘のお友達2人を、週末に我が家に泊めることになった。

本音は




面倒くさ。


だけど、娘のたっての希望だ。
それに、私も小学生の頃は仲のいい友達の家によく泊まりに行ったもんな。
1度くらいは、そういうことがあってもいいかもしれない。

本当は、家も近所なので、ゴハンもオフロも済ませてから来てもらうのもアリかも知れないが、やっぱり夕飯から一緒に食べて、お風呂も一緒に入ってこそでしょ!
と思うので、そうすることにした。

だけど、決して広くはない我が家。
子どもが2人増えるとなると、食事は時間差ということになる。
お風呂も、脱衣場は狭いしなあ・・・。

と考えた末、銭湯に行くことにした。


トータルで考えて、確かに面倒と言えば面倒だけど、ウキウキしてくるのも確か。
娘の楽しみな気持ちが移っているのかもしれん(^_^;)

まあ、最初こそこうでも、次回にお泊り、ってことになったら
ゴハン食べてきてな〜♪って言うかもしれないけども。

仲のよかったHちゃんちに行ったことを思い出すなあ。
彼女とは背格好も似ていたこともあり、姉妹みたいにいつも一緒にいた。
ちょっとワガママだったけど、それもまた懐かしい。
突然高校を辞めて、生活も荒れた彼女を見かねた両親が、両親の里に彼女を預けたところまでは知っているけど、その後の消息は不明。
だけど、幸せになってくれていればなあと思うのだ。

私の小学生の思い出は彼女と共にある。

そんな思い出が娘やお友達にもできるといいな。
posted by うり at 08:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

ねんきん特別便がやってきた

さて、あの悪名名高い(?)ねんきん特別便が、とうとうダンナの元に届いた。

封筒を見ると、
「あなたの年金に漏れがある場合があります」
とのこと。
早速封を開け、中を見ると、一目で漏れがあることが分かった。

なぜなら、ダンナは会社を辞め、国民年金に切り替えているのだが、そこに書かれてあるのは、その国民年金分しか記載されていなかったのだ。

その前に、約8年弱働いて納めたはずの厚生年金はいずこへ?というところだ。
ずぼらな私だが、一応こういった書類や手帳がしまってあるところくらいは作っているので(^_^;)早速その手帳を引っ張り出して確認。

漏れがある分を記入しようと思い、書類を広げたのだが・・・。




意味が分からない。




というか、説明しすぎ。
二枚に渡って、ほぼ同じ書類の書き方の説明がされているのだが、
書くべき欄に赤色で説明書きがされていて、コレが非常に





分かりにくい(-_-;)




しかも、どういうわけか書式が微妙に違うので、結局見本はアテにならず、ほぼ白紙の用紙に書いてある空欄を埋めていくこととなった。




で、これまた不可解なことを発見。
まず、ダンナが最初に会社に勤めていた頃に支給された(と思われる)年金手帳だが、なんと、肝心な勤務先の名前も住所も記入されていないのだ。
次に転職した時の手帳も同じ。

まあ、それほど記憶は退化していないので、会社名と所在地くらいは分かるから記入できるのだが、番地までは覚えていないので書けない。
もっとも、この二社とも移転しているのであまり意味がないかもなのだけど。

それにしても、これを提出するとして、どのように追っかけるのだろう?とふと思った。
会社に勤めていた記録や証拠が必要なら、当然、以前勤めていた会社に問い合わせをしたりするのだろうか?
しかし、今回のように移転していたりするとそれを追うのも厄介だろうなあ。

ましてや、その会社がなくなっている場合はどうするのだろう?
記憶がもっと曖昧な場合は?

厚労省は、自分たちが撒いた種とはいえ、尻拭いをさせられる方もたまんないだろうなあ。
結局、いい目を見たのは既にもう引退していて悠々自適な隠居生活をしているか、既に寿命を全うした元お役人か。

その時のことだけを考えて、後に残るものや、その後のことを考えない。
最近話題になった大阪のあの大きな児童館「ビッグバン」の姿をふと、思い出した。

posted by うり at 08:46| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

いろいろと

ゴタゴタした1週間だった。

とあるムック本の原稿の締め切りが15日。
その後、すぐに次の携帯本の企画を上げて。
んで、また別の原稿のリライトと、私が以前書いた原稿の加筆。
それに加えて確定申告3人分。

父親の分はとっとと済ませたが、進まないのは自分の分。
肝心のところで貸借対照表が合わない。732円。えーん。
どーしても分からないので、仕方がないので諸口で処理。
これでなんとか合わせて終了(-_-;)
後はダンナの分だけど、これはすぐに出来るので放置。

しかし、こういう時、ホント、商業高校を出てて良かったなあと思うのだ。
借方、貸方、売掛金、損益計算書とか、なんかこー普通に理解しているところが楽。
その代わり、高校ではそれ以外の勉強を殆どしていないので・・・それはどうかと思うのだが。

で、昨日の午後からちょっと暇になったんで、すっかり止まっているPS2『キングダムハーツ』をやろうと思ったのだが・・・。
結局できず、午後8時半に娘と撃沈。

もったいないなあ・・・。

今日は歯医者と、新しいリライト(既に誰かが書いている原稿を違う形で書き直す仕事)があるので、そろそろこれを終わらせなきゃ。
ギャラ的に1日でやらないといけないくらいのものなのに、納期が長いのでつい甘えてしまっている(-_-;)

あー。仕事しよー。っと。

posted by うり at 08:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

ちょっと見てきて♪

面白いサイトを発見。

ニフティ運営の、「ちょっと見てきて」というもの。

依頼人が、想い出の場所などや気になる場所を「ちょっと見てきて」と投稿し、見てきた人がそれを投稿するというもの。

なるほど、物理的に、そして心理的に行きたくても行けない場所がある場合、誰かが代わりに確認して、写真でも投稿してくれたら嬉しいなと思うよなあ。

試しに、岡山の依頼を見ると、私は殆ど役に立たなかったがあせあせ(飛び散る汗)
私もその昔気になっていた喫茶店「地球防衛軍」のことが載っていたのでちょっと感動。

特に、故郷と離れて生活している人なんかは、利用したいかも。



posted by うり at 09:27| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

愛しい匂い

眠っている娘のおでこに自分の鼻をくっつけた時、子どもの頃飼っていたインコの頭の匂いがした。

同時に、インコの頭に下唇で触った、あのつるつるした、あたたかな
感触も思い出した。

愛しい匂いだ。

私は、基本的に動物は苦手なのだ。
昔から妙に鼻が利きすぎたせいか、動物のニオイが本当にダメで、
動物に触れば速攻で手を洗いに走るという、非常に可愛くない子どもであった。

だけど、小学生の頃、何かのきっかけで飼い始めたセキセイインコ。
ヒナから育てたので手にも乗るし、とても懐いていたインコだった。

ニオイが苦手な私も、このインコの頭のニオイは好きで、同時に
感じる温かさも、
「生きてるんだなあ」
ということが感じられる時間でもあった。

そして、娘の匂いから急激に思い出した、あの感触。あの思い出。


匂いには、思い出がくっついてくる。





posted by うり at 13:39| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

あのマンガキャラは何歳?

面白い記事を発見。

マンガキャラを調べたコラムで、その結果、あの人が○才だったの?というオハナシ。

このコラムは25歳世代を対象にしているので、自分たちの世代にあのキャラは何をやっていたのか?ということに着目しているのだが・・・。
このコラムも参考にしつつ、私なりに疑問に思ったマンガキャラの年齢を調べてみた。

『サザエさん』のマスオさんは28歳。それにしては老けてるなあ・・・。
落ち着きすぎてる感じなのか。
ちなみにサザエさんは24歳。そそそそそんなに若かったの?
個人的に、「クレヨンしんちゃん」の母みさえが29歳というのにも
驚きなのだ。
最近のママは若くてキレイな『おねいさん』みたいな人が多いからなあ。
ポケモンのサトシのママは27歳らしい。しかし、地味すぎて顔も分かりません(-_-;)

驚きなのはドロンジョ様の24歳。
実写版はフカキョンらしいけど、これってどうなの?
ボヤッキーは25歳、トンズラーは30歳。
こういうことを考えると、何となく「いい年して何やってんだか」的な、ちょっと切ない思いにもなってくる。
あと、おそ松くんの「イヤミ」は36歳だとか。
こちらも切ない。

切ないといえば、「ベルばら」のオスカルがアンドレと結ばれた年齢は33歳とか。
結構いい年したカップルだったのね。

対して、ポケモンに登場するロケット団の2人は20〜22歳くらいらしい。
こちらの方が、年齢的にまだまだやってろと気楽に思えるから、年齢って怖い。

Dr.スランプことせんべえさんはなんと28歳。同じくらいの世代なら、
あの銭形警部は連載当時29歳。対するルパンの年齢設定は20〜25歳らしい。ちなみにゴルゴも28〜32歳くらいらしく、みな老けすぎ。
ナゾがナゾを呼ぶ峰不二子は、設定年齢はルパンと同じらしいけど、
原作ではこれはコードネームで、不二子は1人ではないという説もあり、よく分からん。
「パタリロ」のバンコランは27歳。
「エロイカより愛をこめて」のエーベルバッハ少佐は、とある本によると恐らく35歳くらい?
伯爵はそれより若いと断言しているので・・・30歳前後というところかなあ。
とするとバンコランは老けすぎ。


オッサンと言えば星一徹。どうも33歳くらいらしいですよ、皆様。
こち亀の両さんは35歳というのは納得できるけど、星一徹の方が年下だったとわ。
絶対に相容れない関係だろうなあ。

で、天才外科ブラックジャックは作中では30歳。
ピノコの手術をしたのは28歳頃だったとか。
これまた驚きの年齢でもある。

最後に、機動戦士ガンダムの「シャア」は20才。
あのっ。あれで20才???あの偉そうな物言いは一体。でもかっこええから許す。

疑問に思い出したら、止まらなくなってきたが、結局分からなかったキャラもいくつか。

ハイジのロッテンマイヤーさんの年。
(今思えば、ロッテンマイヤーさんってそんなに悪人でもなかったような・・・)
メーテルの年。(ていうか年はないのか?)
星飛雄馬の姉・明子さんが電柱の影からのぞいていた頃の年。

以上。
他に分かんない・知りたいキャラがいればどぞ。


posted by うり at 09:11| Comment(19) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

車が欲しい病

いつかも書いたが、再び車が欲しい病に陥っている。

しかも、今回は結構本気。
最近は軽自動車もかわいくて気に入ったものが何台も出てきているので、
すっかりその気になっているのだ。

一番気に入ったのが、三菱の『アイ』



写真は白だが、気に入ったのは赤。
しかし、新車は高いんだよなあ・・・。

お店の人に勧められたのは、スズキ『MRワゴン』



まさに、この色。
今売り出し中なので、結構安めかも。
思案中。

安さで言えば、ダイハツ『エッセ』



カワイイんだけど、実物を見ていないのでなんとも・・・?

そして、最後はスバル『R2』



さーて。どうしよっかなあ〜・・・。



と言いつつ・・・。
やはり

ミニを見てしまうのも悲しい性ですなあ。はい。
posted by うり at 16:39| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

明けましておめでとうございます

皆様、明けましておめでとうございます!

昨年もここに遊びに来てくださってありがとうございました。

更新頻度もまちまちですが、今年もゆるゆるとやっていきますので
よろしくお願いします。

仕事面については、去年は新たな「携帯本」との出会いが私にとっては
大きなものとなりました。
ネットがあるおかげで、今の私の仕事が成り立っており、また、去年も私にとって大切な出会いがたくさんありました。
そんな、ネットの恩恵をこれでもかというくらい受けている私ですが、まだまだこのネットには、計り知れない可能性が秘められていると考えています。

そのためにも、アンテナをめいっぱい張り巡らして、私なりのお仕事がやって行ければ、と思っています。

改めまして、今年もよろしくお願いします^^
posted by うり at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

軽く復帰・・・

うえー。しんどかったッス!!

月曜日の夜から、なんか胃がおかしいなあ・・・と思っていたらば、
火曜日の午前中に眠気に任せてうとうとしていたら、目が覚めた時にもうとんでもない気持ち悪さと頭痛に見舞われており・・・。

どうやら、感染性胃腸炎になってしまったようでして。

つわりのごとく襲うムカムカに耐えつつ、病院の午後からの診察時間を待ち、ようやく吐き気止めの点滴とブドウ糖を2本、打ってもらい少し落ち着きました。

で、今日、昨日よりは少しいい感じで、なんかオナカも空いたような感じなのでお味噌汁を一杯。

んー。なんかカラダ全体に染み渡る感じです。

というわけで、軽く復帰。


と言いつつ、死にそうになりながらも寝転んでPCを打ちながら仕事をした昨日ほど・・・。フリーって辛い。と思ったことはありませんけども。

posted by うり at 08:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

mixi初参加

私が所属しているライター集団の関係で、ミクシィに初参加。
とりあえずワケが分からず、挨拶代わりの日記を書いて、マイミクとなるライター集団の代表の方のマイミクを辿りウロウロとして、そのままにしておいた。

すると、すぐに私のメールボックスに男性から何通かのメールが。

特に何を書いているわけでもなく、自己紹介も大したことは書けていない。
んー。
これは、私がオンナだからなんだろーか?
男性でも、こういう何気ない挨拶メールが来るもんなんだろーか?

よく分からんが、ちょっと驚いたので。

それにしても、コミュニティの数もすごいし、細分化されている。
興味のあるコミュに片っ端から入ろうものなら、そこを回ったり、コメントを残すだけでかなりの時間がかかるだろうなあ。

・・・・と言いつつ、岡田くんのドラマ『SP』のコミュのスレを一気読みしてしまった〜。
特に「このシーンを語ろう」みたいなスレは、やはり萌えどころは皆同じなのねと嬉しくなってしまったり^^



・・・おわ。やばい。こんな時間だ。仕事をそろそろ始めますです。

というわけで、mixi初心者レポでした。
posted by うり at 08:40| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

おふくろの味

おふくろの味、とよく言うけど、果たして私は子どもたちにそういう料理が作れているのだろうか?とふと考えることがあった。


私の母親は料理が上手な方だと思う。手早くて、昔からいろいろな料理を作っては私たちを喜ばせてくれた。
私が好きな母の料理は、鶏の唐揚げ、ナスの揚げ浸し、チャーハン、豚のしょうが焼き、おはぎ・・・などなど、あげるとキリがない。
ハンバーグだって、今ではめったに作らないだろうけど、孫のために作ったハンバーグは私が作るよりずっとうまい。

私が自分が作る料理で自信があるものと言えば・・・。
チャーハンかなあ。
これは、中華だしで味を付けるんだけど、友達やダンナの友達に食べてもらう機会があった時に、大絶賛されたので。
それと、豚の角煮。
豚の角煮は時間も手間もかかるんだけど、自分も好きだし、作業自体が好きなのかも知れない。
しかし。
大食らいの我が家では、豚バラのかたまりが1kgくらいないと皆に十分に行き渡らないので・・・・(-_-;)
最近は安い豚スジを使って、全く同じ工程で根菜+こんにゃくと一緒に煮込むとこれまたウマい。

後は、なんだろー。
カレーや肉じゃが、すき焼きなんかも至ってフツーだし。
天ぷらなんかは誰が作ってもそう変わらない気がする。

そういえば、母の作るコロッケが大好きだったのだが、私は子どもが出来てからあまりにも面倒すぎて一度も作っていない。
これ、きっと作ってやると喜ぶんだろうなあ・・・。

と、母が作ってくれたおはぎを頬張りながら、ふと思ったのであった。
posted by うり at 07:11| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

気がついたら12月・・・。

ありゃ。気付いたら12月になってた!!

とりあえずデザイン変更です。

それと、最近、急激に体のナマリ具合と下腹のぽっこりが気になり始めたので、スポーツクラブにマジで通おうかと思案中。

いろいろ調べたところ、安いクラブがあって、車で約20分かかるところが1つ。
もう1つは、ウチの近所で、自転車で通える範囲。

こうもガソリンが高くなってくると、やっぱり少々の用事はチャリを利用した方がよくなってくるし、近いほうが気軽に通えるかな、と考えております。

試しに電話で問い合わせをしてみると、12月中に入会すると、入会金10,000円その他もろもろが無料になるとか。

決めるなら今しかないようで。

ここで、気付いたことが1つ。




何着ていけばいいんだろう?



イメージ的には、ハーフパンツ+Tシャツという感じだけど、持ってないッス。
分かんないんで、いろいろ調べてみたら可愛いジャージがあるのを発見!!
どうせなら、こういうジャージで通いたいよなあ〜。
と、見れば見るほど欲しくなる・・・。

ハッキリ言って、金欠なんですけどねえ(-_-;)
posted by うり at 01:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

コーヒー好きの自分のための覚え書き

どうも。
SPの岡田くんがカッコよすぎて、毎回最低2度は録画を観ているうりです。

岡田くんがどう見てもSPには見えないという点はさておき、あのカッコよさは反則!
光ちゃんはスシ王子だったのに・・・。ぶうぶう。

それはさておき。
コーヒー豆によって、効能が違うと言うニュースを発見したので、自分のための覚え書き。

私はブラックコーヒーが大好きで、1日に最低3度は入れる。
お菓子にしても、アイスクリームにしても、パンでも、つい選ぶのはコーヒー味。

そんなコーヒーの効能なのだけど、
基本的には、コーヒーを飲むと眠気が取れ、頭がスッキリするのはカフェインの働きによるものと言われているが、コーヒーの香りにも脳をリラックスさせたり、集中力を高める作用があることがわかったのだとか。しかも、コーヒーの豆の種類によって効果が違うのだそうだ。

◇リラックスしたい時・・・グアテマラ、ブルーマウンテン
「実験によると、この2種類のコーヒーの香りをかいだときが、最も多くのアルファ波を測定できたのだとか。アルファ波は脳がリラックス状態にあるときに、後頭部から発せられる脳波で、深いりの豆が効果が高い」
◇脳を活性化させたい・・・ブラジルサントス、マンデリン
「脳が活発に動くことが証明されるP300という物質に、これらの香りをかいだ直後に顕著な効果が見られた。逆に、グアテマラやブルーマウンテンの香りをかいだ時は、P300にほとんど変化はなかったとか」

なので、朝起きて目を覚まし、頭をスッキリさせたいならブラジルサントスやマンデリン。



そして、仕事などの休憩時、夕食後などはグアテマラやブルーマウンテンがピッタリ。
いずれも香りを楽しみながら、ゆっくりと飲むほうが効果は上がるらしい。



ただし、この効果にストップをかけるのがタバコ。
タバコ+コーヒーという組み合わせは非常によく見かけるんだけどなあ・・・。

私は喫煙者ではないので関係ないんすけどね(^_^;)
posted by うり at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

お肌の悩みはつきません

この年齢になると、肌のいろんなところが気になってくる。
肌の乾燥だなんだかんだはもちろん、シワ、たるみなどいろいろ(^_^;)
目が大きいほうなので、どうしても目の周りのシワが気になる気になる。

さすがに、普段はあまりお金も手もかけない私も、できるだけ自分で何とかならないものかと考え、一応いろいろな本も読んだりして、
シワに悪いのは乾燥!ってことで、乾燥を防ぐために化粧水をハンパなく使い、せっせと水分補給。たるみにはある程度力を入れてマッサージしないと!という某美容家さんの言うことを信じて、せっせとやってみた。

しかし、つい先日、NHKでお肌のことを放送していたのだが・・・。


乾燥に霧吹きで水分補給は、それが蒸発する時に余計に乾燥するのでNGとのこと。
やるなら美容液を載せる程度でOK。

がーん!!
というか、このことは少し前に、最近通い始めた某エステの担当の人から聞いてはいたのだ。
なので、それからは控えめにしていたのだが・・・。

だって、あの本に(どの本だ)書いてあったんだってばあ〜!!


それと、あまり強い力でマッサージすると、


コラーゲンが伸びて余計にシワになるとか・・・(-_-;)



ひいいい。そんなああ。
痛きもちいー♪と思ってゴリゴリやってたんすけど!!


それと、一時知り合いの人にやってもらってた「超音波」を使ったマッサージも、筋肉を鍛えるのではなく、骨に振動を与えるのであまり効果がないし、骨にあまりよくないよー、とのこと・・・。


うーん。
一体、何を信じればいいのでしょお?


水分補給は、やっぱりコットンに化粧水をたっぷりと染み込ませて2〜3分置くというコットンパックが一番有効なのだとか。
で、美容液にはセラミドという細胞と細胞の隙間を埋める成分が効果があるとか。
そういうことが新たにわかったわけなのだけど。

一体、今の私の肌に一番効果があるのはどういうものなのか?
それを教えてくれる便利なモノってなにかないかなあ〜?

今はとりあえず、妙に美容熱が高いので、せっせとエステに通うつもりだけど。
(というか、ココは昔から私が知っているところで、もう20年も縁があるところ。安く利用できるし、ちょっと・・・頑張ります!!)
posted by うり at 08:51| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

今更ながら脳内メーカー&カレンダーメーカー

何かと話題の脳内メーカーとカレンダーメーカー。

例に漏れず、私もトライ。
まず、本名、ライター名で入力してみたが・・・なるほど(笑)
しかし、ここは私の通り名「うり」でやってみると、これまた砕けそうなくらい当たっているので、載せておく。
nounai.gif

どうっすか、これ!
さりげなく「妄」の字が眩しすぎるぜ。「欲」もいい感じで配置されている(笑)

では次。
カレンダーメーカー。

karenda.png

かかかか哀しい・・・・。
でも、1日中とは言わないが、例え1時間でも仕事をしない日はないので当たっているのだ。
しかも、最後の日は見舞いって。

一体、誰の?


他にも、いろいろあるけど、最後に能力メーカー。

nouryoku.gif

いやん(笑)
キュートさと甲斐性、忍耐力がトップ!当たってるぅ〜(^_^;)


まだ試してない方は、どぞ。
カレンダーメーカー
脳内メーカー



posted by うり at 14:24| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

忙しい秋

忙しい秋が終わった。
いや、秋が終わったわけではないけど、私の中では終わったような感じ。

9月の終わりからの小学校の運動会やら、町内の運動会、会社関係のバス旅行、スポ少の試合などなど、メインの行事はほぼ終わり。

そんな中でもそこそこ仕事をこなしつつ、実は11月には大きなお仕事のお話が待っているのである。
んで、その関係でまたまた東京に行かなければならず。

私にとってもある意味賭けでもあるけど、一緒にやろうとしてくれている会社にとっても賭け。
そんな仕事が自分に出来るのか、甚だ不安ではあるけれど、誰もやる前はみんな不安なんだもんね。
なので、あまり気にしないでおくことにする。

で、昨日はバス旅行で四万十川へ行ってきた。
最後の清流と呼ばれる川だ。
そこで船に乗せてもらい、川の上を遊覧。
気候もよく、とても気持ちいい時間だった。

四万十川といえば、思い出すのは椎名誠。
私は一時、この作家さんにハマっていて、それまで出版されていた本は大方読みつくし、映画も観たし、講演会にも行った。
いくつになってもオットコマエなオジサマなのである。
もっとも、最近ではアハ体験が話題の茂木健一郎と区別がつきにくく、似てるなあ〜と思っていたら、NHKの番組でこの2人が対談しているのを見てその相似形に笑ってしまったのであった。

さて、土日は全く出来なかったお仕事を、これから片付けます。
posted by うり at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

視力回復なるか?

息子の視力が落ちてきた。
私もダンナも近視なので、遺伝と言われればそれまでなのだが、どうしてもメガネをかけたくないという息子。
それなら、視力回復センターというのはどうだろう?
そう思い、体験レッスンを受けてみた。

レッスン自体は、すごく地道な動作(目を左右に動かすなど、眼筋を鍛えるというものらしい)ばかりで、近視を回復したいと本気で思わなければ続けるのは難しいかもしれないなあ、と思いながらレッスン風景を見ていた。

すると、最初は0.65だったのが、レッスン終了後は0.8まで回復!!
といっても、一時的なものらしいので、日にちを空けずに通うことが大事らしい。

うーん。どうしよー。

週に2日、結構忙しくなる夕方に通うのは結構大変といえば大変なのだが・・・。
なんかいい方法はないかなあ?

と思いつつ、帰ってからネットでいろいろと調べていると、なーんかいろんな情報も入り乱れ、ワケがわからなくなってきた。
幸いにも(?)申込書には名前を書いて帰ったが、お金は持っていなかったのでまだキャンセルは可能だ。

もう少し、考えてみようっと。
んで、回復したらまたここで報告ってことで。
自宅で出来るのがあれば、私の近視も回復できれば言うことないし♪
・・・いやちょっと待て。私の場合、近視が治ると老眼が進むのが早くなったりして・・・・いやはや。
posted by うり at 20:04| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

反抗期はいつ?

母と、たまたま電話で話していて
「反抗期はいつだったっけ?」
という話題になった。

そうなのだ。
こんなことが話題になるくらい、私には反抗期はなかったと言える。
少なくとも、表向きには。

私が幼い頃の母は、とにかくヒステリックで、何かにつけ怒っていた人だ。
どっちかというと上から押さえつけて育てる感じ。
そんな風だったから、反抗なんて怖くてとてもできなかった。

だけど、そのうち、私もその怒りに対処する方法に気づく。
それは、
「気にしないこと」
「響かないこと」

あまりにも相手が感情的になっていると、逆にこっちは冷めてしまうことってあると思うけど、その頃の私はまさにそれ。
頭から湯気が出るほど怒っている母に対し、私は平然とした顔で

「なんでこんなに怒ってるんだろうなあ」

と流せるようになっていることに気づいた。
で、その顔が面白くなって、ちょっと笑ってみた。

更に怒る母。

「アンタにはもう通じん!!」
と、匙を投げた様子だったが、そんなことはない。
とにかく褒められることが全くと言っていいほどなかったし、むしろ
「何も出来ない」
「ドンくさい」
と言われながら大きくなったので、それは子供なりに結構、傷ついている。
だけど、当時の私は母の言葉に傷ついていないふりをすることが、最大の防御だったのだ。
と、思う。

私は今、母親となって、2人の子供を育てているが、そんな母親とは対照的なくらい、子供を褒めてやるし、可愛がっていると思う。
普段は怒らないが、怒った時はキレる(ように見せる)。
というか、怒ることがあまりないんだけどなー。
私の怒りの沸点が高いため、怒りにまで到達することがなかなかないだけだ。
逆に、ここは怒った方がいいのでは、と思われることも、受け流してしまえるので、ちょっと甘い母親かも知れない。
で、私がこんな風に冷静になってしまったのも、元を正せばこのヒステリックな母親のせい(おかげ?)かもしれない、と今は思う。

だって、あのヒステリックにいちいち対応していたんでは身がもたないのだ。
それより、大人しく聞いて、その場をやり過ごした方が時間も短くて済む。
今思えば、子供っていうのは結構大変なもんなんだなあと気づいたり。

そんな母だが、もちろん感謝している面もある。
それは、あまり干渉されなかったこと。
今気づいたけど、これは両極端だな。ヒスを起こすほど怒ることがあるのに、基本的には干渉しない。
まあ、そのせいかずいぶん早く自立心がついたのではないかと思う。
親にとっての仕事は子供を自立させることでもあると思うから、この辺は感謝。

それと、よく、子供が親に対して
「育ててくれてありがとう」
と言う場面を見聞きすることがあるが、ウチの母親からすると、
「親が子供を育てるのは当たり前なんじゃ」
ということらしい。
そういう考え方もいいな、と思ったりする。

それと、まだ幼かった長男と、私と母親とで食事に行った時のこと。
料理を待つ間、長男が、テーブルの上で私の車のキーを持っては落とし
ということを繰り返していたことがある。
その時、母がそのキーを取り上げて、
「あんたなー。子供が好きな人ばっかりとは限らんし、うるさいって言われるよ。子どもが可愛いからって何でもさせちゃいけん」
と言われたことがあった。
それまで、私はそのカギのガチャガチャという音は全く気にならなかったし(今思えば、定期的に響くその音は耳障りだったと思う)こういうことが気にならないから、レストランや公の場所でのバカ親子が多いんだと気づいた。
こういうことを指摘してくれるのは、恐らく身内しかいないだろう。
それに気づかせてくれて感謝なのだ。

「何にもしてくれん」
「私のことを認めてくれん」
「気分次第で怒る」
とか、いろいろ母親に対して思うところがあったのだが、親に育てられた期間と同じくらいの長さを生活してきた今、ようやく母に対して理解できるようになったのかもしれない。

ただ、
「何もできない私」
「ドンくさい私」
の呪縛は結構ついて回る。
私は、自分の子供にだけはそんな言葉に縛られず、何でも挑戦出来る子になって欲しいと思ってはいるが・・・。
どうなのだろう?

答えが出るのはまだ、先のことだけど。
posted by うり at 09:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ぶつくさブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート