2008年11月21日

ニュースな女たち

真木よう子ができ婚したというニュースを受けて。

もったいない!!と思ったのは私だけではないだろう。
私が彼女を知ったのはドラマSPだったが、華奢な体に意志の強そうな顔立ちがなんとも魅力的で、しかもちょっと昭和的な香り(名前のせいもあるかも)のする古臭さ(いい意味で)を感じて、いい女優さんだなあと思っていた。
主役を張れるタイプではないけど、二番手ならいい味が出せそうな。
そんな彼女だ。
最近は化粧品のCMでも見かけるようになって、さあこれからだ!と思っていたのに・・・。



なのに・・・でき婚とは。

いや、全てのでき婚を否定しているわけではない。だけど、多くの人の影響が考えられる芸能人(しかもこれからというところ)の場合、すごく無責任な感じがしてならないのだ。

しかも、そういうイメージが全くなかったため、ファンはもちろん、事務所など彼女を取り巻くスタッフたちの思いを考えたらやるせなくなってくるようだ。

もちろん、彼女はこれからも女優を辞めることはないだろう。だけど、せっかく結婚したのなら、やはり貫いて欲しいと思うのだ。
まあ、これは私の勝手な思いだけど。

同じでき婚でも、なんとなーくそういう結末が予想されたリア・ディゾン嬢とはわけが違うような気がする。
真木よう子の場合、出産後もその活躍が期待できるが・・・リア嬢の場合、ハッキリ言って今売らなきゃいつ売るんだという状況で、でき婚はないだろうと。
せっかくの黒船もここに来て沈没してしまった。
というか、見るからに足りなさそうな(失礼)彼女に「頭がいい」と言われる彼の頭の程度に興味を持ったのだが。

次は泰葉さん。

ようやく彼女の1人騒動に決着がついたのかなんなのかよく分からないが・・・。
いつ見ても舞い上がった素人みたいな彼女に痛々しさを感じていた人も少なくないだろう。
あの挙動不審は、宇多田ヒカルとしょこたんに通じるものがあるのだが。共通点はなんなんだろう?と思ってみたり。

でもって、歌1本で行く、という割には歌う姿がこれまた痛々しいのが辛い。
全力投球しているのは分かるけど、どうせ歌うなら、もっと堂々と歌って欲しいものである。
恋愛がしたいとも言ってたけど・・・。あれだけさらけ出すと男性はきっと恐れおののくだろうなあ・・・。
せっかく年齢の割にチャーミングなので、もったいないと思う。

・・・と、最近ニュースになった女性たちをネタにしてみました。

やはり真木よう子は・・・かえすがえすももったいない・・・。
それに尽きる。

復活を期待しています。



追記。

土浦くん。
毎日学校の行き帰りもずっと一緒でしょ。
コンサートも一緒に行ったし・・・。

私たち、絶対に付き合ってると思うのっexclamation
(というか、コンサートのイベント起こすのに何度もやり直しましたがバッド(下向き矢印)


なのに、なぜ告白までもう1段階待たなきゃ行けないのか・・・。
おんなじセリフは聞き飽きましたたらーっ(汗)

以上、ヲタログでした。


posted by うり at 19:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | ミーハーネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

小室氏逮捕のニュース

朝イチでいつものようにワイドショーを見たら、驚いた。
小室氏逮捕のニュース。

最近、大麻系の事件が多いのでもしやと思ったら(きっとみんなそう思ったに違いない・・・)著作権にまつわる詐欺事件に関わっていたということらしい。

耳に馴染みすぎて離れない彼の曲が流れ、昔の映像が流れる。
私の愛したTM NETWORKの頃の姿も。
そして、当時は隠していたTM NETWORK前身のスピードウェイのあの超恥ずかしいジャケ写がこんな形で全国ネットで流されるとわ・・・たらーっ(汗)

私、今年の5月に彼らのライブに行ったんですけどバッド(下向き矢印)
んで、とっても楽しい思いをしてきたんですけどっ。

しかし、相当稼いでいたに違いない彼の最近の凋落ぶりは痛々しいものがあるが、著作権を手放さなければならないというのはどれほどのことだったんだろう。

彼の昔の雑誌での発言まで取りざたされ、彼の性格などや暮らしぶりを分析しようとしているけど・・・しょーもない。
と思いつつ、ついつい見てしまうのがファンの悲しい性か。

「こんな人にも曲を書いていたんです」みたいな感じで、今更ながら沢口靖子のレコード盤が紹介されていたが、「それでは聴いてみましょう」という流れにならなくて本当によかった。
本心から胸を撫で下ろした瞬間だった。

真実はこれから明らかになるだろうけど、まだまだ彼のファンはたくさんいて、彼の活動を心待ちにしているファンも大勢いるのだ。
それを、小室氏には分かってほしいと思う。
そして、こうなってもきっとみんな彼を待ち続けるであろうことも。

今日一日のワイドショーネタはこれだなバッド(下向き矢印)
とっても今、複雑な気分だ・・・。



posted by うり at 09:11 | Comment(19) | TrackBack(0) | ミーハーネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

恐るべし?41歳の最年長グラビアアイドル とはいかに

41歳のグラビアアイドルがいるという。
名前は桜井美春。

ブログで写真を拝見したが、確かに若い。
若いけど・・・はっきり言って若作りしすぎだ。

今まで、最年長グラビアアイドルと言えばほしのあきだったが、彼女の時も同じように思ったんだけど、最年長とは言え、あんなにベビーフェイスだったら、最年長という意味がないなと思った。
彼女と同じ30歳だとしても、きっとあまり喜べない。
それより、30歳なら30歳らしい雰囲気を持ったルックスで売れているのなら、30代もまんざらではないなあ、と思えるのだけど。

この41歳の彼女も、ここまで若く見せる意図が私には分からない。
若くてキレイなコならいくらでもいるし、いくら頑張っても40代がたちうちできるわけがない。
それよりも、40代なら40代らしい美しさを出せないものかと思ったのだ。
ブログの文章もギャル系だし・・・悪いが知性も感じられないたらーっ(汗)

これだったら、以前ここで毒舌をかました富田リカ(このブログの検索ワードランキング1位なのだ)の方が全然好感が持てる。

どうやら、最近赤丸急上昇らしいので・・・普通にメディアで見かけるのも近いかもしれない。
その時が、怖いような恐ろしいような・・・そんな気分なのである。


posted by うり at 07:51 | Comment(10) | TrackBack(3) | ミーハーネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

織田裕二の名言

最近、山本高弘さんというモノマネ芸人のおかげで、一躍脚光を浴びている織田裕二の名言。

私も先日、とうとう聞いてしまった。

湘南を舞台にしたドラマで、織田裕二が教師役を演じるらしいのだけど、これについてのインタビューで、彼はココが地元の海だったらしく、学生時代はしょっちゅう学校をサボって海に来ていたとか。

それについて、織田裕二が一言。




「夏よりも早く黒くなりたかったので」




なかなか言えないぜ・・・。織田裕二。
posted by うり at 09:02 | Comment(14) | TrackBack(0) | ミーハーネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

君が本気で怒るところ 僕は一番好きだよ

突然すみません。

今、カセットデッキを再購入して、家のカセットテープを全てMP3化している最中なのだ。
んで、大昔に作った大江千里の初期のアルバムや中川勝っちゃんのテープをPCに保存しつつ聴いたりしているわけなんだけど・・・。


楽しー!!


特に、レコード音源しかないものや、わざわざCDで購入する気はないけど貴重な曲をこれで保存できる♪


タイトルのフレーズは、大江千里の「赤茶色のプレッピー」の中のフレーズ。
プレッピーって何だ?

と言いたいとこだし、赤茶色という言い回しがいかにもな感じだけど、当時女子高校生だった私にとっては、彼の歌詞世界は憧れの世界だった。

こんなこと言われてみたーい黒ハート


と激しく胸をときめかせたものである。


ちなみに、今録音しているのは
中山美穂のダンナ@「ECHOES」の「GOODBYE GENTLELAND」
このアルバムは割と売れた方かな。
私的には初期の方が好きなのだが・・・まあ、そのうち引き出しから出てくるだろう(^_^;)

それにしても、カセットテープのレーベルのレタリング文字・・・。
懐かしいじゃねーかったらーっ(汗)


posted by うり at 02:08 | Comment(6) | TrackBack(0) | ミーハーネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

オカムラちゃん、カモ〜ン♪

逮捕の岡村靖幸、MySpaceに謝罪文 「本当に本当にごめんなさい」

3回めの逮捕となってしまった岡村ちゃんからのメッセージ。



私は、岡村ちゃんが覚せい剤で逮捕されるまで、こういうことで逮捕される人のファンってかわいそうだな。
私なら速攻でファンやめるバッド(下向き矢印)

と思っていたのに、やっぱりやっぱり、あの岡村ちゃんの歌やパフォーマンスが忘れられないし、もう一度見たい。

そんな岡村ちゃんのメッセージの中に

「死ぬほどみんなが楽しみにしてたのはマイスペやオフィシャルホームページでのメッセージで伝わってました。
いやじゃなければフリーであなたのお家まで行って、あなたの目の前まで行って歌いに行きます。
それにふさわしい季節が来るまで待ってもらえませんか? 
それにふさわしい人間になってたら友達になってもらえませんか」

とあった。


いやじゃないですっexclamation

目の前で歌ってっ黒ハート

お友達になってっexclamation

・・・と、この期に及んでミーハー心丸出しの私なのでした。





posted by うり at 07:49 | Comment(6) | TrackBack(0) | ミーハーネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

昔の歌めぐり

ようやく、先週の終わり頃から復活。
少し声が変だけど、元々が低いのでまあこんなもんでしょ。

ところで、この間からプライベートで入っているミクシィのコミュをきっかけにして、昔録画したPVのビデオが見たくなり、20数年前のビデオを引っ張り出して見ていた。

当時(1985年頃)深夜に放送していたMUSIC TOMATO JAPANという、ひたすらPVだけをフルで5本流すというシンプルな番組で、TM NETWORKをきっかけにして音楽が好きになった私のお気に入りの番組であった。
で、この番組で好きな曲や、その他のローカルの音楽番組でアーティストのPVを録画したビデオテープが、120分の3倍録りで実に20本くらいあるのだ。

これを見るのは一体いつぶりなのか。
というか、そもそも今まで数回の引越しをしたにも関わらずきっちり持ってきているのもスゴイけど・・・。

で、見てるとあまりにも面白いので、画面をデジカメで撮影してここにUPしよーと思った矢先、劣化によりテープの透明の部分が切れて見られなくなってしまった・・・・あせあせ(飛び散る汗)
分解好きなんで、分解してみたが余計に分からなくなってしまったので、部品を二個余らせたまま、これはもうプロに頼もうと、今荷造りしているところ・・・。

ちなみに、このビデオには
レベッカの「LOVE IS CASH」(画像は全てYou tubeより)
Cash1.jpg

TM NETWORKの「アクシデント」
このPVはYou tubeにはなかった。残念。赤っぽいオレンジのジャケットを着たウツが激しくカッコよいハートたち(複数ハート)
何度も見すぎて、この赤色が全体に広がり、まるで火だるまになりながら歌っているのが残念。

ハウンドドッグの「ff」
ff.jpg
ハウンドドッグの出世曲。砂漠を掘っているのが意味不明。

尾崎豊の「seventeens map」
seven.jpg
故・尾崎豊何とも青い姿が切ない。声もちょっと高い。

中川勝彦の「ナンシー・Chang!」
nan.jpg
いつ見てもヨダレものPVハートたち(複数ハート)
カット数がすごくて、つい釘付け。

などなど、少し紹介。
その他、TM NETWORKが初めて岡山に来た時にローカル番組出演した映像
(やたら腕をぼりぼりとかき続けるウツに注目。ちなみにこの時にスタジオ見学に行ったなあ・・・。なつかすい)
大江千ちゃんのライブ特番の録画とか、レア画像もあったのでこれはまた、テープが治ったらUPしてみよっかなあ。

それにしても、今回、You tubeでいろいろな映像を久々に見てたのだが・・・。ウツの大きくなりっぷりは困ったなあ・・・。
5月のライブに行きたいんだけど、ファン的には少し辛いものもあるのも事実・・・。

posted by うり at 08:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミーハーネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

嵐で妄想し隊

どーも、最近の私は

○○がかっこいいとか可愛いとかイケてるとか美しいとか付き合いたいとか萌えるとか、そんなことばかりをここでぶちまけているような気がするが、ええい。いいのだ。書いちゃおう。

最近、夢中で観ている夕方の再放送ドラマは、

「バンビーノ!」


これ、嵐の松潤主演のドラマなのだが、なかなか面白いのだ。
マンガ原作のドラマで、試しにマンガに目を通してみたら、話は面白いんだけど、絵柄がどうもダメで読み進められなかった。
なんか、劇画チックで好みじゃないのだ。
だけど、ドラマになると、松潤は可愛いし香里奈も綺麗だし内田有紀も美人だし、画面がキラキラしているぴかぴか(新しい)

というか、もともとはあまり松潤は好みではないのだが・・・。この人、役どころで生き生きしてくる感じなのかな。
バンビ役も好感が持てるし、花男でも男っぷりを上げた感じ。

ジャニーズは本当にいろいろなタイプのグループやらユニットを作り上げる事務所だと思うけど、嵐は中でも、屈託のない明るさを持つイメージがある。

キンキさんは、なんかこう、影を抱えている(引きずっている?)感じがするもんなあ。もちろん、それもまた好きな部分でもあるけど。

と言っても、私は特に嵐が好きだというわけでもない。
それでも、近所に「嵐の湯」という岩盤浴があるんだけど、ついそういうのを見ると、

「フロントはやっぱ松潤かなあ〜。んで、二宮くんから説明を受けている時に、リーダーがコーヒーを入れてくれるとか♪
で、途中でスタッフの1人の櫻井くんとすれ違ったりして。うひひ。
え、相葉チャンはこの上なくツナギが似合う(^_^;)から、彼は掃除係ってことで♪」

という妄想を息子の前で平気でやっているという、どうしようもないミーハーな母なのであった。

しかし、ついうっかり松潤を「バンビ」と言ってしまった私にすかさず
「それだったらバンビが2人になるよ」とツッコんだ息子もどうかと思うけども。
(かつて、櫻井くんは『木更津キャッツアイ』でバンビというニックネームだったからなのだ)



posted by うり at 08:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミーハーネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

彼氏にしたい少女漫画に登場するヒーローランキング






もう、これに反応しなきゃ何に反応するんだというランキングの登場です!

と言っても、花男は途中で脱落してるし、少尉や真壁くんまでが一緒にランキングされてるなんて、ものすごく脈絡のない結果だと思うのだけど・・・。

このランキング内だけで言えば、
究極のツンデレ『千秋真一』や永遠の見守る男『速水真澄』親近感が持てる『岩崎祝』切ない強引男『草摩夾』なんかは確かに私も好きだ。

(少尉は既に記憶にあまり残っていない・・・というか編集長の方が好み♪真壁くんも今更という感じかなあ)

絶対にこのランキング、何かが足りない!!

と思い、放置中の自分のHPに何年ぶりか分からないが(をい)チェックしてみた。
そこでの、私の超個人的ランキング。

彼氏にしたい少女漫画のヒーローランキング

1位 ジェームス・ブライアン(PALMシリーズ)


ああもう、彼しかいませんっ。
ルックスに惑わされ、難解かと思えば超単純な性格の持ち主。
そんなジェームスに振り回されてみたい(とゆーか彼に振り回されて
いては彼女の勤めはできないのだけど)

2位 ショナ(月の子)



全てを許す漆黒の男、ショナ。
この作品を読んでいる時、ショナ派かアート派かと友人と言い争ったのも遠い昔・・・。(でもアートも捨てがたい)

3位 篠北玲子(やじきた学園道中記)



すんません。倒錯してます。
いやだって、この人ほどオットコ前な人いないっスよ!!
絵柄は、この頃のものが一番好きだったなあ・・・。
色っぽくて。

4位 鬼宿(ふしぎ遊戯)



なんでふし遊が、鬼宿(たまほめ)が入ってないんだ!と言いたくなるんで、自分でランキング。
基本的に、こういうやんちゃ系キャラは大好きで、昔から一番に惚れるのはこういうキャラだったなあ〜。



きっと他にもたくさんいたと思うんだけど、もう思い出せないし、最近のマンガには疎いのでこの辺で。

ガラかめの真澄さまを入れなかったのは、私だったらきっと尻尾振ってついていってしまうため、きっと真澄さまは彼女にはしてくれないと思うのだ。
この人は手ごわい女の子にこそ惹かれるタチではないかと。

後、「タッチ」の上杉達也を入れたいトコだったけど、これって少年マンガだったんだな・・・。
プラス、「陽あたり良好」の高杉くんも同じ理由で入れられなかった。
残念。



posted by うり at 04:06 | Comment(5) | TrackBack(0) | ミーハーネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

で、結局のところ




青山テルマ feat.SoulJaって





どっちが青山テルマなの?









posted by うり at 06:52 | Comment(4) | TrackBack(0) | ミーハーネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。