2012年09月22日

金色の夢を見せて・TMライブビューイング

「全ての人たちに、金色の、夢を」と、
あの日、ライブの最後にウツがそう言った。

そう。
TMは私たちにいつもキラッキラの夢を見せてくれた。
それは今でも私の中にあるものだけど、その鮮やかさをすっかり
忘れてしまっていた。

それを思い出させてくれたのが、先日、友人に誘われて出かけたTMライブシネマだ。
最近、映画館を使ったこんなイベントが増えているが、
正直、本人がいない、映像だけのライブを流して
むなしくないのだろうかと思っていた。

声をかけたって聞こえるはずがないし。
・・・と思っていたが、これが意外に楽しかったのだ。

感覚的には、ライブDVDを大画面&大音響でみんなで楽しむといった
感じ。
私たち以外は1人で来ていた人が多かったけど、
これは絶対にファン同士で行くべきだと思う。

というのが、最初こそ神妙にライブを見ていた私達だったが、
昔の曲が始まって黙っていられるはずがないあせあせ(飛び散る汗)

あーだったよね、こーだったよね、とコソコソとおしゃべり。

まず、ウツが前より(若干)痩せたんじゃないか?ってところから・・・
小室さんの悪魔メイク、変わらない木根さん。

なぜか木根さんがキーボードを背中を向けて弾いていたのが
謎でもあった。
なぜに後ろを向く?

私は正直、最近の彼らの曲は聞いていないし知らない。
なので、どうしても昔の曲でテンションが上がるグッド(上向き矢印)

セットリストは以下の通り。

01. OPENING(Instrumental)
(ここはTMらしい一幕。Child hood's endの時のように、宇宙人だった彼らが
地球に降りてくると言う設定あせあせ(飛び散る汗)
02. We love the Earth
03. ACTION
04. Human System
05. SEVEN DAYS WAR
(この曲、人気あるのかなあ?と友人とボソボソ。実は私もあまり好きではない。
なんかね、曲調もだけど、歌詞が青臭すぎる感じ)
06. Come on Let’s Everybody (Come on Let’s Dance+Come on everybody)
07. GIVE YOU A BEAT
08. Nervous
(知る人は知ってる、Nervousダンス!思わずやってしまいそうになると同時に、
このネタで昔マンガ描いたことを思い出したたらーっ(汗)
09. 1974
(ktkrですよ。いっそのこと、PVも一緒に流して欲しかったなあ・・・)
TK Key Solo
10. BEYOND THE TIME
MC
11. I am
MC
12. Just One Victory
13. Get Wild
15. Be Together
(断言する。これは鈴木亜美じゃなく、TMの曲!)
16. Self Control
(おそらく、この頃のうつのカッコよさは最強だったと思う。PV好きだったなあ)
17. Electric Prophet
(残念ながら、一番盛り上がる部分から。いやいやいや、この曲は、「くれたあいらん♪」からぼそぼそ
と始まり、次第に盛り上がって、サビの「君だけが間違いじゃない〜ウィアートゥエニワーセンチュリーラバーズ!」のところまでが素晴らしいのに。残念。でも名曲)
18. TIME MACHINE
(この曲の存在を忘れてた・・・・。一番古い曲じゃなかったっけか・・・)

と、これらのラインナップをワーキャー言いながら見ていた。

すごくよかったので、またあれば行きたいんだけど・・・
この客の入りでは正直難しいかも・・・と思ったのも本音。

しかし、ああ、TMの音だ。TMの曲だ。やっぱりこういうの、好きだ。ピコピコ万歳!と
再認識した私だった。


タグ:TM NETWORK

posted by うり at 01:34 | Comment(28) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする