2006年04月24日

会社の文句を言う資格

職場にて、その時一緒に仕事をしていた男性の一言に耳を疑ってしまった。

「こんな会社潰れたらええのに。みな言ってますよ」

ヘッ。
「そりゃ自分達が困るんじゃないんですか?」
と信じられない気持ちで聞いたが、それには答えず、会社の文句を言い続ける男性。

信じられん。
潰れたらええと思う会社で働いてるわけ?
てか、潰れたら一番困るのはアンタたち中年男性じゃないの?
そこまで思うならやめればいいじゃん。
もっとも、使ってくれるところなんて殆どなさそうだけどなあ。

と、様々な思いがぐるぐると頭の中を巡る。

この職場は、深夜勤務が多いせいか、割とワケアリの方々が多い。
シングルマザーから、昼は自営業やってる人とか、さまざま。
長年生きてりゃ、特別に手に職もなければ世間のニーズと自分ってのがどんどん離れてくのは分かってくるし、なぜ自分が今ココにいるのか?ってことくらいは分かっているはずだ。

特に、中年男性は身に染みてわかっているのではないか?
だから、感謝こそすれ、「潰れりゃええ」なんて思われる筋合いは会社にはないはずだ。

それなのに辞めないのは、辞められないからでしょ?
行くとこないし。
なのに、なんでそんなこと言えるかなあ。ワケわかんない。
自分が困るのが嬉しいのかな。極度のS?
とか、いろいろと考えてしまった。

この男性、ちょっと根無し草っぽい感じで、つかみどころのないタイプだ。この人について、別の男性がこんなことを言ってたことがある。

「○○さんはなあ、本当はこんなところで埋もれてる人ではないんで」

いや、でも実際今埋もれてるし。
しかも「こんなところ」てアンタ。自分の職場でしょー。
と、人の会話に心の中でツッコんでいたわけだが。

いかにその人がスゴイかどうかは、「今現在」を見るしかないでしょ。
そりゃ、50代半ばでもまだ気力もまんまんで、「天下を取るんじゃ」
なんて言ってるなら(これもある意味すごいが)「埋もれてる人では
ないのね〜。ウンウン」と納得もするが、これじゃあねえ。



そういえば、ここではもう1つ信じられない光景を目撃したことがある。
1人の男性(やはり50代くらい)が、自分が見ていた給料明細を眺めていたのだが、いまいましくそれを叩きつけたのだ。

えーと。
今のは何のパフォーマンスですか?
安いのが気に入らんってこと?



じゃあもっと働けよ。



もしくは、辞めて



もっと条件のいいとこ行けばぁ?


行けるもんならね。


もっとも、自分の立場もわきまえずそんなことが出来たり言えたりするような人は、いい条件の会社があったとしてもそこでは働けないだろうけど。

私は、「文句」には2種類あると思っている。
1つは、ソレをよくしようと思うからこそ出る文句。
ただ、これは文句であって文句ではない。そこには自分なりに考えた
解決方法が必ず存在するから。
もう1つは、さっきの男性のような、単なる文句。
自分は何もしないし、する気もないのに、ただぶうぶう文句ばかりを言っている。
こういうタイプは、自分がいくら恵まれた立場にあってもきっと、分からない。
死ぬまで文句ばかり言い続けるのだ。ご愁傷さま。

私は、この文句を言う時間さえ惜しいと思う。
そんなこと言うくらいなら、どうすれば自分が納得できる状態にできるのか、
考えてた方がマシだ。


文句を言う資格がある人は、その会社や組織を引っ張っている人か、
もっとよくしようと思って頑張っている人だけだ。

それ以外の人間は、文句を言うなら辞めればいい。
仕事をするなら文句を言うなってことだ。



ちょっと極端ですか?私。
でも、本音なんで。








posted by うり at 08:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

もっと、もっと。

娘が卒園し、春休みが始まってから約4週間。
ずっと時間が足りなくて。
やりたいことがなかなかできなくって。
そんな日が何年も続いていたのがウソのような毎日が過ぎている。

私がいつも一緒じゃなくても、勝手に遊びを見つけている子供たち。
そんな中で、私もやれるだけの時間を割いて、今までの欲求不満を
解消してきた。

気がつけば、一通りのことは済ませてしまった。
今は、どちらかといえばそんな時間を持て余す飽和状態とも言える。

仕事は、相変わらず続いている。
大好きなライターの仕事と、早朝のアルバイト。
どちらも、今の私にはなくてはならないものになっている。
気持ちの面でも。もちろん、収入面でも。

だけど。
その一方で、ライターとしての仕事をもっとやりたい、という自分が
むくむくとアタマをもたげてきた。

もっと、もっと。
いろんなことを書いてみたい。
いろんなことに挑戦してみたい。

でも、
その狙いは今の私には今ひとつあやふやで、ましてや本当にそれが
自分にできるのか、とても不安になることがある。

もちろん、そんなことに挑戦せず、今のままのペースで続けていくのも
いいだろう。
無理だと思うなら、「ライター」なんて肩書きを捨ててしまったって
特に困るわけではないのだ。

なのに、どうして。
こんなにも書きたい。何かを始めたいと思う、いや渇望する自分がいるのだろう。
面白いことに、それは自分の中では「〜したい」ではなく、
「〜なければならない」のような使命感になっていることに気づく。

とりあえず、この気持ちを納得させるためにも。
ライターとしての仕事を開拓することにした。
だけど、それだけではダメだ。
そう、スポーツ選手が日々努力するように。
物書きだってトレーニングが必要なはずなのだ。

「何もしない」でいい楽な日々よりも。
「何かし続けなきゃならない」しんどい日々の方が、私には大切。

まずは、ちょっとサボリがちだった、ライターの仕事につながる
何かを日々続けていこうと思う。
そうすることで、この不安感や焦燥感を満足させられるかもしれない。

満足させられなくても、何か得られるものはあるはず。

とりあえず、ブログにはほんの少しの出来事でも、もっと小まめに
書いていこう。と思う。
数年前に、毎日必ず更新、というのをほぼ3年間やっていたことが
あって、それは確かに大変だったけれども、あの日々があったからこそ、
私なりの文章スタイルが確立されてきたのだ。

今後は1日何度かの更新、なんてのもしようかな。
しょこたんブログ(^_^;)の70回ってーのはありえないけども。

とにかく、もっと、もっと。

文章が、うまく、なりたい。
自分が書きたいと思えるものを書きたい。
相手の求める文章を察知し、それを的確に書けるようになりたい。
知識が欲しい。
言葉が欲しい。
語彙が欲しい。

もっと、もっと、前へ。




posted by うり at 16:33 | Comment(4) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

本ができました♪

一応私、これでもプロのライターなので、それに関連した話題を1つ。

知り合いのライターさんからの紹介で、とあるムック本に参加することになった。
その名も。
じゃーん。

「人智を超える超能力の世界」

怪しい?
でも私、こういう世界は嫌いではない(むしろ好き)なので喜んで書かせてもらったのだ。

私が担当したのは、
「吸血鬼ドラキュラ」
「日本に実在した超能力者たち」
「物体を操る超能力者たち」
「進化し続ける超能力者研究」

の計6ページ。

この作業は、文章を書くというよりは文章を組み立てる、と言う方が合ってるかな。
とにかく、指定された文字数に合わせて文章を切ったり貼ったり縮めたり伸ばしたりと、
さんざんこねくり回したりして。

昨年夏に笠倉出版から発行された「本当にある怖い場所案内〜全国縦断・地図付きガイド」と
いう、これまた怪しさ爆発のムック本に続いての2冊目。

どちらにしても、幼い頃からこんな本ばかり読んでいて、しかも今現在もオカルト系番組は
録画してでも観るというこの嗜好がこんなところで役に立つことになろうとわ。

しかも、文章を書くことが大好きだった私が今もこんな仕事に携われることがウソのようだ。
人間、夢は諦めちゃいかん、としみじみ思う。

ところが、この本で残念なことが1つ。
「見本誌ができあがりました」と出版社から本が届いたのはつい先日のこと。
喜んでまず巻末の奥付けで自分の名前を確認するも・・・ない!
ないったら、ない。
先方からの電話によると、どうやら入れたつもりが抜け落ちていたらしい。
あああ、残念・・・。
ライターとしての証拠は、この奥付けに名前があるかないかってことにもかかってきたり
するんだけどなあ・・・。はあ。

でもまあ、私がこの本に関わった事実は事実なんだ!
と切り替えることにし、それ以上ウダウダと考えるのはヤメにした。

まあ、それはともかく。
そんな本が発売されているので、本屋さんで目にしたら、ぜひ見てやって下さいませ。
あ、もちろん、前回同様売れたからと言って私に何か見返りがあるわけではないので・・・。

PSY人智を超える超能力の世界

posted by うり at 08:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

適性検査に挑戦。

かれこれ、半年にもなる早朝アルバイト。
やってみたら面白いもので、しかも昼間がフリーになるという都合の良さもあり、
引き続き契約することにした。

それに必要なのが、この適性検査である。
でも、それってアレでしょ?
計算をしたり、心理状況の検査みたいなもんで、ヘタを打たなきゃ誰でも
合格できるってヤツじゃないの?

と思い、気軽に受けることにした。
試験会場の待合は本社の食堂だ。
時間ギリギリいっぱいで飛び込んだ私は、まずその場の異様な緊張感に
驚いた。
てか、もっと緊張するもんなのだろうか。
すまんな、緊張感ゼロで。

そして、試験の会場へと移り、試験開始。
まずは、おなじみ計算の試験である。
1列にズラッと並んだ数字を足し、数字と数字の間に答えの一ケタだけをひたすら
書き続けていくというもの。
それを1行1分間続け、1分経過したら、下の段に移ってまた1分間計算。
それを15分×2回続けるのだ。
ダルイ。

この試験、内田クレペリン検査というものだが、私には1つ思い出があるのだ。
中学だったか高校の頃だったか、この試験を受けてあまりのダルさに居眠り
してしまったことがある。
この計算で何が分かるのか分からないが、計算が出来るか出来ないかという
判断をするわけではないだろう。
なので、この検査の名前をしっかりと覚えておくことにする。
帰ってからネットで調べたら分かるはずだ。

計算開始。
・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・。
やばい。
眠い。
見れば、調子よく計算が出来ているのは最初だけで、後は激減しているではないか。
その日も2時半起きで仕事をしているからとは言え、きっとそれだけでは
ないのだろう。
とりあえず、後半の数分でラストスパートをかけることにする。

お次は、心理検査。
心理状態を「はい」「いいえ」で答えるというものだ。
これは2種類あり、全て終了したら帰ってもいい、とのこと。

ハッキリ言って、こういう試験の時は時間が余りすぎて困るくらいなので
それはラッキーだった。
とっとと終わらせて早く帰ろうっと。

質問
「1人で過ごすのが好きなたちである」「はい
「気が短い方である」        「いいえ
「空想をして楽しむことがある」   「はい」(ヤバイ?)
「誰かがいつも私の悪口を言う」   「いいえ」(こっちのがよっぽどヤバそうだ)
「ありえない発想をすることがある」 「はい」(やっぱマズイかな)
「自分さえ良ければ構わない」    「いいえ」(これは仕事として考えるとマズイ
                        でしょ)

とまあ、こんな質問に約200問答える。
全て終了した時点で、まだ30分ほどしか経っていない。
が、ここにいても仕方がないので、まだ皆試験中のようだが、
とりあえず帰ることにした。
すまんな。緊張感皆無で。

妄想癖・空想癖が裏目に出なきゃいいが。

さて、内田クレペリン検査について。
やはり、思っていた通り。
これはどうやら、仕事の生産性が分かるようだ。
解いた答えを縦にすると、あるラインが浮かんでくる。
曲線か、横線。
私のように最初は調子がいいが、真ん中はダメダメで最後に少し持ち直す曲線タイプは、
能率はいいのだが、単純作業には向かないタイプ。
横線を描くタイプは、15分×2回のその単純作業で作業性が崩れないタイプだ。
器用ではないが、着実にこなす人。
私は何をするにも早いが非常に雑で大ざっぱなので、
それが思いっきり出ているようだ。
なるほどなあ。

さて、結果が出るのは1週間後だとか。
どうなることやら。

あ、それと。
言い忘れていたが、以前書いた携帯恋愛小説の件。
申し訳ない。
これは、ある会員用のコンテンツらしく、URLにリンクすることが
できないと言われてしまった・・・。
小説の方は結局、現在第2回配信中。
今まで書いていた形態とは違うので、担当者のFさんにダメ出しやら
アドバイスをされる日々である。

次を読みたい、と思わせる工夫がなかなか難しく、
週間雑誌の連載マンガの作者の苦労が少しだけ分かったような気がするのであった。

次号に続く!!
posted by うり at 16:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

久々に恋愛小説を。

今年の3月から、とあるメルマガにて恋愛エッセイを書いている。
その担当者からメールで相談を受けた。

「数ヶ月の連載で恋愛小説を書いて頂けませんか?ぜひご検討下さい」

おお。
願ってもいない依頼だ。
もともと、私は小説を書くのが趣味だったのだ。
しかし、それも底を尽き、最近はめっきりブログでのエッセイもどきな日記しか書いていない。
後は全く仕事用の文章で本当に恋愛小説の表現からは遠ざかっていた。
そんな私に、恋愛小説の依頼だ。

嬉しい!!

ちょっともったいぶって返事を出したかったが、そんな小細工は苦手だ。
なもんで、即効でOKの返事を出してしまった。
話はトントン拍子に進み、まずは明日中にプロット(あらすじ)を4,5案出すことになった。

さて。
何を書こう?
えーと。
うーと。
あーと。

というわけで、悩みに悩んで5つ提出。
今回の携帯小説は、とりあえず大体の骨組みと登場人物だけを決めて毎週毎週担当の方と
ストーリーを決めることになった。
週刊誌と同じ要領である。
ちょっと面倒だが、まあいっか。

翌日。
早速プロットが決まった。
私が一番書きたいと思っていたお話だ。やたっ。

次、タイトル決め。
実は私、タイトルを決めるのが苦手なのだ。
ばっちり合うのがあればそれに越したことはないが、これがなかなか難しい。
しかも、タイトル次第で話も表現も何となく違ったものになってくる。

浮かんできた言葉を書いていると、気がついたら10案も出来てしまっていた。
まさかこれを全部出すわけにはいかん。
とゆーわけで、幼稚園のお友達ママに相談してみた。
「この中で、思わず読みたくなるようなタイトルどれ?」
ワケ分からん顔の彼女に事の次第を話すと非常に驚かれてしまった。
私が物書きの仕事をしていることは知っていたが、コピーライターの部類だと思っていたらしく。

コピー?ムリムリ。
それに、そんなに驚かれるほど大した仕事はしていないのだ。悲しいことに。

ともかく、これから始まる携帯小説初挑戦。
そして久々の恋愛小説。
配信が決まったら堂々とURLを公開しますんで、よろしく♪
posted by うり at 10:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

在宅でのお仕事。 2004/12/30 23:40

さすがに12月、とでも言おうか。

秋口はヒマでし方がなかった在宅でのデータ入力の仕事も、ここに来て急激に仕事が増えてきた。

やってもやっても減らない。

そんな感じだ。



引き受けるんじゃなかった〜・・・・と思う膨大なデータ入力も子供達を騙し騙し、寝不足上等でやっとゴールが見えてきたところ。

納期は1月2日だが、どうでも今年中には済ませたかったのだ。

もちろん、これを終わらせればその次が待っているわけで。



信頼出来る助っ人がマジで欲しいと思うんだけど、これがなかなか難しいところ。

というのが、在宅の仕事=気楽に手が空いた時間にやれる仕事と思っている人があまりに多いからなのだ。

正直、冗談じゃない。

空いた時間だけでこなせるほど甘くはないし、時には徹夜覚悟の時だってある。

自分の生活もしながら、納期を守り、ミスなくこなすことがどれほど大変なことか。



そう言いつつ、私はこの生活が気に入っているのだ。

身なりをきちんとせずともパジャマ姿でだって仕事ができる。

時には朝食のパンをかじりながらとか。

納期さえきちんと出来れば、遊び歩いてたって構わないのだ。



私が今主に請け負っているのはデータ入力、ライターのお仕事。

この二つ、とてもよく似ているが全然違う。

データ入力はハッキリ言って気が楽。ぼうっとしていたって手さえ動いていればこなせる。

ライターはそうはいかない。

PCに向かって文章を打ち出すまでの耐久時間が結構かかるのである。

ネタがなけりゃずうっと考えてるし、BGMの音楽だってジャマなだけ。

ただひたすら、しん、とした中で文章を作る。



そしてやはりというべきか、ライターのギャラの方が圧倒的に高い。

しかし、ライターだけじゃ仕事は知れてるし、必然的にデータ入力が増える。そんな感じだ。



さ〜て、久々に日記も書いたことだし。

続きをやるかなあ。ああ、ヒザが痛い。泣。

posted by うり at 20:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。