2011年01月27日

人に勧めるということ

先日、教室の体験会が行われた。

当初の予定は、教室の担当となる同僚講師が体験会をメインで行う予定だったのだが、
急遽、社長が行うことになり、私と同僚Dさんはサポートへ。

サポートで何をするのかと言うと、体験授業の際、ついていけない生徒さんのフォローを
したり、コミュニケーションを取ったりして気持ちを繋げるのだ。

相手は「体験会」というだけで身構えたり、緊張していることもあるので、
気持ちをほぐしてもらったり、安心感を持ってもらわないと、このご時世、教室に入ってもらう
ことはとても難しい。


私はこの仕事をするまで、人に何かを勧める(金銭が絡むこと)ことはとても苦手だった。
今でもそれは得意ではないが、それがもしその人のためになったり、助けになったりすることなら
思い切って背中を押すことも大事だということも段々分かってきた。

半年ほど前、私がメインで体験会を行った時はうまく勧めることができず、いい結果にはならなかったバッド(下向き矢印)

だが、その時に後で思い返してみると、その人は自分で決められず、私に後押しをしてもらいたかったんじゃないか、自信を持ってこれを選びたかったんじゃないか?と気づいた。
それなのに、私はその人の気持ちを酌みすぎて同調してしまったのだ。
これでは、不安になるのも当然。

このことがあって、それからはフォローに入っても堂々と勧めるように心がけた。
不安があるようなら、その不安を1つずつ解消したり、迷っている人には言い切る。
まだあまり十分にできているとは言えないが、それでも、以前よりフォローを行った人が
その場で決断してくれる確率は高くなってきた。

私は今の自分のパソコン教室のシステム、カリキュラムにかなりの自信を持っている。
また、自分自身もそれだけの努力をしていると言える。
だから私や、同僚講師の言葉やアドバイスはそれだけに真実味があるのだ。

今でも、

「大変な仕事を始めてしもーた」

と思うことはしょっちゅうだし、日々反省だし、なかなかうまくいかないこともあるけど、
毎週楽しみに教室に通ってくれている生徒さんたちのためにも頑張らなきゃなあ・・・と思うのだ。

そして、思い切って勧めた方たちが教室に通ってくれている姿を見ると、やっぱり勧めてよかった、
と思うし、来てよかったと思ってもらいたいと思う。


あ なんか今回は優等生っぽいな。


posted by うり at 08:32 | Comment(5) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

モテパタ〜こうすれば誰でもモテる!恋の必勝パターン〜

携帯本がまたまた発売となりましたるんるん

モテパタ〜こうすれば誰でもモテる!恋の必勝パターン〜

この本は、私がパソコン講師になったばかりの頃に
原稿を書いたもので、以前のようになかなか原稿を書く
時間が取れない中、なんとか夏中に仕上げたもの。

モテパタ。

というのは、モテるパターンという意味で、本のコンセプトを
決める時に直感的に浮かんできたもの。
たまーに、こういう省略語がヒットしたりするので
それをちょっと意識しつつ。

だからと言って、何でもかんでも省略すりゃいいという
わけではないとも思う。

例えば

ちょボラ

なんて言葉があるけど、これは「ちょっとボランティア」
という意味らしい。
ちょっとボランティア、という意識や心がけは素晴らしいと
思うが、ここまで言葉を省略する意味があるのかと思う。

それはさておき・・・。

以前発行した携帯本
「初デートSOSブック」が
au oneブックの「特集コーナー」で紹介されることになった
そうで・・・かわいい

実は、こういったフツーな恋愛本はエッチ関連本よりも
売上的には弱いので・・・
私が出している携帯本の中では比較的地味な存在のこの
本がこういう形でクローズアップされるのは本当に嬉しい。

そしてまた、恋する誰かの役に立つことができるなら・・・。


posted by うり at 22:31 | Comment(13) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

写真を撮らせて欲しいんですけど

デジタルカメラを使った授業がある。

ここで、私がやることはデジタルカメラとは?と言ったことから
撮影方法、パソコンへの取り込みの方法、写真の整理の仕方・・・
などなのだが、一番のネックは皆がてんでに持ってきたカメラの
使い方を把握しておかなければいけないということだふらふら

実は、私はカメラが苦手。
つか、興味ない。
写真を撮られるのも嫌いだし、できれば撮られたくない。

そんな私なのだが、さすがに何度か授業をやっていると、
カメラを眺めればどんな機能がどこについているのか分かるように
なってきた。

そんな授業の終わり、ある1人の生徒さんが

「先生、写真を撮らせてくれんかなあ」

と言う。


「私ですかあっ?」


思わず素っ頓狂な声が出てしまった。

「いやー、私はちょっと写真を撮られるのは苦手で・・・」

と言ってみたのだが、どうしてもということで結局、カメラに
収まることになった。


「写真を撮らせてほしい」


なんて、何年ぶりに聞いただろう。


すごく幼い頃、家族で海水浴に行った時のこと。
知らないオジサンが私の写真を撮らせてくれということで
私はわけがわからないままカメラの方を向いていた。
すると、それに気付いた母親が私の手を引っ張って
そのオジサンから遠ざけたのだが・・・今思えばその母の行為には
納得できる。

後は、祖母と出かけていた時に知らないおばちゃんのグループ
から、私が当時子役で売り出していた(今でいう大橋のぞみみたいな感じ)「斉藤こずえ」に似ているということで写真を撮らせてくれと
言われたこともあったなあ・・・・あせあせ(飛び散る汗)

後は、若かりし頃、ライブを見るために四国の高松まで行く道中、
修学旅行の高校生の男の子数人に
一緒に写真を撮ってくれ、と言われ、撮ってもらった記憶がある。
あの写真は今頃どこでどうなっているんだろう。
つか、この写真についてどんな説明がなされているんだろう・・・たらーっ(汗)

この時の私のカッコは、大きめの帽子に黒いロングコート、黒いブーツと言ったいつもよりは比較的おとなしめのカッコだったのだが・・・。
普段の更に奇妙なカッコ(時代が時代ならコスプレイヤーになっていたかも)をしているのが雰囲気でバレたかも、と思った瞬間でもあった。

まあ、どっちにしてもそう言われるのは悪い気はしない。


というか・・・

最近、自分はオヤジキラー(じーさんキラーとも言う)かも
と思わなくもない・・・


posted by うり at 07:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

ひー!

昨日、仕事から帰って、夕食後、さあ片付けをしようかと立ち上がった私に、夫がポツリ。


「あんた、ソックスに思いっきり穴が空いとるな」


はあ?



足を裏返して見ると。



左足のふくらはぎの部分に穴がぽっかり。


ストッキングのような生地の黒いハイソックスなので
かなり目立つ。


うっそお。


いつからあ?がく〜(落胆した顔)


顔面蒼白。
一体、いつから穴が開いていたのか見当がつかない。
だけど、思い返すに・・・
生徒さんがこの穴に気付いている感じはしなかった。

だけど、遠くから見れば絶対にこの穴に気付くはずだ・・・。



だれか、教えてくれよーあせあせ(飛び散る汗)



ああ、恥ずかしい・・・。
今度から気をつけなければ。

posted by うり at 08:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

ガス抜き?

更に授業時間が増えた。

結局、今現在、月、水〜金の週4日2コマの授業を行っている。

と書くと、なんだそうでもないじゃん、と思われるかもしれないが、
授業は毎回予習や準備が必要で、それプラス生徒さんへの対応など
やることはたくさん。

それでも、まだ私に事務作業は全ては任されていないのだから、
後が怖いふらふら

「特別授業をやってほしいんだけど」

と、つい先日先生からの依頼。

これについては、前に少し聞いていて、何となく頭には入れていたのだが・・・。
実際に木曜日、金曜日に2コマ目が入ってからは更に自分自身がキツクなってきた。

この特別授業をしようと思うと、月曜日の3コマ目に入ることになる。
ということは・・・。

帰りの時間は、必然的に午後6時30分頃に倉敷からの帰宅。

1ケ月間のみだけとはいえ・・・夕飯の準備もして行かなければ
いけないので結構キツイ。
その上、この授業を火曜日にやるので、それを見に来れば、とのことだった。

勘弁して下さい・・・もうやだ〜(悲しい顔)

と言う気持ち。


火曜日は確かにフリーだが、この日にフリーな日があるから
あとの3日間詰め込むことができる。と言える。

なのに、これを奪われたら。

私は怒涛の3日間を駆け抜けることができるのだろうか?

と、急に不安になってきた。

なので、つい。


本当に、めったに言わない泣き言や弱音を
はじめて言ってみた。

私はかなりの負けず嫌いなので、あまりこういうことは思っていても
言わない。
「できない」
と思うよりも
「できるかな」と思ってしまうのだ。

だけど、さすがに限界を感じている。
事実、最近は授業の確認不足などが目立ち、失敗や思いがけないミスも
多い。

これはきっと、余裕のなさのせいなのだ。


先生は私のこれまでの忙しさを理解してくれているが、
月曜日の特別授業に希望者がいれば、やはり私が行わないと
いけなくなる。


あー、もう。死にそう。あせあせ(飛び散る汗)


というわけで、昨日はガス抜きのつもりで久々に友人と
夜の街へ。

私より少し年上の友人と楽しくお酒を飲んでいると、少しだけ
気持ちがスッキリした。
というか・・・。
お酒を飲む場所、というものがこれほど楽しいと思ったのは・・・。
久々かもしれない。

これがガス抜きになったかどうかは来週にならないと分からないが
たまにはこんなガス抜き、してもいいよね揺れるハート
posted by うり at 19:31 | Comment(3) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

誰か入ってくれないかなあ

パソコンインストラクターのお仕事もはや4ケ月が経とうとしている。
よくここまでやったなあと思う気持ちと
まだ全然ダメだなと思う気持ちとで半々。

というか、並みの仕事ではないことを日々、実感させられている。

やはり一番大変なのは、2時間もの授業を1人で引っ張って
行かなければいけないということ。
私が止まればそこで止まるし、迷えば生徒さんは混乱する。

だから講師である私は、授業の流れを頭に入れて進めなければ
いけないのだが・・・。
時々自分でも、喋っていて分からなくなることが多いのだ。

そもそも、説明が下手な私なのだが・・・
それを一生懸命補おうとして別の言葉を話す。
微妙に違う。
わからない顔をされる
焦る

と言う感じ(^_^;)

そんな仕事なのだが、興味を持って「やりたい」「やってみたい」と
思う人は割と多いようで、募集をかければいつも応募はある。
だけど・・・。
実際に続く人はここ4ケ月見ていてたったの1人。
まあ、そもそも面接をする先生が思うより厳しい目で応募者を見ている
からだ。

だけど正直、あと二人ほど授業ができる人が欲しいことは事実。
今、二つの教室を私と先生ともう一人で回しているため、
動きが取れないのだ。

このお仕事ができそうだなと思える人のタイプは

・細かいことはあまり気にならない
・臨機応変がきく
・アクシデントに強い
・パソコン大好き

というところかな。
人前で話すのが得意、というのはあえて入れない。
これは場数さえ踏めばきっと大丈夫だからだ。

後は、ある程度の強引さも必要だと思う。
これは私にないので、ここで実は苦労しているのだが。
講師は授業や生徒さんを引っ張っていかなければいけないので
相手の顔色を見ていると前に進まなかったり、
生徒さんのいいなりになってしまうこともある。
そうではなく、ある程度自己主張ができなければ
自分がキツイ。

あと、一番なのは・・・。

・人と違う仕事をしてみたい
・年を取っても続けられる仕事をしたい、スキルを積みたい

というところではないだろうか。

この気持ちさえあれば、きっとこの仕事は務まるし長く続けられる
のではと思う。

そもそも私はもっと緩い講師生活を希望していたのだ。
平日3日ほど働ければいいやと。
だけど、気づけば平日はほぼ詰まっている↓

誰か講師希望の人いないかな〜。
切なる願いなのだ。

posted by うり at 08:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

MCAS、合格しました

思わず、ほぉ〜っとため息が漏れてしまった。

試験直後、自動的に集計され、出てきた合格結果を見た時のことだ。

結果は合格ぴかぴか(新しい)

合格ラインは1000点中550〜だったので、これはイケるかな、とは思ったんだけど・・・。

しかし、思ったよりも難しかった。
購入したテキストを何度もやり、平均では正答率を90〜95%まで引き上げていたのだが・・・。
実際の試験問題は、確かにこのテキストがベースになっていたのだが、
普段使っているPCではないということ、場所が違うということ、
もうそれだけで最初はかなり舞い上がってしまったような気がするふらふら

その証拠に、何度問題文を読んでみても全然頭に入ってこないのだ・・・。
結果、問題を後回しにして、できる問題から解いていくようにすると
徐々に落ち着いてきた気がする。

しかし、落ち着いた頃に時計を見ると既に20分経過。
問題もまだ3分の2は残っている状態だったので、かなり焦りながら
解いた。

途中で、あーこりゃダメだ、と思ったが、最後の1問まで落とさないように慎重に操作、回答。

その結果・・・・なんとか合格できた・・・。

結果の点数は1000点中880点。

なので、十分合格ラインなのだが、実際はもっと点数が低くなると思っていた。

試験終了後、合格したというレポートをもらい帰路につく。

久々の充実感&爽快感だ。
なんか、もう少し試験を受けたくなってきた気分。
まあ、どっちにしてもエクセルも受けなきゃいけないあせあせ(飛び散る汗)ので
その楽しみはあるけどね。

ただ、驚いたのは、今の時点でMCASを受ける人が私だけだったということ。
後は学生さん達もみんな、MOS(2003)を受けている人ばかり。

やっぱり、企業ではまだ2003が主流なんだろうか・・・?

さて、次はエクセルだ。


がんばろ。


ちなみに、今回使ったテキストはこれのテキスト版1冊のみ。


そこそこワードが使えたらこれでイケるんじゃないかな?


タグ:MCAS

posted by うり at 07:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

試験目前

とうとう、試験を受けることにした。

パソコンインストラクターを続けるにあたって、必要な試験。
というわけではないあせあせ(飛び散る汗)

この試験を取っておくと時給が上がるのだグッド(上向き矢印)
これは取っておかなきゃでしょー。

というわけで、私が受ける試験はMicrosoft office WORD2007のMCAS。
少し前はMicrosoft Office Specialist(office 2003)の試験を受けようと思っていたのだが、よ〜〜〜〜く調べてみると、2007のMCASが最新だということで、こちらを受けることにしたのだ。

それにしても、私がMicrosoft Office Specialist(office 2003)の試験を受けようととあるパソコン教室に行ってみた時、ぜひ、と進められたのだが、なぜこの時に2007の試験のことを教えてくれなかったのか。
かなり不信感なんだけど。
しかも、全部講習を受けて16万円ってふらふら
よくよく調べたら、普通に使っていたらテキストだけで十分行けそうな感じなんだけどたらーっ(汗)

ああ、思い直してよかった・・・。

さて、2007のMCASを受けようと、テキストを購入し日々やってはいるんだけど・・・イマイチ分からないんよね・・・。
実際に私がこれまでやっていた操作なんてこの出題から比べると5分の1くらいだし・・・。

試験日はこの日曜日。

ギリギリで試験を申し込みした、これまたとあるパソコン教室の女性の対応が秀逸であったたらーっ(汗)

私「試験の時間ってどのくらいなんですか?」
女性「人によりますので・・・」
???
私「人によるって言っても、いつまでも時間をかけていいってわけではないですよね?」
女性「一応50分ということにはなっています」


だからそれを聞いてるんだってばふらふら



と、もう思い出せないが、こんなやり取りを数回したような気がする・・・。
思わず

「すごいなあ・・・」

とつぶやいてしまった。

曲がりなりにも、私だってインストラクターのはしくれであり、接客業でもある。
この女性だって、このように電話の対応が必要なのだから、それなりの対応はしなくてはいけないだろう。
のはずが・・・すごい電話対応だ。
ある意味感心してしまった。

まあ、それはいいとして。
受験料は12,390円。
落ちればもちろん、これが無駄になってしまう。
試験までの期間がなさすぎるのではと思ったが、無駄に長くしてもきっと勉強なんかしないだろうあせあせ(飛び散る汗)

なので、やっぱり受けてみることにした。


そんなとき・・・友人のFさんから久々にメール。
内容は同じくワード、エクセルの試験についての問い合わせであった。

奇遇だわーい(嬉しい顔)

彼女がどちらを受けるのかは分からないが・・・エクセルよりもワードの方が簡単かな?と思う。
もちろん、両方持っていることに越したことはないけど。

ただ。

今では一応最新の試験・MCASも、この秋にWindows7が出ることでMicrosoft Office 2010が出る。
つーことは・・・そのうちこちらが主流になるだろうたらーっ(汗)

まあ、こんなこと言っていてはキリがないので、2007のMCASで勝負なのだけど。

試験の結果は、すぐに出るのだそうだ。
合否の結果は、はい。

ここでちゃんと白状しますですあせあせ(飛び散る汗)

タグ:MCAS

posted by うり at 08:33 | Comment(4) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

いっぱいいっぱい

おっぱいおっぱい

じゃないよ。

いっぱいいっぱいだよ。


仕事のネタしか書けない自分が悲しい。

だけど、仕事しかしてないんじゃ仕方ない。

なんか


自分の首を絞めてる気がしなくもない。

だけど

これをしてなかったら、

何もしていない自分がいるわけで。


だったらやっぱり、


少々きつくても

今の方がいいかな。





思ったり



posted by うり at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

心地よい疲れとプレッシャー

・・・ですよ、ホントに。

ここんとこ火曜日〜金曜日はずっと、研修に通う毎日。

事務作業も覚えながら、授業も聞いて、学ぶ。

今のところ、事務作業的には大したことはないが、先生が忙しい人なのであまり指示がなく、少しの指示でやっておかなければならないのがちょっとキツイ。

私もいいかげんな性格が見え隠れするし、何よりも以前からよく指摘される

「急いでね」

と、やはりここでもよく言われる・・・。


というか、急いでいないわけではないのだ。
私的には十分間に合わせる自信はあるし、事実、急がなくても間に合っている。

なのに

「急いでやって」

と言われるのは・・・。

そんなにのんびりして見えるんだろうか・・・。

かと言って、ムダに急ぐのも嫌だしなあ。


どうやらこの問題はついて回るようである。


講師デビューは5月10日。
一生懸命段取りやセリフを覚えている私に、ダンナが

そんなもん、いくら練習したって本番で場馴れせんと。
そんなに心配せんでもできるわ。

と力強いお言葉。

感謝だグッド(上向き矢印)


posted by うり at 19:53 | Comment(3) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする