2018年01月01日

KinKi Kids沼は深かった

ツイッターにて、ぱんこさんがキンキキッズに落ちた話を書いておられて、そのお話に感銘を受けまして私もそのひとりとして書き残しておきたいと思い、久々にブログを更新しております。
これが長年放置していたブログでやることかってな感じですがいいんです。

私がキンキにはまったのは、実はこのブログでもちょっと触れておりまして、それはたまたまHアルバムというアルバムを何気に聴いたのが最初なんですね。
http://urisanblog.seesaa.net/article/9799817.html
これが2005年のことで、私は30代半ば。ジャニーズは嫌いじゃなかったしもちろん彼らのことも好きだったのですがそれはただ数いるジャニーズの中のいちグループというくらいでした。
それに、当時すでに彼らはジャニーズの中では中堅。周りに言っても「へ?今?」「前から好きだったっけ?」って反応をいただきました。ですよね。

しかし、このアルバムで生歌が聞きたくなった私は単身京セラドームへ乗り込みます。そのレポがこちら。
http://urisanblog.seesaa.net/article/11045817.html
どっちかというと光一派(あくまでもルックスの面で)だった私が、二人を好きになった瞬間でした。
(この頃は二人を呼び捨てで書いてます。それが徐々にくんづけになっていきますが)

これをきっかけに、とにかく二人のことを知りたくなった私はネットで調べまくります。私がこれまでなんとなく聞き流していたニュースがところどころでリンクしました。

デビュー時、彼らの楽曲をマイナーなメロディーなものにした山下達郎氏が彼らの目には哀愁があるといったこと。
当時から歌もダンスもうまくこなしていたという剛くん。
それについていくべく努力したのであろう光一くん。彼の現在を見るとどれだけ努力したのか想像を絶するものがあります。
そんな中、剛くんの過呼吸症候群。この時のことはうっすら覚えてますが、二人しかいないグループでのこの状況は存続も難しかったでしょう。それでも、剛くんが出られない間光一くんが一人でキンキを背負っていたこと。

剛くんのソロアルバムも聴きました。彼の悲鳴が聴こえるようで痛かったのを覚えています。
ギターに触れた彼は、これに触ってたら誰からも話しかけられない、と思ったというエピソードも忘れられません。
一見、男っぽく頑丈に見える剛くんこそ繊細で、線が細く見える光一くんこそ骨太で頑丈な人だというのもこの頃知りました。

そしてYoutubeができてからはひたすらキンキ動画を見まくってました。昔の番組などもアップされていたのでそれこそ片っ端からです。
見れば見るほど二人の関係性が大好きになっていきました。
誤解を恐れず言いますと、この二人はきっと、別々に生きていたら全く相いれない二人だったと思います。
だけど、そんな二人が出会い、一緒にキンキキッズとして活動することによってキンキキッズという一つのかたまりになった感じ。

ほかのグループがよく言うような、見てわかるようなべったりとした関係ではないのでしょう。でもそれは、そんなことをいちいちしなくてもお互いをわかっているから、必要以上にくっついておくこともないというか。

という割に、私は忘れられないのですが、堂本兄弟の時にきくちPがボソッと明かしてたエピソード。
この番組の時は二人の楽屋は別々で壁(のようなもの)で仕切っていたそうなのですがすぐにそれを二人が取っ払ってしまうというのはもうなんというかかわいらしすぎてにまにまするしかなかったです。
このきくちP、堂本兄弟放送時にはキンキ関連の裏話をいろいろアップしてくれていて毎回読むのが楽しみでした。

というわけでこのように私はキンキ沼にずぶずぶと入り込み、もう15年が過ぎようとしています。




posted by うり at 01:05 | Comment(0) | ミーハーネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

私とTM NETWORKの思い出

昨日、TM NETWORKの木根さんが「しくじり先生」に
出ていて、木根さんギター弾いてない問題が
話題となりましたが
すみません、超初期のファンでしたので
TM=多摩とか木根隠し問題とか宇宙人問題とか
それはファンならみんな知っていました(;^ω^)
 
ただ、ギターに関してはさすがに数年たったら弾けているだろうと
思っていたので私としてはそこが驚き。
私が高2の頃にTM NETWORKの「1974」と言う曲で
出会い、あまりのカッコよさにショックを受け
 
2枚目のシングル「アクシデント」のジャケ写の
宇都宮さんのカッコよさにぜーんぶ持っていかれて
しまいました♡
 
 
その頃のTMは、まだファンも少ないので
岡山でライブをしてもやっといっぱいになるかならないか。
というくらい。
 
なので、学校サボって(コラ)彼らのライブとなると
駅まで出迎えて・・・というようなことをわきゃわきゃと
やってました。いわゆる追っかけと言うやつです。
 
ですが、私が好きだったTMは、ダンサブルな曲ではなく
小室さんの好きな宇宙を模した世界感漂う曲なので
「C'mon Let's dance」辺りから路線替えして
どんどん売れてくTMについていけず、
「GET WILD」でブレイクした頃にああ・・・終わった・・・
と思ったのも事実です(;^ω^)
 
まあ、小室さんはデビューした頃からTMを売ることを
一番に考えていた人なので
路線替えしつつのブレイクは当然のことだったでしょう。
 
なので、
TMがTMNとかFANKSとか言い出した時はもうホントついてけない
と思ったのはホントです。
 
TMの話をするとこれまた止まんないのでこの辺で。
 
 
TMのWILD HEAVENを聴きながら。
このウツの声、大好き。
鼻血出そう。
タグ:TM NETWORK

posted by うり at 23:53 | Comment(1) | TrackBack(0) | ミーハーネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

人は見た目じゃない。でもなあ・・・

最近、なんかいい音楽はないかと、いろいろと聴きまくっているのだが、
中でも気に入ったバンドを発見。

何気なく見たPVにあまりにもショックを受けた。

・・・その、風貌とPVの組み合わせに。

どー見てもカッコイイと言えない男どもが、まるでイケメンかのように
ふるまい、撮影されているのだ。

しかも、当然のように。

更に、彼らの音楽は超爽やかるんるんと来ている・・・。

彼らの曲を聴いていると、ああ、音楽って顔じゃないんだなあと(失礼)つくづく
思う。

それは十分わかっていて、私が好きなバンドやアーティストも、曲が好きだから聴いている
わけで、このボーカルの顔がとか、そんなことを思ったことはなかった。

だが、彼らを見てそれを痛感したのだったあせあせ(飛び散る汗)


▼おすすめPV



人は見た目じゃない、とよく言うけど、でも結局は、初対面は(特に男女関係)まずそのルックス、
雰囲気が好みか好みじゃないかで大きく分かれるところだろう。

好みだと好感を持つし、好みじゃなければそこでアウト・・・の場合もあれば、
段々と中身を知って行くうちに好感を持っていく、という流れが殆どだろう。

そういう意味でも、平均以上のルックスはまず大半の人に好感を持たれることになるのは
仕方がないこと。

ルックスも才能。だから自分は、その才能にひれ伏すしかない、と言ったのは
ブラマヨの吉田だったが、この発言にはかなり共感したし、納得した。
ルックスの良さなんて、自分でどうこうできるものではないのだ。
それが既に優れているのは、やはり才能の一つと言うしかないだろう。


・・・と思っていたら、最近話題になっている連続詐欺・殺人事件の公判中の
木嶋香苗のルックスとそれに見合わない男性関係には本当に驚く。

彼女の場合、逆に美人ではなかったから男が安心したのだろうか?
一体、どんなテクニックで、どんな言動で数々の男性を手玉に取ったのか。

ただ、彼女を取材した男性記者が、最初は同じ気持ちで彼女を見ていた
ようなのだが、公判を見ているうち、女性としてアリ、悪くない、という感想を
持った、という記事を読んだ。

聞くところによると、しぐさとかちょっとした所作が美しいらしい。
それは分からなくもない、下品なしぐさ、所作は私も嫌だ。
それにしても・・・。

人が亡くなっているから、気軽には言えないが、それでも興味深い事件である。
タグ:竹内電気

posted by うり at 08:53 | Comment(15) | TrackBack(1) | ミーハーネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

キンキさんのKアルバムが久々に良いので語りたい

キンキさんの新しいアルバムをようやく聴く気になったので
聴いてみたら、これが久々に良いわーい(嬉しい顔)ので語りたい。



と言っても、去年の11月にリリースされてたんだけどたらーっ(汗)

ここのところ、男性声優さん、キャラソン、ボカロばかり聴いていたのでなかなか聴く気に
なれなかったのも事実。
それに、キンキさんは1年に1枚のペースでアルバムを出してるんだけど、ここ数年のアルバムが
正直、あまり気に入らなかったのだ・・・。

で、今回もあまり期待せず聴いたのだが(ゴメンなさい)これがかなり・・・良いハートたち(複数ハート)

01:願う以上のこと 祈る以上のこと

これはドリカム作の曲だが、オープニングにふさわしい雰囲気の曲。
ドリカムには以前「ね、がんばるよ」という曲も書いてもらっている
んだけど、また雰囲気が違う。
両方好きだけどこっちの方が好きかな。

願う以上、祈る以上に行動しなきゃ意味がない。私がいつも思っている
ことを歌ってくれてて、メロディラインもとても気持ちいい。
踊ってるキンキさんを見るのはもっとシアワセ。



02:同窓会

松本隆らしい、雰囲気のある曲。歌詞の中でもやっぱり寂しそうなキンキさんに苦笑。
『バツイチになっちゃった』の『バツイチ』が生々しいなあ・・・。
かと言って『1人になっちゃった』『彼氏と別れた』じゃあ普通だし・・・。
と大御所の歌詞についてちょっと思案してしまった。


03:危険な関係

吉田拓郎提供曲。拓郎さんのおかげで二人はギターを弾くようになったんだもんなあ・・・。
特に剛くんは、『ギターを弾いてたら人と話さなくていい』と言うことに気づいちゃう
から余計にのめりこんでしまうことに(^_^;)
彼らの最初の曲「the night before your birthday」もいい曲だったにゃ。



04:ラジコン

聴いた時、絶対に松本隆作詞だと思った。なぜか。
松本御大の書く女性はとっても可愛い、もしくは儚げで美しいのだ。
こっちは可愛いバージョン。
「スワンソング」「薄荷キャンディー」はべっぴんバージョン。

07:いのちの最後のひとしずく

山下達郎のカバー。本当は、書き下ろしの曲の予定だったのだが、
二人たっての希望でカバーとなったらしい。
とてもあったかい曲。

08:ヒマラヤ・ブルー

ヒマラヤの真っ青な抜けるような青空(言ったことないけど^^)を
連想させる。
聴いてて気持ちいい。


09:もっと もっと

これは・・・ぜひぜひドームで合唱したいわーい(嬉しい顔)
堂島孝平っぽくない気がするなあ・・・。

11:2nd Movement

「lOve in the Ø」「Bonnie Butterfly」に似てるなあと思ったら
「Bonnie Butterfly」の作者によるものだったあせあせ(飛び散る汗)
似すぎててちょっと笑えてくる。でもかっこええ。


12:Time

これは好きだ!カッコイイ!スリリングな展開もいい。
と思ってたらシングルだったのね。ごめん、知らなくて・・・。


KinKi Kids - Time PV (kara+eng sub) 投稿者 pavlina_


13:きみとぼくのなかで

きみのなかで〜ぼくのなかで〜♬というフレーズがどこまでもループする曲。
それはそのまま、1曲目のループ曲に受け継がれていく・・・。

・・・と、語ったかどうかわかんなくなりましたが・・・。
最初は、印象が薄いと感じたんだけど、聴いてるうちに何度も聴きたくなる
スルメアルバムとなってしまった。

最初聴いた時、ずいぶん歌い方を抑えてるなと感じたのだが、その理由が
判明。
当初、キンキの頭文字でもあるKアルバムが発売されるということで
全曲二人の作品でという予定だったらしいが、その後、キンキにこれまで
関わってきた作家陣たちに製作は任せ、自分たちは歌い手に徹しようと
いうことになったらしい。

そっかー。
でも、欲を言えば剛くんの強い歌声がもっと聴きたかったんだけどなあ・・・。


・・・で、久々にキンキ熱が復活し、動画サイトを放浪している日々。

やっぱキンキ、いいわあハートたち(複数ハート)

二人の、絶対に相容れないはずの個性が、キンキという枠内で見事にかみ合っている
ところが素晴らしいと思う。

posted by うり at 20:43 | Comment(8) | TrackBack(0) | ミーハーネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

ぶーしゃからかぶー

岡村ちゃん、復活。

つーわけで公式準備ページに行ってみたら・・・

http://okamurayasuyuki.info/

岡村ちゃん満載のムービーで癒されたわーい(嬉しい顔)


彼の復活ライブ、行きたいんだけど残念ながら仕事が休めない・・・。
というか、ドタキャンしないでよ〜とつい。

それと、ウチの妹からの情報で、バナナマンの日村がTMのウツのマネをしている動画が
面白いらしく、早速探してみたら。




受けた^^


で、そんなメールのやり取りをしていたら、


我が家の家の前の道が水没していたふらふら

『あー、そっちはそうなるじゃろなー。こっちは何ともないよー』

と、岡山市南区に住む妹からのメール。(私は中区)だが。


TVでは、

『岡山市南区全域に避難勧告』

となっていますが・・・。

それでも呑気なもので、

「いや、別にウチ何ともないし。風も大したことないよ」と妹。

いやいや、きっと近くの川が氾濫しかけているのでわ・・・。

と思ったが、危機感なしだ。


きっと、こんな風に大震災の時に津波で流されてしまった人も多いのではないだろうかあせあせ(飛び散る汗)


そして、同じ南区に住む母親に連絡をしたが、全く連絡が取れない。

気になっていると、数時間後母から電話があり

「倉敷に行っとったんよー。え?避難勧告?なんか町内の人が言ってきたらしいけど、
留守じゃったから知らんわー」

とのこと。


全国ニュースであれだけ流されている端っこでは、こんな呑気なお話が転がっている。


・・・あれ。岡村ちゃんネタだったんだけど。まあいいや。
タグ:岡村靖幸

posted by うり at 23:22 | Comment(4) | TrackBack(0) | ミーハーネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

タイガーマスクがついに実写映画化

「あしたのジョー」が実写映画化されたが、今度はタイガーマスクが映画化されるらしい。

「あしたのジョー」の時もそうだったんだけど、「タイガーマスク」を今更実写化してどうするというのか・・・。
こういう場合、時代のギャップがかなり不自然なんだよねえ・・・。
というか、二人ともプライベートの恰好が似ているような気がするのは気のせいか。


発案者は原作者の故・梶原一騎氏の実弟で、空手家の真樹日佐夫氏。
真樹氏いわく
「5月クランクインして、11月公開を目指す。シナリオを書いているところで、まだキャストも決まっていない」とのこと。

キャスト。キャストねえ。

あしたのジョーが山Pなら、タイガーマスクは・・・う〜ん。
最近の線の細い感じの役者じゃ、イメージに合わないよね。

そうそう、最近深夜ドラマに出てる石原プロの徳重 聡はいかがでしょう?

どことなく古臭い感じが合ってるような。


それはそうと、タイガーマスクと言うと思いだす話がある。

幼いころ、なぜかそのタイガーマスクが好きだった私は、タイガーマスク人形を持っていた。


▼探したらあったわーい(嬉しい顔)
これこれ!めっちゃ懐かしい〜!
当時物 タイガーマスク ソフビ人形 中嶋製作所 4体+

TO1395-1.jpg



この、青いタイツを履いたのが伊達直人なんだけど、当時、リカちゃん人形で人形遊びをするのに、誰も男の子の人形を持っていなかった。
仕方がないので、私が持っていたタイガーマスク人形がお父さん役や先生役をしていたのだ。
だが、服はないし、青いタイツは足に直接塗られているので、脱がせるわけにはいかない。
仕方がないのでいつも上半身裸・青タイツで彼はそこに座っていたのだ(既にマスクやマントは紛失していた)ふらふら

それにしても、なぜ幼いころの私がタイガーマスクが好きだったのか・・・。

未だ残る謎。



posted by うり at 08:28 | Comment(12) | TrackBack(0) | ミーハーネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

古い少女マンガあるある



面白いランキング発見。

1位 メガネをはずしたら絶世の美女 

当時から理解できなかったんだよね〜。
まあ、マンガの場合はぐるぐるビン底メガネだったから仕方ないか。
これで思い出すキャラは和田慎二「超少女明日香」かなあ。




2位 曲がり角で出会い頭に人とぶつかって☆が飛ぶ
それを言うなら、ケンカの時に雲の中から手や足が出てるのとか、急ぐ時の雲も外せない。


3位 食パンをくわえて学校までダッシュ
あったあったあせあせ(飛び散る汗)喉につまらないんだろうかと心配してました。
本当にいたら・・・引くなあ・・・


4位 恥ずかしいことがあるとすぐに赤面をしてしまう
これは今でもありでしょー。「赤面症」なんてシチュエーションのマンガもあったような・・・。


5位 落としたものを拾ってくれた人が片思いをしている先輩だった
こういう偶然はよくあったよなあ。というか偶然多すぎて世界が狭すぎ。

6位 意中の彼が女性と二人で歩いている場面に遭遇して誤解
これも今でもありそう。実際にはそんな場面にはめったに遭遇しない。

7位 第一印象最悪な相手が転校生としてやってきて隣の席になる
これまた偶然ネタ。てか、転校生ものって多かった気がする。事実、転校生って目立つし、
可愛い子が来た、となれば他のクラスからいっぱい見に来てたのを思い出した。

転校生モノなら庄司陽子「生徒諸君!」は外せない。



他にもあったと思うが・・・「エコエコアザラク」も転校生か。





8位 校内一のアイドルがなんのとりえもない主人公を好きになる
あった!ありえないシチュエーションだけど憧れるんだよねえ・・・。
(つか、そもそも校内一のアイドルが存在しないけど)

この体験がしたいなら、「金色のコルダ」がおススメるんるん




9位 隣に住んでいる幼なじみと、窓で行き来をする
あった!これまた憧れた(笑)
河あきらの「いらかの波」がそうじゃなかったっけ・・・?



10位 主人公の友達がおせっかい
これも昔に限らず、の気がする。しかもこのおせっかいがいいおせっかいなんだよね。


ちなみに、11位以降はこちら。

主人公が恋に奥手

「将来結婚しよう」など幼い頃に約束をしていた相手と再会

コンビニで偶然同じものを手にしたのがイケメンで一目惚れ

恋のライバルがお金持ち

主人公の友達が積極的

ピンチに陥るが必ず助っ人が登場する

恋愛のおまじないが効果を発揮する

勝気な性格なのに好きな男性を目の前にすると急に女の子らしくなる

母親の再婚相手の子どもが同級生

普段はクールな子が、捨て猫を拾う



こんなことを言い出すとキリがないような・・・?
タグ:少女マンガ

posted by うり at 08:46 | Comment(19) | TrackBack(0) | ミーハーネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

iphoneに機種変

いいかげん、自分の携帯に飽きがきていたし、充電もあまりもたなくなってきたので・・・


iphone 4に機種変しましたわーい(嬉しい顔)


感想は


なんか分からんけど楽しい〜るんるん


iphone 4でできることを挙げてみますわーい(嬉しい顔)


メール(なんとメアドが複数も・・・。こんなにいらないですけど。使いこなせないし)
動画(you tubeやニコ動が普通に見れちゃう。しかも画面が大きい)
ipod(もうmp3プレイヤーいらないです^^買い替えなくてよかった)
カメラ(撮ったことないけど、普通にデジカメとして使える感じ)
ゲーム・アプリ(無料・有料などしたいゲーム・アプリをダウンロードして使える。かなりの数)

多分、挙げればまだまだあると思うけど思いつくのはこんな感じ。


だけど、機能が多すぎてまだよくわかんない。

昨日は友達に同じ内容のメールを2通連続して送っちゃったし・・・。


そんなiphone4だけど、カバーもすっごくたくさんあって、すぐに欲しいのになかなか
決められない・・・。
家電量販店では高いうえにダサいのしかないけど、ネットで探せば、あるわあるわぴかぴか(新しい)


超可愛いハートたち(複数ハート)




可愛いけど、フタがない方がいいかな〜



これも捨てがたい



という感じで、連日寝不足気味な私ですたらーっ(汗)

タグ:iPhone

posted by うり at 08:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミーハーネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

桜舞いすぎ、瞳閉じすぎなJ-POP

面白いサービスがあるらしい。

携帯電話向け歌詞検索サイト「JOYSOUND 歌詞」では、最近のJ-POPに似たようなフレーズが
あるということで、それらの歌詞がどの程度含まれているかを探せるらしい。

そこで挙げられているフレーズは以下の通り。

「つばさひろげ」「さくら まう」「わたし よわい」「ひとみ とじて」

特に、「翼広げ」については、アルフィーガ4曲検索されているらしい。


http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1011/01/news064.html


このニュースを受けて、ヤフーニュースでのコメントが面白かったのだが・・・。


中でも多かったのは「西野カナ」の歌詞。

『君に会いたすぎ』らしい。







私はこの西野カナの曲はちゃんと聞いたことがないのだが、
ひらがなばっかりの歌詞っぽいなあとは思っていた。


そもそも、ここ何年かの歌詞で、恋愛ソングがつまらないと感じていたのも事実。
大塚愛にしても、aikoにしても、倖田來未にしても、みんな好き好き愛してるのオンパレード。
何の捻りもない。
そのフレーズを聞いて、それ以上に深く考えることがあまりない気がする。

私の苦手な応援ソングにしても、GREEEENの歌詞なんかは童謡っぽいし。

直球で分かりやすいと言えばそうなんだけど、あまりにも平べったすぎでしょう。



他にも、いろいろと面白いコメントがあったのだが、秀逸なのを。


自称ラッパーは「マジで感謝」しすぎ

胸の鼓動高鳴りすぎ
夢への扉開きすぎ

出会えた事を奇跡にしすぎ


思いを伝える代わりに、心象風景や情景に例えたり・・・ということがない。
好きなら好き。それだけ。


そう思ったら、やっぱり松本隆ってスゲーと改めて尊敬しなおしたりした。

後はまあ、好みもあるけど私は今好きなサカナクション、スパイラルライフ、
スーパーカーのような一見聞くとよく分からないけど、耳触りのいい歌詞は
好きだなあ・・・。


後は、最近またYoutubeとかで大江千里とかKANの曲を聴いてるとやっぱいいるんるん
と改めて。

TMは大好きだったけど、小室哲哉の歌詞になると日本語が破綻してしまっているからなあ・・・。
紡ぎだしている風景はよかったけど、それを伝える語彙を持っていない感じ。


最近ではスガシカオ、またCoccoを聞きなおしているけど、
とりあえずCoccoは・・・・『求めすぎ』あせあせ(飛び散る汗)
でも、癒される声です。ホント。



タグ:J-POP

posted by うり at 11:00 | Comment(12) | TrackBack(0) | ミーハーネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

中年カップルはなぜ気持ち悪がられるのか

相変わらず、このブログの『富田リカ』祭りは続いている。


とはいえ、最初のアクセス数は減ってはきているが、それでも
通常更新日とほぼ同じアクセス数があるんだから、凄い。


そんな中、久々に行った歯医者で女性誌を発見、富田リカについての続報が
あったのでつい興味深く読んでしまった。


誰がどう考えても、不自然な今回の彼女の離婚劇。

萩原健一との写真を撮られる→マズイので離婚(あくまでも自分探が理由)→晴れて独身なので
誰も文句を言わせない状態で萩原健一とのことをコメント→萩原との交際宣言


それぞれの期間が空いていればよかったのだが、これらが2,3日で行われたものだから、
あまりの手際の良さ(悪さ?)に避難轟々。
「キモい」とまで言われる始末だたらーっ(汗)

まあ確かに、彼女の今回の行動は公の場に出る立場として褒められたものではないが、
若くないからと言ってキモがらなくても・・・

と思ったが、やっぱり、気持ち悪いわな、何となく。

若くない分、何となく爛れた(ただれた)感じがするのだろう。


ちなみにこれは、玉置浩二と青田典子カップルにも通じるものがあると思う。

つか、ずっと、おかしいのは石原真理絵だと思っていたのだが、玉置浩二もおかしかったのね・・・。


▼なんと売り切れ!これも富田リカ効果?

冨田リカstyle book

冨田リカstyle book

価格:1,280円(税込、送料別)

タグ:富田リカ

posted by うり at 21:50 | Comment(8) | TrackBack(0) | ミーハーネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。