2017年01月22日

80年代J-POP黄金期を語る

ちょっと今、新たに始めようと思っていることが
ありまして。
(また発表いたします!)

その準備で私が高校時代を過ごしたあのJ-POP黄金期を
調べてみました。

今まで、私がぼんやりと分かっていたことが
彼らのデビュー時期を調べると見えてきました。

1983年デビュー 大江千里、大沢誉志幸、尾崎豊、ストリートスライダース、
1984年 TM NETWORK、バービーボーイズ、爆風スランプ、レベッカ
1985年 LOOK、渡辺美里、米米クラブ、小比類巻かほる、PSY-S、エコーズ、聖飢魔II
1986年 岡村靖幸 プリプリ、久保田利伸

私が最初にJ-POPにハッキリと触れたのは、高1の夏、1983年の大江千里さんのアルバムから。
ここでこんな素敵な音楽があるんだと、ライブに行ったり、当時プロモーションとして
行われていたビデオコンサートに足しげく通い、これらのアーティストを
それこそどわっと受け止めてきました。

中でもTMにはどっぷり漬かってしまうんですが、でも並行してたくさんの好きな
音楽やアーティストには触れられましたし、
今でも好きな方たちです。

恵まれた時代だったなあ、と、
改めて思うのでした。





【関連する記事】
posted by うり at 02:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | JPOPコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする