2015年04月14日

たかがルール、されどルール

娘が高校生になり数日が経過した。

最近の中学校は昔の中学と違って校則はあってないようなもの(少なくとも私の周りでは)なので、
高校に入りいきなりちゃんとした規則で縛られようとすることに抵抗感があるらしい娘。

制服のスカートの丈。
髪の長さ。
髪の色。
携帯電話。

別に、中学の時も普通の女子中学生だったのだが、高校になったら公式でもっと自由にやれると思って
いたのだろう(根拠は不明)
しかし、実際は高校はそれが割と厳しく、娘的には思惑が違っていたようだ。
それでも、「ルールを守る」ことを今からちゃんとやっておかないと、社会人になって困るのは
自分だし、そもそも規則も守れないような学校の生徒に就職先などないのだ。

例えば、携帯電話。

学校のルールでは、携帯電話は持っててもいいが、学校では使用しない。原則、毎朝先生の方で
預かるようになっているらしい。
これまでおとなしく預けていたのであろう、娘が今朝はこんなことを言いだした。

「でもなあ、昼休みは先生もいないし、携帯使っても良さそう」

はあ?

「ちょ、待て。それはルール違反じゃろ。そんなことしたらそれを見た子は面白くは思わないしそれはダメ」
「え?でも私だったらそれ見ても「預けてないんじゃな」って思うだけじゃけど」
・・・・・。
「そりゃアンタはそう思うかもしれんけど、そんな人ばかりじゃない。そんなことしてたら誰からも相手にされなくなるよ」
「だったら、そうなってから考えたらいいじゃん」
「あのなあ・・・。そうなってからでは遅いんよ。信用がなくなって、それを取り戻そうと思ったら。そんな簡単じゃない。とにかく、そういうルール違反は絶対にダメ。規則があるんだからそれを守らんと。その考えで今までやってたんだったら、相当アンタは今まで周りの子に恵まれてたんじゃ」

と言ったが、面白くなかったのだろう。ぷい、と無言で家を出て行ってしまった。

んー。

まさかあんな考えをしているとは思わなかった。
もともと、かなりお気楽で物事を軽く考えるタイプの娘だが、それでもこれまでもそんなに困るような
ことはなかったし、分かっていると思っていた。

だけど、これでは「ばれなければ何をしてもいい」ということに繋がらないか?
そして、自分が考えていること=相手もそう思っていると思っている恐ろしさ。
逆にこれで中学の時によくトラブルなくここまで来たもんだ。
きっと、周りの子たちに恵まれて、甘やかされてきたんだろう。と思った。

きっと、まだ高校の厳しさに納得ができていないのだろう。
だからそれが面白くなくてこういう考えになっているのかな。

どうやら、彼女の試練はこれからのようだ。
親としては見守るしかないなあ・・・。

救いはまあ、私の言ったことが面白くなくてふてくされたところかな。
何か心に残ればいいんだが。
タグ:子育て

posted by うり at 09:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

軍配はどっちにあがる 格安スマホVSキャリアスマホ

実はここのところ、ずっと格安スマホについていろいろ情報を集めていた。
というのも、我が家の通信費を考えたところ、

ダンナ au iphone 10,000
私 au iphone 7,000
息子 softbank iphone 7,000
娘 au ガラケー 2,000
光ファイバー au ひかり 7,000
合計 33,000

というわけで、なんと毎月33,000円もの大金を通信費に使ってることになるのだ。
なん、これ。
車でも買ったか?というくらいの勢いである。
しかも、春からは息子の大阪のマンションにも光を引き、娘もスマホを持つことになる。

となると単純に+10,000円の出費となるため、43,000円もの大金を
毎月支払うことになるのだ。

これはいかん。

てなわけで、早急に通信費の見直しを行うことにした。
いろいろ考えた結果、やはり機種変より乗り換えがお得なので、
ダンナはau iphoneを解約→softbankの使い放題のガラケー+ipad+ルーターに
変更し、電話を使い放題で7,000円で済むようにした。
息子のiphoneは継続、マンションにはsoftbank光を設置。
私は、よく考えたら職場でもネットは使い放題なので格安スマホにして、
娘も同じく格安スマホで二人で6,000円くらいで抑えられたら、と思っていた。

しかし、折しも3月末、どうやら乗り換えをするなら今がチャンスらしい。
ダメ元で、イオンのsoftbankに行って相談してみた。
すると。

なんと、やはり3月末でイオン側もスマホ台数を出したいとかで、iphoneの本体代は
sohtbankが持つというありえない契約が成り立ち、そのほか乗り換え割りだの
光を契約しているのでその割引やらなんやらでなんと初年度は二人でiphone6を
持っても6,000円(電話かけ放題)で収まる計算となった。
(2年目は割引が少し減るが、それでも安い。本体代金が不要だからだ)

その前に、yモバイル、イオンスマホと話を聞きに行っていたのだが、
イオンスマホは確かに安いが、通話料がかけただけ必要なので結局割高になる可能性が
あること。
yモバイルは、通常契約でも月3,000円あればネットも5GB、通話は10分以内なら月に300回は
かけられるとのことでとても内容がシンプル。

しかし・・・。

それならやっぱキャリアのiphone6でしょ!

ということで、結局キャリアスマホに落ち着いたところ。

やはり2年縛りはあるし、2年経ったら今の山盛りの割引もほとんどなくなるので、そうなったら
格安スマホに変えてもいいかなと思っている。

てなわけで、現在の通信費

ダンナ sohtbank ipad +ガラケー 7,000
私 softbank iphone 3,000
息子 softbank iphone 7,000
娘 softbank iphone 3,000
光ファイバー au ひかり 7,000
softbank光マンション 4,000
合計 31,000円

となった。
(それでも高いけど・・・)

後は、自宅用のauひかりが高額だが、実はこれ、あと数ケ月で60,000円の
キャッシュバックがくる予定。
そうなったら、据え置きタイプの契約に変えて4,000円くらいに下げられるかなと
思っている。

格安スマホの登場で、こちら側も選ぶプランが幅が広がったのはありがたいが、
下手すると無駄に高額になったりする可能性も高いので要注意。
ただ、キャリアのように2年縛りとかなく、月ごとに変更できるのはフットワークが
軽くていいなとも思ったが。

そうだな、例えば次は、ガラケーでsoftbankの2,000円のかけ放題、それに
格安スマホの通話のないタイプを持ってもいいかもしれない。
そうすると、例えば1GBなら全部で3,000円もあればそれで終わるしね。

まあ、2年後にはどうせ新たなプランや機種があるんだろうけど。





posted by うり at 13:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

2015年 春 近況報告

おはようございます。
またまたお久しぶりです。

なんだかんだでずいぶん長いことブログを書いてきた。
とはいえ、最近は放置なんだけど・・・。

一番古い記事はなんと2005年5月。
今から10年前だ。
実はこのseesaaに開設する前にもブログはやっていて、そこでは丸3年、
毎日欠かさず書いてきている。

そういう状況だったので、昔からの友人はこれを読んで私の近況を
見ててくれたようなのだが、最近更新をしていないので
久々に会った友人から指摘されることが増えてきた。

なので、改めてここで近況を書いておこうと思う。

管理人
「うり」アラフィフ邁進中。
職業:シニア・初心者対象のパソコンインストラクター
その他、ネットでの物販、ライティングなど隙間時間にできる副収入が趣味。
年に合わずアニメ・男性声優さん大好きなので同世代よりその子供たちと
話が盛り上がるゆるいヲタ。

家族構成
夫 絶賛メタボ進行中。女子バレーボールヲタ。
息子(春より大阪で大学生。ぼーっとしたおぼっちゃんなのでいろいろ心配)
娘(春より高校生。サバサバしすぎなくらいの性格で私の方がよく怒られている)


だいちゃん(雄5歳・ビビりで怖がりなのでストレスをためやすいタイプ・きいちゃんは邪魔な存在)
きいちゃん(雌4歳・だいちゃんを邪魔で敵だと思っているので叶わないくせに攻撃を仕掛けて
反撃を受ける日々。・・・勉強しようや)
☆長年、猫アレルギーだったのだが猫を飼うことでアレルギーがなくなった事実アリ。

今年の目標
ちょっと気持ちに余裕が出てきたので止まっていたなんやかんやを再開させたいと思ったり
思わなかったり。
それと、もうとっくに折り返し地点なので、人生の100曲とか語ってみたいなあ。
とかね。

それにしても、以前はよく毎日毎日ブログを書いてたもんだ。
自分でも感心する。
多分だけど、子供も小さくて仕事もまともにできていなかったので何かを吐き出していたかった
のかもしれない。
今もし書けたところで誰か読んでくれるんかなー。
そう言うこと考えず書くのが一番いいのかもだけどね。


posted by うり at 08:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

集合写真に見る人生の立ち位置

先日、とあるTV番組にて表題について考察があり、
私自身それについて考えていたことがあったので
ちょっと書いておこうと思う。

それは、学生時代の集合写真の立ち位置を見ると、
その人の今後の人間関係の立ち位置がわかるというもの。

私自身自覚があったので、子供たちが友達と何気なく撮影した
集合写真を見て、子供たちの人間関係とかそういうものを
ある程度把握していた。

ちなみに、自分自身の集合写真に覚えがあるのは、
高2の時に放課後にたまたまそこに集まった子たちで
並んで撮影した写真だ。

出来た写真を見て、ああ・・・、と自分自身の立ち位置が
分かり思わずため息をついた。

私はどちらかというとマイペースで目立たないタイプ
だったのだが、そんな自分は同じタイプの友人と
集合写真の端っこにきっちりとおさまっていた。

内心、正面にピースサインで陣取る活発な女の子達を
羨ましく思ったが、そうなれない自分のことも知っていた。
同時に、正面でピースサインをして笑って写真に収まることが
できる人とは自分は違うとも感じていた。

写真の端っこ。
私の位置はここだなと思った。

現在の私。
やはり、群れるのは苦手だ。
会社のようなきっちりとした場所に納まれない。
目立たないところでひっそりとマイペースにやってるのがいい。

息子の集合写真を見た時に
思わず苦笑いをしてしまった。

そう。
私の立ち位置にそっくりだ。
賑やかそうなクラスメートを前面に、自分は
端っこでなんとかカメラに収まっている。

そして、そんな彼は私にとてもよく似ている。

逆に、娘は全く違う。
写真の正面に陣取り、大きく手を広げてピースサインを
している。

これを見た時、娘のクラスでの立ち位置が分かり、
私はひどく安心したものだ。

この番組を見ながら、娘に写真に納まる時の気持ちを聞いてみた。

「いや、べつにー。何も考えてない!」

そうだろうなあ(笑)

私が当時感じていた気持ちを話すと
「面倒くさ。そんなこと考えてるん」と言ったきり笑った。

私に似ていてよかった。
似なくてよかった。

親というのはつくづくわがままなもんですね。


posted by うり at 12:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

そのあと自分にできること

先日、久々に友達に会って話題になった
ことがある。

友人は私より少し年上で、会社の定年までにはまだ時間が
あるが、退職後のことをいろいろと考えているという。

そもそも、定年となる60歳なんて今頃はみんなまだ元気だし、
うちのシニアの生徒さんでも60代はまだ若い方なのだ。

そんな若い世代が仕事を辞めたとしてその後の人生、何ができると
いうのだろう。

今の60代の方々のイメージで言えば

家庭農園とか
いわゆる「老人」がしそうなことしか浮かばなかったりするけど
今の50代、そして私のような40代がその年になったらまた全然
様子が違うはずだ。

当たり前のようにパソコン、スマホを使う人が多く、
かつてのオトナがバカにしたマンガやアニメも好む。
年を取ったからと言って今好きなものに急に興味を失うわけがなく
きっと今好きなものをこよなく愛している。
そしてそれは多種多様化しているのだ。

そんな自分が、引退後、一体何ができるだろう?
何をすればいいんだろう?

それが目下の友人の悩みの1つでもあった。

何を悩んでいるのだろう?と思った。

そんなもん、この年齢になって今までの自分の経験や好きなことに
全く関係のないジャンルに新たに出会うことはないと思う。

もし何か新たなことに出会って開眼しても、
きっと突き詰めればその「何か」は
今までの自分に何かしら繋がっているものではないか?

自分の知らない「なにか」をしようとするのではなく、
今まで自分が何を好きで

何に興味があり

何をやれば楽しかったのか?

というところから考えればいいのだ。

これは私がずっと考えていることだが
よく「自分探し」で旅に出たりいろんな経験を
積むって話を聞くことがあるが
若かりし頃ならいざ知らず、
そんなことしなくてもそれはとっくに自分の中に
あるものなのだ。

その友人は、
ほんわかとしていて、
久々に会った私や、例えば初対面の人も
きっと心を許してしまう。

そんな雰囲気の持ち主。

仕事柄、個人宅の訪問も多く門前払いをくらうことも
あるけどそれはあまり気にならないという。
それよりも、人に会うことが楽しい。
そのうち、心を開いてくれて話をしてくれる
ことがある、そんな喜びを知っている。

だったら、そういうことができることをやればいいし、
探せばいい。

漠然と自分でも出会ったことのない「なにか」を
思い浮かべるのではなく
「自分がやってきたこと、好きなこと」に
焦点を当てるのだ。

って人のことばかり言っているが、私自身、私が好きなことや
やってきたこと、
長く続けていて苦にならないこと

十分すぎるほど分かっている。

後はそれをどう生かしていくか?ということだ。

なんか、こんなことを漠然とでも考えるって
やっぱそれなりに年を取ってきてるってことなんだなあ
ってことでもある。

あまり考えたくはないが、
絶対に誰にでも訪れる事実なのだから
きちっと向き合っていかなきゃ

と思う最近。
posted by うり at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。